‘いぬ・ねこ・かえる’ カテゴリーのアーカイブ

守り守られるから守る眼差し

2017年10月12日 木曜日

オランダの信号。

なんと、

ミッフィー~!!!

image1
image2

(写真提供:助机さん)

ミッフィーシグナルなら、
信号無視とかできない、したくない…
(…いえ普段もしませんけど)

そしてこんな写真も送ってくれました!
(…心なしか、MAUP感が f^_^;)
image3

なんだか、
進んでゴミを捨てたくなるゴミ箱です (^ o ^)

こういう街づくり、いいですよね。

今日は癒しに徹底した内容でお届けいたしました ^_^

[総務:ピロイ]

ツイート

蜂の巣

2017年9月1日 金曜日

 帰宅したらブーンと、入り口でスズメバチが飛んでいました。玄関脇の植木を見ると、小さな巣が。びっくり。
 対策を考えているうちに夜に、夜ならば寝ていると思って木の枝を切ったのですが、どこにあるか暗くて不明。そうしているうちに、またブーン。こわくなって家にこもりました。
 翌朝4時に起きて頑張ったのですが、朝日が昇り始めると動き始めて、下記の通りで防衛体制。うーん。

スズメバチの巣

スズメバチの巣

 最終的には、ゴキブリの殺虫剤を空中に噴霧して、皮膚をすべて手袋や帽子や布で覆いつつ、剪定ばさみを突き出した銃剣突撃を敢行。なんとか、蜂の巣をビニール袋に収めることが出来ました。
 ご近所でも突然に蜂の巣に気づくケースがあるとのことでした。

〔ケロT取締役〕 

ツイート

よい子、わるい子、ふつうの子

2017年8月31日 木曜日

8月31日、泣きながら宿題をやる子は
よい子なのか、わるい子なのか、
悩むところである。しかも東京は、雨。
昨日の締切になん音沙汰もなかった各位から
「あと1週間おねがいします」という懇願が
今朝はつぎつぎと。。。
メールをいただけるうちは「脈がある」
ということで、吉報だと思わねばならない。

「特別支援教育」の御原稿を読んでいると
あたしもADHD(注意欠陥多動性障害)かも!
と思えてならない。
「周囲の人間関係や環境の改善によって
症状が軽減されていく例もある」って、
やっぱそうかもなぁ・・・
「中枢神経に何らかの要因による機能不全が
あると推定される」から、調べてみないと
わからないことだけれども。
たまたま美術学校のような特殊な環境に身を
おくことができて、さまざまな意味で
自分よりも遥かに「過剰な」人びとに囲まれ、
何とかやってきた(ようにみえる)けれど、
怪しいなぁ。
全然、人の言うことを聞いてないことがあるし、
人の言うことがわからないこともある。
(困るんですよ、商売柄)

そして御原稿を読み進めると、こんどは
高機能自閉症なのかも・・・と思う。
「お前は編集者ではなくて偏執者だ!」
と某著者に言われたこともある。
その時は「上等ぢゃねぇか」と思ったけど、
やっぱおかしいかも。。。
でも、大丈夫。
障害のある子も、ない子も、同じように
勉強できるような環境をつくろう!
という教科書をつくっているので、
なんとかなりそう(今回も)
[編集:ハムコ]

ツイート

芸術文化がつくる地域社会

2017年8月28日 月曜日

今井良朗 著『ワークショツプのはなしをしよう 芸術文化がつくる地域社会』は、徳島県神山町、北海道網走市、長野県安曇野の松川村での、地域固有の記憶と文化を核としたワークショップの試みを伝える本です。
こうした本を編んだ背景には、かつて芸術や文化は生活とともにあったのであり、いまも記憶の中に残る伝承を繫ぎ再生産することで芸術と地域社会の新しいあり方に寄与したいという著者の信念があります。

昨日、民俗学を学ぶ友人の案内で奥多摩根元神社の獅子舞を見てきたのですが、これが勇壮でで素晴らしくて、まさに地域固有の記憶と文化を伝えるものでした。
KIMG0511
1503914693995
境内で朝から夕方の6時まで、7つのタイトルの獅子舞があって、私たちが見たのは昼前の「花がかり」からお昼休みを挟んでの「棹がかり」「毬がかり」「雌獅子隠し」(昨日もらってきたプログラムが手元にないので漢字がわからない)までで、「これからがクライマックスのいいところ」という6番目の演目とラストの白刀は電車の時間の都合であきらめたものの、お昼前から4時すぎまで、境内の周りに組んだ石組みの桟敷席で、しかも柔らかなゴザ敷きのかぶり付きで堪能してきました。

上の写真は「雌獅子隠し」で、かぶり付きで見ていた私たちは、獅子の激しい動きを見るたびに口をあんぐりさせ、興奮しきり。
根元神社の獅子舞は下半身を低くして舞うという特徴があり、さらに素早く激しく、筋立てに沿って獅子の感情も表現するところに特色があるらしいのですが、いやもうかっこいいのなんのって。
3〜5キロの獅子頭をつけているにもかかわらず、四肢のキレ、背筋の強さ、素早い身のこなし、ぎりぎりまで身を沈めて跳ねる下半身のバネとか、ほんとにかっこ良くて。
西の獅子舞にはない男っぽさで、武州多摩の心意気という感じがしました。

当日は朝から地域の人が炊き出しし、しかも舞の技術は父から子へと伝えられるという、文字どおり地域固有の記憶と文化との出会いでした。

編集:t:eeh

ツイート

芸術の不可能性 瀧口修造 中井正一 岡本太郎 針生一郎 中平卓馬

2017年8月22日 火曜日

昨日あたりからやっと日差しが戻ってきました。しかしギラギラとした夏の日差しにはかなり、遠い。
高島直之 著『芸術の不可能性 瀧口修造 中井正一 岡本太郎 針生一郎 中平卓馬』のカバー、帯などを昨日入稿しました。カバーに施した加工がどんなふうに仕上がってくるのか、ドキドキしつつ楽しみです。
そして本日本文を入稿!! いよいよですが、ここからがもう一山。書影などご覧いただける情報が整い次第、順次お知らせしますね。

KIMG0482
7月初旬の夕暮れです。
JR吉祥寺駅からMAUPに向かう中央線沿いの道路で東に向かって撮りました。

夕立のあと東の空から晴れ始め、西に雲が残っていたので、東の空がこんなふうに赤く、というよりマゼンタ系に染まってとてもきれいでした。

そのあと雨が続き、まさかこの空が今年の夏の置き土産になってしまうのではあるまいな、と戦々恐々。

ところで。
ずっち☆によると片道5時間半は秘境になるわけですが(8月10日ブログ)、t:eehは脇目もふらずに移動して片道6時間、のんびり移動して7時間の実家にお盆の行事で戻ってました。
過疎が進み、かつて賑わった電車も夜の7時過ぎると終着駅の二つ手前あたりから誰もいなくなります。二両編成の電車にたった一人。しかも日本にありがちな峠を超えて海辺の町に出るというパターンなので、窓の外は暗闇で灯りひとつ見えないという時間が存在するわけです。真っ暗闇のなかをどこかへ向かって走る過疎地の電車。
ひそかに銀河鉄道と呼んでいました。
2分程度(たぶん)の銀河鉄道でしたが、最近観光客が増えつつあるとかで夜にもかかわらず乗客が5人ほどいて、少し寂しかったのである。
編集:t:eeh

ツイート

新潟どーんっ!!

2017年8月17日 木曜日

お盆明けは、各地の名産品が並びますよね。

image1

スイカは呑猫さんの、花火玉あられはピロイの、帰省土産です。
そうです。ピロイと呑猫さんは同郷です。
米どころ、新潟!
image2

Wow!!
花火が開いたようなスイカばぁーん!
鮮やかです。
(効果音多いな.. 笑)

‘花火玉あられ’は、
実際に打ち上げ花火で使用されている玉殻です。
(姪っ子チョイス!!)
で、この中にあられが入っていると思いきや、
下の台にあられが入っています。
完全オブジェ用。
image3

五号玉は、直径15cm。
比較対象にカエルくん。
開火高度は200m。
開火直径は100m。

今気付きましたけど..
花火って、「開花」じゃなくて「開火」って書くんですね。

新潟は、お米やお酒だけじゃなく、花火も有名です。
いちばん有名なのは長岡まつりの大花火大会。
今年は、8月2,3日の二日間で、もう終わってしまいましたが…

今からでも間に合う、世界最大の4尺玉花火が見られる、
片貝まつりの花火大会
9月9,10日です。

ギネス認定。世界最大の花火です!!
日本中.. いえ、世界中から人が来ます。

4尺玉は、直径121cm。
開火高度は800m。
開火直径は800m。

..想像できますか?

ご近所の家のふすまや障子が、ガタガタ揺れます。
…いえ、ほんとに。
私も子どもの頃、片貝の知人宅で体験してます。

圧倒的… このワードしか、浮かびません。

ぜひ、体験してみてください。

2017年夏も、残りわずか。
ピロイ、既に最高の思い出できたので、悔いなしです(笑)

[総務:ピロイ]

ツイート

札幌:大学出版部協会夏季研修会2017(後半)

2017年8月11日 金曜日

札幌で行われた大学出版部協会の夏季研修会、
2日目の午前中は珍しくフリータイム。
今回、研修会がメインであることは当然ながら、
イサム・ノグチ作品を見ることも
重要なミッションであることから、まずは
大通公園の西8丁目と9丁目の間にある
《ブラック・スライド・マントラ》を見に行く。
ハムコ、すべります!

170811_01

石なのに、吸いつくような肌触り。
この滑り台は、かがまねばもぐれないような
穴が裏側に刳りぬいてあり、そこから階段を
あがって、くるりとすべりおりる構造。

170811_02

暗い胎内から、明るい外の世界への誕生を
想起させる装置だ。
その後、北大植物園へ。
あまりの美しさに、言葉を失う。
そうだ、吟行という目的もあったのだが、
何もかたちにできないまま午後になる。

午後は、北大の櫻井義秀先生による講演
「大学における教養主義と大学出版のゆくえ」
なかなか売れない・・・いづこも同じ悩み。
「既刊書が売れないのは、企画の質が落ちて
いるからだ」との意見がズバッと出され、
グサッと突き刺さる。。。
大学の知をいかに社会に広めてゆくのか、
これに対しては弘前大学の足達薫先生から
イタリアの事例「アカデミズムと観光」が
コメントされた。
それまで隠されてきた事実が、
アカデミズム(美術史)による研究によって
拓かれ、「これは面白い!」と人々に興味を
抱かせる契機となったという。
90年代末からのイタリアのこうした傾向は、
アカデミズムが敷居を低くしたのではなく、
人々がアカデミズムのほうに歩み寄ってきた
好例だが、アートという領域ならではの事例
と言えるだろう。

そして3日目。
ついに憧れのモエレ沼公園へ。
ここはイサム・ノグチが計画し、彼の死後に
完成した公園。小さな山がふたつある。
ハムコ、のぼります!

170811_03

山頂の、びゅーびゅー吹く風。
彼は、この風も含めて、彼の作品にしたのだろう。
この風を愛でる人が、12月刊行の『イサム・ノグチ
庭の芸術への旅』を手にしてくれますように。
新見隆先生、お盆は休まずにイサム・ノグチの
御原稿をよろしくお願いしますっ。
ジャケットのデザインが先にできましたよ!
[編集:ハムコ]

ツイート

ネガティブ・ケイパビリティ

2017年6月20日 火曜日

読売新聞の書評欄に載っていた帚木蓬生 著『ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力』が編集スタッフ(といっても3人ですが)の間で話題になりました。

「ネガティブ・ケイパビリティ」とは、もともとは英国詩人、キーツが1817年に書いたという「事実や理由をせっかちに求めず、不確実さや不思議さ、懐疑の中にいられる能力」を指すのだとか。

ハムコが「これ読んでみて」と指差した書評を読みながら、t:eehは具体的な生活の、あらゆる場面での民主主義の困難に思いを馳せた。かなり真剣に。

そして思索(そんなたいそうなものではないが)とか妄想とか夢想とかの、具体的ではない世界において、シェイクスピアの戯曲やらモーツァルトの音楽を想い、この力なくしてはこの世はどれほど味気なく殺伐としたものであるかとも思いました。

とても貴重で奥深い能力だと断言したいくらいですね。

先週の美大通りで見上げた夕暮れ、ばら色の空です。KIMG0473ばらが咲き終わり紫陽花が咲き、そろそろクチナシが咲き始める時期なのに、今年の花の写真がひとつもないことに気づきました。かなりショック。いかんと思うのですよ。花の写真を撮る余裕すらなくしてしまっては。慌ただしさなんてなんの言い訳にもならないわ、と反省した次第です。

編集:t:eeh

 

 

 

ツイート

八重桜の森

2017年5月8日 月曜日

3日から7日まで5連休でしたが、MAUPの人々は特にこれといったイベントもなく淡々と終えたようです。t:eehも例年どおり。掃除洗濯衣替え庭仕事と、朝から晩までクルクルクルクル動いて連休の予定を無事クリアしました。

いつもお彼岸の頃に、実家の用で1週間ほど関西に滞在するのですが、今年の3月はあれこれ落ち着かず、1ヶ月ずれて4月中旬すぎの関西行きとなりました。
1494236024129

なごりの八重桜です。4月21日あたりかな。山道に延々と八重桜の森。歩いても歩いても右側に桜の森が続いてました。

携帯の画像なので、人の眼が見るような視野で八重桜の森をお伝えできなくて残念です。
さきを急いでなければ、八重桜の奥へ奥へ分け入っていきたかったです。
もともとソメイヨシノに遅れて咲く八重桜とはいえ今年はさすがに遅かったと地元の人が言ってました。

行きつ戻りつしながらも季節は着実に進んでいるというのに、あれこと滞り気味なものを抱え、実は地味に焦っている。

こういうときは、やれることからやるしかないのである。

編集:t:eeh

ツイート

成長との再会

2017年4月28日 金曜日

姪っ子作。
image1
image2

最近、絵でも工作でもお料理でも…

何か作るなり、
彼女たちの母である、ピロイの姉のスマホ経由で、私に送られてくる写真。

で、数分後に電話が来て、

「見た? どぉ? いいでしょ?」

めっちゃ感想を求められる(笑)

…かわいいです♡

小5と小3の女子。 (…ちょっと離れて3才のメンズもいます)

最近は、好きなコの話しを、もっぱら聞かされる(笑)

「女子だなぁ。。。」
って母に言ったら、
「あんたたち3人(ピロイは三姉妹です)も、こうだったわよ(笑)」

私たちの生態は、大して変わっていない。

もうすぐ、会えます。

ゴールデンウィークに帰省される方、海外へ行かれる方も多いと思います。
みなさまどうぞお気をつけて…

[総務:ピロイ]

ツイート