武蔵野美術大学出版局

イベントのお知らせ

生誕100年! 石元泰博写真展「生命体としての都市」

石元泰博さんがお亡くなりになられて 8年の月日が過ぎようとしていますが、 そのまなざしは、写真をとおして永遠に消えません。 来年2021に生誕100年を迎えられる石元さんの展覧会が 来週29日(火)から東京都写真美術館で開催されます。 孤高の写真家が何を見、何を感じ取ったか、 ぜひ展覧会をお楽しみください。 石元泰博さんの初評伝 『石元泰博 写真という思考』森山明子著も 館内ミュージアムショップのNADIFF×10(ナディッフバイテン)さんで お取り扱いいただいております。 ぜひお立ち寄りください。 【展覧会情報】生誕100年 石元泰博写真展...
ひとりごと

あと15分!

さて、そろそろ眠くなってきた、、、 という一日の終わりに、 ハッ、今日はブー当番であった! と 気づいた瞬間の気持ちを、 誰がわかってくれようか。。。 編集 ハムコ
未分類

9ヶ月ぶりの帰省 🌾

年末年始以来… 約9ヶ月ぶりに、地元・新潟へ帰省して参りました。 念のため、PCR検査を受け「陰性」。 午前中に検査を受ければ夕方には検査結果が出るという、都内では最短で検査結果がわかるクリニックへ。 結果メールを待つ半日間、どれほどソワソワしたか。。。 とにかく結果は陰性。安心して帰ることができました。 未だに東京から来ることを不快に思われる方もいらっしゃると聞くので、 このPCR検査結果を、水戸黄門の印籠みたいにバシッとお見せし、安心していただければ…と思いましたが、東京から帰省したことを誰も嫌がらず、むしろ「待ってたよー」と、地元の方々に言っていただけた時は、ちょっと泣き...
ひとりごと

こまった1週間

今日も東京は、まだまだ暑い。 月曜日の朝、訃報がとどき、自分より歳下の友人に先立たれるのは たいへんツライ・・・ちょうどまとめなければならなかった原稿は、 妙にセンチメンタルになってしまい・・・こまった。 さらに水曜日、大学のセキュリティの問題から突如休業が決定。 リアル会議2つが流れてしまった。 こうなると予定がかなりズレ、ええい、休業ならば、いっそ夏休みにしてしまえ。 会田誠『げいさい』を読みふける。なにか、違う・・・と思いながら。 そして、3連休がやってくる。 この連休が明けたら、すっかり秋になって、なにもかも停滞なく進む日々がきますように。 (編集:ハムコ)
イベントのお知らせ

函館 蔦屋書店様で美大フェア! 〜10/25(日)まで

函館 蔦屋書店様(北海道函館市)で改装リニューアルされた 1階アートの小部屋(中央催事広場側)にて、 『美大ってどんなところ? もっと知りたい美大フェア』開催中です。 美大では何をどのように学んでいるのか、 個性的なキャンパスライフの様子がわかる書籍を 武蔵野美術大学の書籍を中心にご紹介しています。 武蔵野美術大学オリジナ ルのグッズ(MAUグッズ)も販売しています。 コーナーには、大学案内やMAUREKA、 校友会のリープレット「つくること、生きること、とは?」も置いていただいています。 この機会に、美大を身近に感じていただけたらと思います。 ...
展覧会情報

展覧会「脇谷徹 ― 素描ということ」

今日の東京地方、時々晴れ間もあるものの、基本は曇り空。暑くもなく、過ごしやすい日和です。そんな中、ムサビの美術館で来週から開催される展覧会をご紹介。 「脇谷徹 ― 素描ということ」 会期:2020年9月21日(月・祝)−10月24日(土) ※日曜日休館 時間:10:00-18:00(土曜日・祝日 -17:00) 会場:武蔵野美術大学美術館 展示室2・3、アトリウム1・2 ※新型コロナウイルス感染症の今後の拡大状況に応じて会期が変更となる場合があります。 「本学の造形教育の基礎を担う共通彫塑研究室で長年教鞭を執ってきた彫刻家、脇谷徹の自選展。脇...
刊行・販売案内

電子書籍版「これからの生活指導と進路指導」発売

先週末の9月11日に発売された『Nihonga for Beginners』に続いて、明日15日に「これからの生活指導と進路指導」がamazon kindleの電子書籍になって発売開始になります。こちらはリフロー型。デバイスによって、ご自身の読みやすい環境を作って読み進めていただけたらと思います。 おかげさまで大好評の『Nihonga for Beginners』に続いて、電子書籍版「これからの生活指導と進路指導」も、よいスタートダッシュがきれるといいなあ。 [制作:呑猫]
イベントのお知らせ

「書店向けWeb商談会2020秋」に参加します!武蔵野美術大学出版局

新型コロナでは新しい生活様式が求められ、 MAUPでも在宅勤務やコアタイム出勤など、 就業仕方ががらりと変わりました。 書店さんへの営業もそのひとつで、いままでは店舗へ直接伺い、 新刊・既刊のご案内、棚の売れ行きやカバー帯のチェック、 フェアのご提案など書店員さんとお話することが営業としてのお仕事だったのに、 新型コロナのせいで簡単にお会いすることが出来なくなりました。 そこでよその出版社の素敵な人たちが考えてくれたのが、 複数の出版社で開催するオンライン商談会です。 書店さんとZOOM上でお話しましょうということで、 初夏に第1回が開催されました。 これまで...
いぬ・ねこ・かえる

9・11から19年、あれから何年・・・

「ハムちゃん、大変だ! はやく、テレビを見てごらん」 1階にいた父に呼ばれてリビングに慌てて行ってみると、2つのビルからもくもくと黒煙があがっている。 ニューヨークの街に。 これは映画なのか? 現実のことなのか? 立ったままテレビを見ている父の後ろ姿、19年前のことをつい昨日のことのように思い出す。 今朝、出社してみると、机の上に見知らぬ人からの手紙があった。 丁寧な手書きの文字の主は、板垣鷹穂氏のお孫さんであった。 鷹穂氏のご長女のご逝去を知らせる悲しいお手紙ながら、 「復刊された『建築』は、鷹穂の遺族にとって、家宝とすべき著作です。」 と書かれていた。遺品の整理中に私...
ひとりごと

古巣へ自動帰還の話

9月って、こんな暑かったでしたっけ…☀️ 日差し & 蚊の攻撃、ハンパない(笑) 4月から約5ヶ月… 職場ではアイメイクしかしていない(笑)👀 。。。。。 8月に、大きめの席替えをしたんですね。 呑猫さんとzucchiさんとピロイの3人で使ってる部屋。 で、席替え前にピロイがいた位置に、zucchiさんが移動。 ビリヤードのラックのような三角形の位置で、3人のデスクは配置されました。 この間、会議室で会議を終えて、 いつものように書類と自分のマグカップと電話の子機を抱えて部屋に戻り、 それを一気にガサッと置いたデスクに、何となく違和感が。。。 は...
タイトルとURLをコピーしました