‘やめよう自慢’ カテゴリーのアーカイブ

春爛漫

2018年5月17日 木曜日

弊社の図書目録を差し上げると、
「わぁ、キレイ!」
「さすがムサビだねぇ。。。」
とお褒めいただく今日この頃。

岩田壮平先生がムサビに着任され、
専任教員プロフィールのために、
画像データをいただいた瞬間、
自分の目が大きくなったような錯覚に陥り、
新しい光が差し込んできたような気がした。
「つぎの目録は、岩田先生でお願いしよう!」
と勝手に即刻決意。
幸いにもご快諾いただき、めでたしめでたし。
みなさん、ぜひお手元にどうぞ!
編集 ハムコ

ツイート

名カメラマン

2018年5月1日 火曜日

「私って、すごい! 名カメラマンかも」……すみません、[やめよう自慢]カテゴリーに免じてゆるしてください。
GW前半、中学校の同級会で地元の越後に戻ってのこと。
同じ町に生まれて、145人で1つの中学校を卒業した私たち。
厄年にみんなで集まるのが、町のならわしで、今年はそれに該当しないけれど区切りの年齢だから集まろうと、去年から地元の幹事たちが企画してくれました。

残念ながら、欠席の友人に写真を撮っておくろうとスマホで撮影したら、すごく、いい顔! もう全員撮るぞ!と テーブルを回り、
「さあ、目線こっち、可愛い顔して!」とレンズを向けると、
約50ショット、もうびっくりするくらい、みんないい顔に撮れたんです。

すぐさま、LINEグループで連続アップ、みんなで共有できました。
仕事だったり、子育てだったり、全速力した時期があって、
今、少し余裕がもてたからこそのいい表情なのかな?

これからシンドイことがあっても、この写真と同級会の時間が頑張る力をくれそうです。

[制作:呑猫]

ツイート

本日3月16日立川ムサビ間の立川バス30番が開通

2018年3月16日 金曜日

本日2018(平成30)年3月16日(金)に立川バス30番の路線として
立川駅北口から武蔵野美術大学へのバスが開通しました。
歴史的な立川駅北口6時30分発車です。
なお、従来からの若葉町団地止まりが多いので「美」のマークが
ムサビまで行きます。

a_180316

詳しい時刻表は立川バスの時刻表にアクセスしてください。
さっそくこの6時30分にのりました。

b_180316

若葉町団地を経由して、新たなバス停の小平西高校を通過して、
「小平3.3.3.」の新道を経由して、ムサビに到着。
従来の西武バスの折り返し場が、新しい立川バスと西武バスの
バス停になっています。
正門守衛所でかえるさんと記念撮影しました。

c_180316

そして大学発の発車の最初は午前7時。有名ブロガー、手羽イチロウ
さんをはじめ多くの方々も乗っておられました。

d_180316

このバス路線は、新道が出来る前、2011(平成23)年にすでに構想されて
いたものです。当時の記録は「存在しない」と語られていましたが、
なんと某所で発見されました。

e_180316

入手した段階ではすでに人名などが黒塗りになっていました。
当時を知る人は、「第1回は小平市主導で大学は知らなかったのですが、
この2011年11月14日の第2回会合で大学側が出席して即日合意したんです、
ケロっ」(匿名)と語っています。
その後、実際の開通までには紆余曲折があったようです。

ムサビと立川市のバスルートは大きな変化をもたらすでしょう。
すでに立川市役所とは西地下道のワークショップなどの連携が進行しています。
〔ケロT取締役〕

ツイート

大人のひなまつり

2018年3月2日 金曜日

先日ステキな記念日を迎えた編集:t:eehが、「大人のひなまつり」をテーマにケーキをふるまってくれました!

20170302_01

MAUPの近所のお店でオーダーしてくれたもの。
濃厚なチョコレートケーキ、おいしかったです!

昨日は、3月納品のタイトルを無事入稿。
この週末は、心おだやかに過ごせそうです。
我が家のお部屋もほっこり。
20180302 02
先週おけいこした生け花<部分>。つぼみが多かった桃、こでまりが咲き出しました。

[制作:呑猫]

ツイート

『新しい教育通義』を校正中

2018年2月1日 木曜日

弊社最大の分厚さの教科書、『教育通義』を絶賛、全面改訂中です。

20180201

608頁の『教育通義』を刊行したのは、ほんの数年前なので、昨年3月から次々と学習指導要領の全面改定があり、さらに多くの法令の改正があったので、改定が必要でした。

タイトルは『新しい教育通義』です。アクティブ・ラーニング、チーム学校など、現在の教育現場と教育政策の最新動向が盛り込まれています。歴史編や思想篇もあたらしい研究動向により追加改定をしています。

じつは、このため、分量が「すこし」ふえてしまって、大変叱られてしまいました。ごめんなさい。

でも、読者の皆さん、いい本ができるようにみんなで校正をしていますので、どうか許しください。

〔ケロT取締役〕

ツイート

ggg「組版造形 白井敬尚」に行こう!

2017年9月28日 木曜日

26日の火曜日、凹山人、t:eehとハムコは、
銀座7丁目のギンザ・グラフィック・ギャラリーに
白井敬尚先生の展覧会「組版造形」オープニングに
揃って出かけました。
ずらりと並ぶ端正な組版。なんと美しいことよ!
日々、美しいものを眼にしていなければ、
その基準値がどんどん下がってしまう・・・
そういう焦燥感すら感じるような展示です。

地下展示室のいちばん奥。
最初に白井さんにつくっていただいた『建築』
白井さんがいなかったら一冊にまとまらなかった
『保田龍門・保田春彦 往復書簡 1958-1965』
並べて置かれていた。
その向こうには『カウンターパンチ』
ハムコ、大感激。

みなさま、どうぞお運びくださいませ。
[編集:ハムコ]

ツイート

秋のまつりと熱気球

2017年9月19日 火曜日

『芸術の不可能性』が祝・納品! 編集・t:eehから高島直之先生へ著者献本も完了!
これからの取次納品の進行も、予定通り進められる……ことが先週末確定して肩の荷が半分おりた私は、 この3連休は地元の越後は魚沼に里帰り。十五夜まつりを楽しんできました。
神輿に屋台囃子、民謡流しともろもろ催しが多いのですが、 家からもキレイにみることができるし、 歩いて2分くらいの土手にあがって眺めてもよしの花火が、一番の目当て。
夜空に咲く、花も好きなんです。

そして、高いところも好きなんです。
この時期の帰省は3年ぶりで、以前はなかったイベントに気分上々!

20170919_01

小学校のグランドで、熱気球の体験試乗ができると知り、飛びつきました! はじめて! 「屋上(校舎は3階建て)のちょっと上までいきますよ」といわれて約3分間空中を楽しみました。

20170919_02

緑色の屋根が体育館、その先が校舎です。
スタッフの方が指差しているのは、雨雲が迫っているっていう話をしていたため。
90度右を向くと、プールです。部活少女、水泳部だった私は、本当にお世話になりました。

20170919_03

こんなふうに上から思い出の地を眺められるなんて!  

ちなみに、浦佐駅から家までの道すがら、田んぼの稲穂が黄金色になっていましたよ。
2017年版の魚沼産コシヒカリ、まもなくです。

 

[制作:呑猫]

ツイート

『デザイン学』2017年世宗図書に選出!

2017年7月28日 金曜日

昨日のブログでピロも書いておりますが、
嬉しいからまた書いちゃう。
申熙卿(シンヒーキョン)先生による韓国語訳、
向井周太郎先生『デザイン学 思索のコンステレーション』が、
韓国文化観光体育部により2017年世宗図書(芸術部分図書)
に選出されました。
韓国語がまったくわからないハムコ。検索ができないので
韓国でどのように紹介されているのかわからない・・・
ピロが素早く現代経済新聞(현대경제신문)の
新刊紹介のページを発見してくれました。

たしか昨年の12月、韓国語版が届いたときはもぅ、
子どもの頃、寝起きのクリスマスプレゼント以上に
それはそれは感激しました。
過去のブログによると、12月21日のこと。
(去年の12月ってさぁ、かなり忙しかったはずなんだが、
ブログはいたって呑気だねぇ。。。)

日本語版は縦書き、韓国語版は横書き。
さて、困ったのは扉のデザイン。右開きと左開きでは、
おなじデザインというわけにはいかない。
この扉は、向井先生のイメージに従って板東孝明先生
清水恒平先生(おふたりとも向井先生弟子)が、
何度も調整してくださった「コンステレーション」で、
本書の大きな魅力になっている。
「本文を縦組に直しましょう」と仰る向井先生をなだめ、
韓国のデザイナーに新たにつくっていただいた。

design

手前が韓国語版、奥が日本語版です。
並べてながめていると、改めてしみじみ嬉しい。
[編集:ハムコ]

ツイート

利き桃の日

2017年7月24日 月曜日

一年ぶりの利き桃(唎き桃、聞き桃と書いても間違いではないらしい)の日でした。
山梨に住むハムコのご友人が桃を送ってくださって(ハムコにね)、何個か切り分けてmaup全員で堪能するという超贅沢な日なわけです。
KIMG0497

桃の後ろに写っているのは、呑猫のご実家から送られてきたたくさんの野菜のうち、呑猫がさっそく茹でてくれたトウモロコシです。
桃の匂いとトウモロコシの匂いで本日maupは一日中よい匂いでした。

KIMG0494

で、ハムコが3個切り分けてくれたわけですが、いずれ菖蒲か杜若(季節外れですが)。瑞々しくて美味なのに微妙に味わいが異なるわけです。少しずつ食べるからこそわかる贅沢です。

t:eeh的には桃はなんだか尊い感じのする果物です(桃は仙人の食べ物というし、西王母の桃の話もありますし)。
尊い果物を存分にいただいて、これから外部校正前の校正紙の最終チェックに取りかかります。
本作りの一番肝心な剣が峰にいよいよ登らねばならんのである。

編集:t:eeh

ツイート

道徳科教育講義と教育勅語

2017年7月3日 月曜日

 弊社4月刊行の『道徳科教育講義』ですが、「第4章教育勅語にみる道徳」で教育勅語を詳細に記されていますので、学会やマスコミなどの教育勅語についての下調べでもいろいろご参考いただいているようで、ありがたいです。

 教育史研究では最大の組織である教育史学会(代表理事米田俊彦お茶の水女子大学教授)は、理事会が「「教育ニ関スル勅語」(教育勅語)の教材使用に関する声明」を5月8日に発表しました。

 さらに、5月30日には教育史学会のシンポジウムが、戦前からの日本教育史学会や若手中堅中心の日本教育史研究会の協賛で開催されています。シンポジウムは研究者や報道関係者など140名ほどで盛会の模様ですが、配付資料が公開されています。
弊社刊行物も引用されているのでありがたい次第です。

写真は会場のお茶の水女子大学の案内板。

20170703

 他社からは教育勅語についての概説や批評の図書を急いで出版しようとするお話を伺っています。弊社の守備範囲は超えていますので、各社のご尽力を期待しております。

(ケロT取締役)

ツイート