耳寄りなお話

耳寄りなお話

やっぱり教育勅語ブーム

昨年春の教育勅語ブームで、本学伊東毅教授のご共著『道徳科教育講義』にいろいろご注目を頂きました。このブームは下火になったと思ったのですが、また記者会見で発言された新大臣様もおられたようで、ふたたび教育勅語ブームの再燃となったようです。  本学には世界の〇〇と呼ばれるご高名な作家、デザイナーがおられますが、世界といえばやはり初代編集長・吉野源三郎先生の『君たちはどう生きるか』の再ブームで注目の、雑誌『世界』ですね。  この11月号で、伊東毅教授のご共著が引用されています。国立市の増田書店様の特別のお許しをいただき、店頭平積みの様子を撮影しました。伊東毅教授の先輩にあたる、児美川孝一郎教授...
耳寄りなお話

こだわりの空間へ…

以前ブログでご案内いたしました、 『吉田事物屋 “STUDIOLO”』へ行ってまいりました~ 会場である「Galley 子の星(ねのほし)」の雰囲気と作品が見事に調和。 空間と作品との相乗効果というか、ケミストリーというか… 思った通り、オシャレで素敵な空間に出会えました。 吉田さんは、油絵学科出身ですが、 一瞬、「…あれ? 工デ(工芸工業デザイン学科)だったっけ??」 と思うほどの… そうなんです。 このテーブル! この、スコップが立てられている台! なんと、全~部、吉田さんの手作り! もう、家具職人です。(Wow!! レベル!!) ...
イベントのお知らせ

吉田事物屋 “STUDIOLO”

本日は、個展情報を。 MAUPと同じ吉祥寺校の、通信教育チームにいらっしゃる、 吉田和司さんの個展です。 『吉田事物屋 “STUDIOLO”』 会期:2018.9.30(日)〜10.7(月) 時間:14:00-20:00 / 最終日12:00-17:00 (会期中火曜日休廊) 会場:Galley子の星(ねのほし) こちらのギャラリーは、私も数回、伺ったことがあります。 真っ白い壁の、落ち着いた空間。 光が射し込み、空間を美しく幻想的に演出します。 もしかしたら外に一歩出たら、地中海が広がっているんじゃないか…と、思わせてくれるような… そん...
耳寄りなお話

立川駅西地下道のアートプロジェクト進行中

弊社刊行『デザインとコミュニティ』や『造形ワークショップの広がり』の共著者でもある齋藤啓子先生がコーディネートする立川駅西地下道のプロジェクトが、立川市と武蔵野美術大学の連携事業としてとりくまれ、多くの学科の学生たちがこの夏休みも活動していました。 これは『造形ワークショップを支える』を教科書とする授業「ワークショップ実践研究」をきっかけにして、2017年度からスタートしたものです。 立川駅西側にある地下道では、小学生、中学生、高校生、アールブリュット作家などさまざまな参加者による壁画が展開中です。立川駅の中央線と青梅線を横断する地下道らしく、ムサビ学生が準備した電車の外枠...
耳寄りなお話

新見隆先生✕ももクロ!?

昨日、素敵な電話を受けました。 新見隆 著『イサム・ノグチ 庭の芸術への旅』の書影を送ってほしいと。つまりは、紹介していただけるということ! 電話は、テレビ朝日の制作会社の方。番組企画概要によれば、「ももクロメンバーが、アートの魅力を味わい、学び、真剣に語ります」という動画配信番組。 今回は、ももクロの佐々木彩夏さんが、東京オペラシティ アートギャラリーで開催中の「イサム・ノグチ 彫刻から身体・庭へ」に伺い、アートを学んだとのこと。その中で新見隆先生がVTRでコメント出演する折、著書を紹介=書影を映しますから、送ってくださいねというわけ。 番組の詳細をお伝えしますね。 ◎...
耳寄りなお話

山崎博_映像作品8月10日上映

昨年6月5日惜しくも亡くなられた山崎博先生の映像作品が、開催中の「イメージフォーラム・フェスティバル2018」で上映されます。 8月10日(金) スパイラルホール(3F)にて P-1プログラム:13:00〜 11作品 69分 P-2プログラム:14:30〜 8作品 62分 2017年3月7日から5月10日、東京都写真美術館 総合開館20周年記念「山崎博 計画と偶然」の公式プログラムを弊社で刊行しました。この図録ではキャプチャーショットで掲載するよりほかなかった映画『観測概念』『HELIOGRAPHY』などをスクリーンでみることができる、またとないチャンス! です。 P-2...
フェア情報

【フェア情報】「芸術の夏 5つの芸術のかたちフェア」[東大生協駒場書籍部]

東京大学消費生活協同組合駒場書籍部のフェア台にて、 「芸術の夏 5つの芸術のかたちフェア」を開催します。 慶應義塾大学出版会、勁草書房、美術書出版社、 アルテス・パブリッシング、武蔵野美術大学出版局、 5つの出版社によるアツい芸術書フェアです。 武蔵野美術大学出版局の書籍をお買い上げのかたに、 なんと! かわいいと評判のムサビシールをプレゼントしています(数量限定ですのでお早めに〜)。 御購入の際に、スタッフにお声掛けください。 ほかにも店頭では、インスピレーションを刺激されそうなフェアが目白押しです。 ぜひこの機会にお立ち寄りください。 ...
フェア情報

全国各地書店で「イサム・ノグチ―彫刻から身体・庭へ」フェアを開催中!

2018年7月14日[土]より9月24日[月]まで、 東京オペラシティ アートギャラリーさんで 国内で12年ぶりの本格的な回顧展となる 「イサム・ノグチ ─ 彫刻から身体・庭へ ─」展 が開催されます。 これに合わせ、東京都内を中心に各地書店で 「イサム・ノグチ―彫刻から身体・庭へ」フェアを開催中です。 (クリックすると開催書店がわかります) 平凡社・求龍堂・武蔵野美術大学出版局の合同企画です。 店舗によっては割引券も置いてあります(数量限定)。 お近くの書店を見つけて、ぜひお立ち寄りください! どうぞよろしくお願いいたします。 [営業ずっち☆]
大学出版部協会

【フェア情報】大学出版部協会<創立55周年記念> 『編集者、自慢の1冊!』フェア@ジュンク堂書店福岡店7/2〜

大学出版部協会は、今年で創立55周年を迎えます。 これを記念して、『編集者、自慢の1冊!』をテーマに 全国各地でフェアを開催して行きます。 7月2日からは、『編集者、自慢の1冊!』をテーマに ジュンク堂書店福岡店で 開催します。 今回、福岡で大学出版部協会とこれは韓国大学出版協会で 日韓合同セミナーがあり、夏の研修を行います。 フェアを開催引き受けてくださったジュンク堂福岡店では、 今回初めて韓国大学出版部協会会員出版社の書籍も 展示・販売します。 また開催期間中、配布するチラシのアンケートとクイズに 答えていただくと、オリジナル「そえぶみ箋」を プレ...
フェア情報

イサム・ノグチ没後30年、世界市民として生きたノグチの制作に焦点を当てる展覧会7/14〜9/24@東京オペラシティアートギャラリー

2018年7月14日[土]より9月24日[月]まで、 東京オペラシティ アートギャラリーさんで 国内で12年ぶりの本格的な回顧展となる 「イサム・ノグチ ─ 彫刻から身体・庭へ ─」展 が開催されます。 昨年秋に大分県立美術館を皮切りに、 ノグチとゆかりの深い香川の香川県立ミュージアム、 東京へと巡ってきました。 国内外の80点超の作品を通して、イサム・ノグチ芸術の 全容に迫る展覧会です。 MAUPでは、この展覧会を記念して、 全国の書店さんで、関連書籍を集めたフェアを 平凡社・求龍堂・武蔵野美術大学出版局合同で開催いたします。 3社を軸に「イサム・ノ...
タイトルとURLをコピーしました