2015-03

ひとりごと

サクラサク

週末を挟んでお休みをいただき数日間東京を離れている間に、東京地方はすっかり桜の季節。吉祥寺駅からMAUPへの通勤路で見かける桜の木も、見事な花を咲かせていました。 個体差があり、まだまだ咲き始めの木もありますが、今日の陽気でどんどん開花するでしょう。 あいにく週末に掛けて天気は下り坂の様子。今日が一番の花見チャンスのようです。今日は、南風が相当強いですけどね。 そんな中、明日からの新年度を前に、MAUPの新しい図書目録が完成しました。 表紙には、油絵学科の小林孝亘先生の作品を使わせていただきました。 これまでにない、緑が印象的な仕上がり。新鮮です。...
刊行・販売案内

4月の新刊『表現者のための憲法入門』のひきつけられる写真の秘密

志田陽子著 『表現者のための憲法入門』の表紙写真は、 「民族問題」「難民問題」「日本の現在」に 関心を持って作品を撮られ続けている フォトジャーナリスト、ビデオジャーナリストの 豊田直巳さんの御作品です。 「生活に困窮する人びとが暮らすサダム・シティー (現サドル・シティー)。 その日その日を懸命に生きる庶民が暮らしていた」と、 説明があるのですが、 まず、この女の子の瞳の透明さ、綺麗さに心を打たれます。 真実を知りたい、そんな眼です。 本文にも豊田直巳さんの御写真10作品を掲載しています。 ・イラクで空爆を受けた老婆の姿、 ・パレス...
いぬ・ねこ・かえる

真昼の月

今日、本校のある鷹の台で打ち合わせがあり、中央線で吉祥寺から国分寺へ、国分寺からバスに乗って鷹の台キャンパスへ。中央線からは、冠雪をいただいたままの富士山が、春には珍しくくっきりと見えました。 ところで雲がない。これはいわゆる特異日ではないか? 雲ひとつない空。春らしい淡い水色の空に真昼の月が浮かんでました。 鷹の台キャンパスで見た、明日にもほころびそうな蕾を付けた桜の木の上に、かすかに、かすかに六日目の月。 (正確には月齢6.71だそうです。でも六日目の月って言いたい) 雲ひとつない青空に真昼の月が一つ。孤独だなって思ったんです。 でも、太陽の光が強くて見...
刊行・販売案内

メルロ=ポンティ『眼と精神』を読む

4月10日発売予定の、富松保文先生訳・注 『メルロ=ポンティ『眼と精神』を読む』の見本が 届きました。 わぁぉ、なんてかわゆい仕上がりでしょう! 下手な写真で恐縮です。 何もないところから像がとつぜん現れるような 木炭デッサンの一部のような 水墨画の一部のような 影のような 光のような 水面のような 幽霊のような この魅力的な装幀は、寺井恵司さんによるものです。 通信教育課程の教科書は初学者向けの本が多く、 読者は、ひとりで自分の手足をつかってハシゴで 上へ上へと登ってゆく、そんなイメージがあります。 それゆえ、丈夫な、しっかりとしたハシゴを ...
ひとりごと

春? 春!

東京地方、昨日今日と、日射しはあたたかいものの吹く風はとても冷たく、春なのか何なのか、とにかくはっきりして欲しい気候です。 ただ、そんな中でも、植物の変化は明らかですし、先日取り上げたカエルのようにあまり気付かないものも含めて、自然界は確実に次の季節にむけて動いています。 昨日は、吉祥寺校舎の上空でツバメが舞っているのを目にしました。 ツバメというと初夏のイメージが強いのですが、もう飛来しているのですね。 こんなサイトもありました。来てます、来てます。 昨年ご紹介した夜間暖房、照明、監視カメラ付きの高級住宅にも、今年も無事にやって来てくれるでしょうか。要注目です。 とにかく、一日も...
刊行・販売案内

【これから出る本】メルロ=ポンティ『眼と精神』を読む【4月10日発売!】

モーリス・メルロ=ポンティ 著 富松保文 訳・注 「メルロ=ポンティ『眼と精神』を読む」 が4月10日に書店発売となります。 『眼と精神』といえば、 1966年にみすず書房さんが 滝浦静雄先生・木田元先生の訳で 刊行されています。 今回刊行する美大版(!) 「『眼と精神』を読む」は、 みすず書房さんのご理解とご協力を 頂戴し刊行することができました。 さすが懐がおひろいです! ありがとうございました。 みすず書房さん版は 『眼と精神』を含む、 メルロ=ポンティの原稿数編を 編まれていますが、 美大版は『眼と精神』の 原稿のみに焦点をしぼり、...
刊行・販売案内

手帳2015販売開始

先週末の編集:t:eehのブログにあるムサビの手帳、本日から販売スタートしております。 webから注文できます。 数量限定ですので、お早めに! 校友会のみなさまで予約いただいた方には、本日発送しました。 繰り返しになりますが、4月始まりの手帳です。ぜひご贔屓に。 [制作:呑猫]
耳寄りなお話

ムサビの手帳2015

ことしのムサビの手帳(正しくは学生手帳というのですが)は紺色です。 4月からの日付の手帳なので、3月20日の今日、2014版と合わせて二つ使ってます。いや、持ってます。4月になったら紺色に切り替える。シール付きです。シールはこんなかんじ。 3つの虫食いは使用済み。その3つを貼った手帳がこちら。 うまく写真が撮れずスキャンしたものの、やっぱりうまくない。表1と表4をご紹介したく、開いてスキャンした結果、真ん中がビミョーに盛り上がってます。表4の大学名の上に貼っているのは猫の親子なんですが...。 スピンの色も粋なんですよ。着物の色遣いっぽいところが、いいかんじじゃないですか?...
日常の業務

助っ人MAUP

最近は、新年度の教科書注文をたくさんいただいております。 ありがとうございます! また新しい年度が始まるんだな…と、こちらも姿勢を正します。 「教科書」が、楽しくなってきたのって、いつからかしら。 「知りたい」とか「なんで?」…が、 自分から湧いて来た時って、不思議なくらいアタマに教科書が入ってきますよね。 MAUPの教科書が、みなさまにとってそんな助っ人でありますように… 私も今勉強してること、がんばります。 [総務:ピロイ]
いぬ・ねこ・かえる

卒業式

昨日も、今日も、朝の国分寺駅で袴姿の女子学生を 見かけました。 可愛いなぁ・・・思わず眼で追いかけてしまいます。 しゃきしゃきと一人で歩いているのは麗しいのですが、 その隣に大荷物をもったお母さんがおられること屡々。 あれはいただけませんなぁ・・・ と思っていたら、いましたね、お父さん。 隣ではなく、少し後ろに。 娘の後ろを歩くお父さん。 ハムコ世代には考えられない光景ですが、 なかなか良いお姿でありました。 おめでとうございます!とお父様に言いたい。 [編集:ハムコ]