2018-11

未分類

年末年始に向けてのアートブック[美術書出版会]フェア準備中!

みなさま、今日で11月が終わり、 明日から師走となりますよー。 「知ってる、わかってるわい!(うるさいわ!)」 という声が聞こえてきそうです。 MAUPが所属している団体の1つ、 美術書出版会(求龍堂・クレオ・芸術新聞社・秀作社出版 ・淡交社・中央公論美術出版・ 東京美術・西村書店・ 平凡社・武蔵野美術大学出版局)では、 毎年、年末年始にかけて、とても大きなアートブックフェアを 開催しています。 ここ7〜8年の間、丸善丸の内本店さまに お世話になっていたのですが、 丸善ジュンク堂書店さんが製作、美術書出版会が協力している 美術書カタログ『Defrag2』の刊行...
刊行・販売案内

『賞味無限 アート以前ファッション以後』納品!!!

津村耕佑 著『賞味無限 アート以前ファッション以後』が予定どうり本日納品されました。B5判変形のスマートな書影です。 平置きでも十二分以上にかっこいい。だけど、開くともっとかっこいい。立体的に紹介したくなる本というのがあるわけです。 写真がマズくてたいへん悲しいのですが、カバーを剥くと銀の表紙。その次はマットな質感のオレンジの見返しがあり、次にテカリのあるカーキ色の見開き、その裏は再びマットなオレンジで、そして白い本扉がでてきます。ページをを繰るごとに奥へ奥へと進んでいく感じです。 12月中旬以降に全国の書店にならびます。ページを繰って奥へ奥へと進む不思議な気分を味わって...
ひとりごと

さめやらず…

先日ブー当番で、 ソウルの図書館で向井周太郎先生の 「デザイン学 思索のコンステレーション」韓国語翻訳版を 見つけたお話しを書かせていただきました。 この図書館(「国際交流基金 ソウル日本文化センター」)が 入っているビルのシステムがすごくて… これ、エレベーターのパネルなのですが、 エレベーターに乗る前の、エレベーター待機フロアにありまして、 「行かれる階を入力(タッチ)してください」と表示されています。 で、確か6基エレベーターがあったと思うのですが、 行きたいフロアにいちばん早く連れて行ってくれる箱が、 ササササ〜っとスピーディーに来てくれます。...
大学出版部協会

隠岐さや香先生の御講演「学知・イノベーション・書物」

11月15日から17日にかけて、大学出版部協会編集部会 秋季研修会が名古屋で行われた。 悪い癖で、行く前は何とも億劫でぼやくのが常だが、 参加してみると、普段は話せない遠くにいる仲間との 直にしか聞けない話が満載で、新たに得ることが多かった。 ことに2日目、名古屋大学の隠岐さや香先生の御講演 「学知・イノベーション・書物」は目からウロコであった。 隠岐先生は今年の夏に『文系と理系はなぜ分かれたのか』 という新書を上梓されたばかり(だというのに10月に私が 購入したのは3刷であった!) 科学史を御専門とする隠岐先生のこの御本は「なぜ」 というよりも、その分かれている現状分析...
ひとりごと

ステキな催促

この時期、仕事が集まることはわかっていた。 だから、進められるものは手を回しておこうと思っていた。 けれど、ミッションAは、あと少しが突破できず、ミッションBは、例年ならいつも遅れるのに今年はきっちり締切が守られて、我が身へ。 ミッションCは、わかっていたので、ちゃんと進行通りこなして、本日入稿。こんな状況のなか、隕石のように今を逃すとチャンスが通り過ぎてしまうミッションDがやってきて。 あちらこちらから「急ぎませんが***お願いします」と駆り立てられる。 こんなステキな催促なら、うれしいのだけど。 [制作:呑猫]
刊行・販売案内

本という、美的で実用的な造形物

昨日、営業zucchiからもお知らせしましたが、津村耕佑 著『賞味無限 アート以前ファッション以後』が12月中旬に発売になります。 MAUPへの納品は今月末なので、出来上がった現物を実はまだ見ていないのですが、かなりかっこいい仕上がりになっているので、早く見たくてしょうがないのである。 本を外側から順に剥いていくと、帯があり、カバーがあり、表紙があり、見返しがあり、総扉があります。その後、目次だったり、「はじめに」だったりがあり、章の扉があり本文へと続き、そして再び見返しがあり、裏表紙があり、カバー、帯で、一冊の本は綴じられます。 こうした要素は、意味もなく漫然とあるわけではなく...
刊行・販売案内

【近刊情報】津村耕佑著『賞味無限』12月中旬発売!ご予約承ります

12月中旬に、津村耕佑著 『
いぬ・ねこ・かえる

「色探検」はっとりこうへい 展

少し前までは、今年はいつまでも温かいなぁなどと言っていたのに、気がつけば寒さが身に染みる時期に。 そんな中、国分寺の美大予備校、武蔵野美術学院に併設されたギャラリーで愉快な展覧会が開催されています。 「色探検」はっとりこうへい 展 会期:2018年11月2日(金)~11月28日(水) 時間: 11:00~20:00 日曜・祝日・最終日~16:00  場所:634展示室    〒185-0012 東京都国分寺市本町2-4-10    (国分寺駅から歩いて5分ほどです) ギャラリーwebサイト → こちら 以前もご紹介したことがあったと思いますが、はっとりこ...
いぬ・ねこ・かえる

『デザイン学』韓国語翻訳版 見っけ!

ソウルに、行ってまいりました。 『デザイン学 思索のコンステレーション』の韓国語翻訳版が、 2017年世宗図書(芸術部門図書)に選ばれ、 当時のブー当番で、 「今度ソウルに行ったら、図書館に行って探してみます〜」 的なコトを書いた気がするのですが。。。 その後も、実は何度も韓国に行っているのですが(どんだけ〜〜 笑) なんだかんだ、全然図書館に行けず(行かず… f^_^;) で、たまたま今回、ソウル駅付近に用がありまして、 …あれ。確かこの付近に図書館あったような。。。 思い出した訳です。 で、ちゃちゃっと検索。やっぱりあったー!! 今行かねばっ!! ...
フェア情報

【フェア情報】「藝大生におくるアートブック」フェア藝大生協・美校店にて

東京藝術大学(台東区上野)にある 東京藝術大学生活協同組合・美校店様で、 美術書出版会(求龍堂、クレオ、芸術新聞社、秀作社出版、 淡交社、東京美術、西村書店、中央公論美術出版、平凡社、 武蔵野美術大学出版局)の企画で、 「藝大生におくるアートブック」フェアを開催しています。 2015年から継続的に開催していただいているこのフェア。 実際、販売場所は小さいのですが、 とても沢山のかたに御購入いただいており、 「若い人が本を読まない!」  なんていうのは芸大ではありえないと思いました。 同じくムサビの学生も読書家が多く、 美大生っていいな、と心から思います。 今年の...