美術書出版会

フェア情報

ブックファースト中野 「絵を見るように、本を楽しむ」フェア開催中【美術書出版会】

ブックファースト中野2F芸術書フロアにて、 美術書出版会のフェアが開催されています。 2月12日(月)まで開催予定です。 中野にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。 [営業ずっち☆]
フェア情報

【美術書出版会】アートな建築書フェア【八重洲BC】

八重洲ブックセンター(3F)建築書の フェアコーナーで、美術書出版会企画 「読みたい!贈りたい! アートな建築書フェア」開催中です。 美術系出版社が刊行する建築書は、 ひとあじ違った書籍になっています。 プレゼントしたい「あのひと」を思い描きながら、 ぜひ手に取ってくださいね。 参加出版社は、求龍堂・クレオ・芸術新聞社・淡交社・ 中央公論美術出版・東京美術・西村書店・平凡社・ 武蔵野美術大学出版局・六耀社です。 お近くに来られたら、ぜひお立ち寄りください! お待ちしています。 [営業ずっち☆]
フェア情報

ムサビ書店2017(明日10/7)円満閉店!

世界堂武蔵野美術大学店様で 毎年恒例で開催しております「ムサビ書店2017」。 美術書出版会の好評フェアですが、 いよいよ明日、10/7(土)までの開催となりました。 武蔵野美術大学生の皆さま、 すでに立ち寄られている方が多いと思いますが、 明日を逃すとまた次の開店まで1年かかります!! 心残りのないよう再度、吟味してくださいね。 御購入者特典でお配りした30枚の 美術書出版会オリジナルのエコバッグは、 開催から1週間程度で無くなってしまいました。 今回のバッグは水色で、帆布の生地も厚め。 入手出来た方は非常にラッキーです。 ぜひ持ち歩いて、お友達に自慢してく...
フェア情報

【美術書出版会フェア】紀ニナル本! 暗黒エネルギーアートブックフェア【紀伊國屋書店新宿本店で開催】

紀伊國屋書店新宿本店様/芸術書売場7Fで 「紀ニナル本! 暗黒エネルギーアートブックフェア」 を開催しています。 ところで「暗黒エネルギーって!?」となりますよね。 暗黒エネルギーもしくはダークエネルギーはですね、 2011年にノーベル物理学賞を受賞したサウル・パールムッター教授らによって実証された謎のエネルギーです。 理論的には縮むはずの宇宙がいまだに膨張し続け、さらに加速しているのはなぜか? それは縮む力(重力)に対抗して宇宙を押...
フェア情報

ムサビ書店2017! 武蔵美の先生の作品集も豊富にございます。

現在、世界堂武蔵野美術大学店で 美術書出版会が開催しています、 「ムサビ書店2017」へはお立ち寄りいただきましたか? 約180タイトル(合計500冊ほど)をご紹介していますが、 特におすすめしたいのが、 武蔵美の先生の作品集、卒業生の作品集です。 ほんの一部ですが、書籍のタイトルをご紹介。 『丸山直文全作品集』 『三沢厚彦 アニマルズNO.3』 『袴田京太朗作品集』 『ふつうの暮らし、あたりまえの絵 小林孝亘の制作ノート』 『塩谷亮画集』 『石田徹也ノート』 『石田徹也遺作集』 『五味文彦画集 瞳の中の触覚』 『諏訪敦絵画作品集 どうせな...
フェア情報

【美術書出版会フェア】世界堂武蔵野美術大学にて『ムサビ書店』開催! 9/8〜

雨模様が続く8月。 涼しくて過ごしやすいのはいいんですが、 洗濯物が乾かないのが悩みです。 さて、9月8日(金)から10月6日(金)まで、 武蔵野美術大学にある世界堂さんで、 美術書出版会10社によるブックフェア 『ムサビ書店』が開催されます。 美術書出版会がムサビ生のために 9つのテーマにわけ選書した 色とりどりの芸術書です。 フェア対象書籍を1冊お買い上げいただくと、 美術書出版会オリジナルバッグを差し上げます。 水色の帆布のしっかりしたバッグです! 数に限りがあり、先着30様へのプレゼントとなりますので ご了承ください。 武蔵野美術大...
フェア情報

【美術書出版会フェア】ジュンク堂書店立川髙島屋でスタンプラリーフェア

ジュンク堂書店立川髙島屋様にて 美術書出版会のスタンプラリーフェアがはじまりました。 会員社のフェアを代わる代わる来年3月まで行います。 先陣を切るのは芸術新聞社さんと武蔵野美術大学出版局です。 合計100タイトル程の書籍をどどんとご紹介しています。 上が芸術新聞社さん、下がMAUP。 また壁面には、パネル展も開催。 武蔵野美術大学出版局は、 東京都写真美術館編『山崎博 計画と偶然』の 7枚のパネルを展示! 芸術新聞社さんは 池永康晟・監修『美人画づくし』のパネルが 18枚(18作家さんの作品)をご紹介しています。 ...
フェア情報

【続報】東京藝術大学・生協で美術書出版会フェア

東京藝術大学にある大学生協(美校店)で 美術書出版会企画の 「藝大生のためのアートブックフェア」 が始まっております。 11月から12月にかけて、2年連続で行っていましたが、 ご担当者Wさん、Fさんのご厚意により、 「年2回、夏の時期もやりたいね!」と仰って頂き、 開催が決定しました。 出品している出版社は、 求龍堂、クレオ、芸術新聞社、 中央公論美術出版、東京美術、 西村書店、平凡社、武蔵野美術大学出版局、 六耀社の9社です。 すべて藝大生のためにセレクトしています。 7月末まで開催予定です。 ぜひお立ち寄...
美術書出版会

東京堂書店@神田神保町へ行こう!

神田神保町にある東京堂書店1階では、今日から 美術書出版会のフェアがはじまる。 このフェアでは、美術書出版会に所属する版元が、 他社の本を推薦して、自社の本と同時販売する、 という仕掛けがほどこされている。 先日、他社刊行の3冊を選んで、短い推薦文を 書かせていただいた。 種明かしをしてはいけないかもしれないが、 そのうちの2冊をここで御紹介したい。 というのは、その文章はあまりに短くて、 なぜこれを選んだのかをうまく書けなかったからだ。 『老人ホームで生まれた〈とつとつダンス〉』 サブタイトルは「ダンスのような、介護のような」 作者はダンサー、砂連尾理さん。 ...
フェア情報

[美術書フェア]東大生協・駒場から本郷へ!

東京大学生協・駒場書籍部様で 開催していました 「東大生のためのアートブックフェア」が、 2月末を持ちまして終了いたしました。 今回、美術書出版会合同での初めてのフェア。 通常の授業日数も短く、テスト・休講期間中 であったにもかかわらず、とても好評でした! ご担当のHさんからも、 「通常在庫していなかった画集などの売れも多く、 需要ありの手応えあり」と、お言葉をいただきました。 御購入いただいた皆様、ありがとうございます。 また昨年開催した世界堂ムサビ店フェアの流れから、 ご協力してくださったムサビの学生で作家の 佳帆さんの切り絵ポスターも大好評でした...
タイトルとURLをコピーしました