刊行・販売案内

刊行・販売案内

新刊発売中!『総合学習とアート』『ファシリテーションの技法アクティブ・ラーニング時代の造形ワークショップ』

春の新刊4冊が納品され、 また新年度に向けて走り出したMAUPです。 教育書、ワークショップ本として、下記の二冊も刊行しています。 今年は教育書のフェアができるよう努力したいと思っています! 高橋陽一/編 高橋陽一・杉山貴洋・葉山 登・川本雅子・田中千賀子・有福一昭/著 『総合学習とアート』、 高橋陽一/著 『ファシリテーションの技法アクティブ・ラーニング時代の造形ワークショップ』 どうぞよろしくお願い申し上げます。 [営業ずっち☆]
刊行・販売案内

いよいよ発売間近!『絵画組成 絵具が語りはじめるとき』『デザインに哲学は必要か』

『絵画組成 絵具が語りはじめるとき』 『デザインに哲学は必要か』がいよいよ来週書店発売されます。 週の半ばには書店さんに並んでいるはず。 お近くの書店さんへお立ち寄りください! おまけ画像↓ [営業ずっち]
刊行・販売案内

古賀徹編『デザインに哲学は必要か』4月上旬発売!

九州大学大学院芸術工学研究院教授でいらっしゃる 古賀徹先生編の書籍『デザインに哲学は必要か』が 4月12日書店発売となります。 本書は、昨年の夏に福岡市内の各所で全六回にわたって開かれた デザイン基礎論連続シンポジウム・デザイン哲学BAR「プロボケバー」の 講演内容に基づいた論集です。 古賀徹先生・板東孝明先生(武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科教授)・伊原久裕先生(九州大学大学院芸術工学研究院教授)・山内泰先生(NPO法人ドネルモ代表理事。株式会社ふくしごと取締役。芸術工学博士)・下村萌先生(九州大学大学院芸術工学研究院学術研究員)・シン・ヒーキョン先生(韓国...
刊行・販売案内

「学生手帳2019」販売スタート!

本日より「学生手帳2019」を販売いたします! 2019年4月から1年間書き込める、月曜始まりタイプです。 GWの休日が正しく入っていますよ! そして今年は、本学創立90周年。ささやかにお祝いの気持ちをこめて、表紙カバーのシルクが白から赤色になっています。 そして、本日、新刊のカートも設置いたしました!! 本WEBからご購入いただけます。ぜひどうぞ! [制作:呑猫]
刊行・販売案内

デザインに哲学は必要か

桜が咲いて、そして『デザインに哲学は必要か』が納品されました!! よいこと、めでたいことは何度でも言おう。 著者は古賀徹、板東孝明、伊原久裕、山内泰、下村萌、シン・ヒーキョン、小林昭世、池田美奈子、藤崎圭一郎(掲載順)。哲学者、デザイナー、編集者、介護の現場に生きるNPO法人代表者ら、9名の著者による論考集です。 そして、できたてのホヤホヤ、湯気が出そうな麗しい姿を。 装丁は著者の一人でもある板東孝明先生です。 表紙を開くと淡いパールピンクの見返しがあり、これがまぁ、季節にふさわしく桜の花のような、はんなりとした色あいなのです。 4月10日過ぎには全国書店に並びます。 編...
刊行・販売案内

Kindle本_11タイトル追加発売

昨年11月から進めていたamazonの電子書籍 Kindle enterprise publishing(通称:KEP……セミナーではamazonの方はケップとよんでいました)で、11タイトル新たに販売が始まりました。 昨日、エラーが解消されて、揃い踏みです。ずっといいたかった素敵な販売のお知らせ! とはこちらのことでした。 手にとっていただきやすく、分冊したタイトルもあります。 一覧をご覧いただくのは、このページがよいでしょうか。 販売するタイトルは次の通りです。 1)「あたらしい表現活動と法」【リフロー】 2)「表現者のための憲法入門」【リフロー】 3)「日本画の用具...
刊行・販売案内

平成31年度 武蔵野美術大学入学式典

「平成31年度 武蔵野美術大学入学式典」  ↑ もうちょっとで新元号になりますが、 今年ご入学される皆さま、おめでとうございます。 入学式で、またMAUPと世界堂合同で、 “ご入学おめでとう出店” をさせていただきます!! 日にち:4/3(水) 出店場所:7号館1F 時間:9時〜12時(ご来店状況によっては延長営業いたします!) 式典自体は、9:00開場予定/10:00開式 です。 入学式特別セットをご用意して、お待ちしております! 新入生にもご購入しやすい、若い皆さまに合いそうなグッズをチョイス。 ¥500(税込)セットと、 ¥1,00...
刊行・販売案内

絵画組成 絵具が語りはじめるとき

4月上旬発売予定の 『絵画組成 絵具が語りはじめるとき』の情報をアップしました。 執筆者の小尾修先生のブログで宣伝していただいています! また塩谷亮先生のブログでも色校正の様子がご覧になれます! 川口起美雄先生、中尾直貴先生、柿沼宏樹先生のお姿が写っていらっしゃいます。 またT印刷のかた、出版局ハム子、呑猫も真剣な表情です。 著者はじめこの本に関わる方々の、熱い思いが嬉しいです。 書店発売までもう少し! しばしお待ちください。 [営業zucchi]
刊行・販売案内

こんな本です『デザインに哲学は必要か』

啓蟄過ぎたのに空気がひんやりしてます。でも春は来ています。春、おめでとう!! もう一度。おめでとう。 4月に書店に並ぶ古賀徹 編『デザインに哲学は必要か』の書影をご紹介しましょう。 著者は古賀徹、板東孝明、伊原久裕、山内泰、下村萌、シン・ヒーキョン、小林昭世、池田美奈子、藤崎圭一郎(掲載順)。哲学者、デザイナー、編集者、介護の現場に生きるNPO法人代表者ら、9名の著者による論考集です。 デザインと哲学の共通点は何か。デザインだからこそできるアプローチは何か。 デザインはどんなふうに世界を変えてゆくのか。 全てのデザインは、制作という具体的な行為を通して、世界を新しく解釈す...
イベントのお知らせ

造形ワークショップ関連の新刊と立川駅西地下道アートプロジェクト

考えてみると「造形ワークショップ」など言葉を主タイトルに使っていないのです が、『ファシリテーションの技法』と『総合学習とアート』がみなさまにお届けするべ く、納品されました。これから取次さんへ、書店さんへとうごく日数がありますから、 どうか店頭に並ぶまでお待ちください!(3月12日発売予定です)  『総合学習とアート』は、教職課程の「美術と福祉」の講師陣が執筆しています。 子どもたちが自ら考えて行動する「総合的な学習の時間」は、新しい学習指導要領の アクティブ・ラーニングの最先端と考えられているわけですが、武蔵野美術大学では アートと社会福祉をつなぐプログラムを推進...
タイトルとURLをコピーしました