‘ひとりごと’ カテゴリーのアーカイブ

関野吉晴 ワンダースペース

2018年10月10日 水曜日

台風の到来も一段落ついた様子で、落ちついた空模様の今日このごろ。来週15日(月)より、関野吉晴先生の展覧会がムサビの美術館を中心に開催されます。

c66a860203de5d199cc1f1e8a2004fe3-1

「関野吉晴 ワンダースペース」

会期:2018年10月15日(月)―11月10日(土)
時間:10:00―18:00(土曜日・特別会館日 ―17:00)
休館日:日曜日 10月25日(木)、29日(月)
    ※10月28日(日)、11月4日(日)は特別開館日
会場:武蔵野美術大学美術館 展示室2、アトリウム1・2、
   南北地下通路(ガレリア)、14号館地下ギャラリー
入場料:無料

「関野吉晴[1949-]は、人類がアフリカから南米大陸まで拡散した5万キロもの道のり“グレートジャーニー”を、自身の脚力と腕力のみで足掛け10年かけ旅をした探検家であり、写真家、医師であると同時に、本学教授(文化人類学)でもある。本展では、関野の約50年に渡る行動と『虫の視点(虫瞰)と虫の眼(複眼)』で見出した関野独自の視点、思考を探るため、関野の旅の軌跡である写真作品や言葉などを5つのセクションに分け紹介する。関野の実践やその視点から地球全体を考察し、ひいては我々は現代社会をどう生きていくべきなのか、様々考えを巡らす機会となるだろう。」(美術館webサイトより)

会期中には、関野先生のギャラリートークやゲストを招いての映画の上映、鼎談などが予定されています。詳しくは、美術館のwebサイトでご確認ください。

美術館webサイト → こちら 

本展では、美術館・図書館のtwitter(→ こちら)でも紹介されている通り、関野先生や当時の学生たちによって造船のための工具から手づくりされた丸木船・縄文号が豊岡市立植村直己冒険館より里帰りしています。その勇姿を是非ご覧ください。また、この縄文号による航海「海のグレートジャーニー」の詳細については、弊社刊行の『海のグレートジャーニーと若者たち 四七〇〇キロの気づきの旅』(→ こちら)をご一読いただければと思います。

なお、会期中に開催される芸術祭の前後は、平日の休館日や日曜日の特別開館日があります(上記「休館日」参照)。よくご確認の上、おでかけください。

(編集:凹山人)

ツイート

私をみとめて

2018年10月3日 水曜日

この夏、amazonのカテゴリー修正ならびに書影サシカエを始めた。「手がすいたらやることリスト」3番目くらいの仕事で、去年夏からの課題、営業ずっち☆より、修正表を受け取っていたのであったが。

ログインしてパスワードを入力して……というところで、こまったことが2段階認証。
こうしたものは、これまで個人の携帯電話を登録しておけば、画面に数字があらわれて入力しやすいのだけれど、今回は共用の仕事で使用するログイン。相談の結果、会社の電話番号(音声)を選んだ。どうなるかというと、アクセスすると、電話がなり、番号だけ淡々といわれる。繰り返してくれて、それは親切だけど。別の人が、電話をとったらなんのこっちゃ、になってしまう。毎日、amazonにログインしていると、パスワードだけで突破できるが、2週間くらい間をあけると、再び2段階認証となる。私をみとめてもらうのは、ちょっと一苦労だ。

私をみとめてもらえないことは、昨日もあった。本webのtopicsを更新しようと、なんども入力するが、最後に「修正」ボタンを押すと「指定されたページまたはファイルへのアクセスが禁止されています」と表示される。サーバ会社のweb「よくある質問」によれば、お客様ページからログインして、ファイアウォールをoffに設定すると、もしかしたら大丈夫かも……という記述をたよりに、作業するとなんとかできた。パスワードがないと突破できなところで操作しているのに、ここでも私をみとめてくれなくない!

そんなことで、ちょっと苦労した本webのtopicsページは、明日4日に情報公開します。お楽しみに!

[制作:呑猫]

ツイート

この道、いる?

2018年9月26日 水曜日

東京地方。朝から雨が降り続いております。秋雨前線と台風24号の影響なのか、ここ数日、そしてこの先もしばらくぐずつきがちな空模様とのこと。今週土曜日はナイン坊主の運動会の予定ですが、どうなることやら。彼は競技するだけなら中止でもOKよってタイプですが、今年は何やら役割があるらしく、連日いつもより早めに登校して練習をしている様子。表には出しませんが今までになく張り切っているようなので、ここはひとつ予定通りに開催できれば良いなあと思います。曇りで十分。晴れたら暑くなって観る側もつらくなったりするので、ここはむしろ曇りで。お願いいたします!

天気のことは祈るほかありませんが、自分で何とかしなければいけないのが現在進行している学生手帳用の地図づくり。つくっているのは、2019年4月開講の造形構想学部および大学院造形構想研究科(新学部等の詳細 → こちら)の学生さんが主に学ぶ市ヶ谷キャンパス周辺の地図です。アクセスマップや災害時の避難場所を示す地図などなのですが、いずれにせよ鷹の台はもちろん吉祥寺や三鷹と比べても道が多くて、本当に複雑。まあ都心ですから、当然と言えば当然ですが。どの道を残すかを決めるだけでも、相当悩みます。さらには地下鉄に高速道路、トンネルも登場。どう表す? 省略か? 避難用の地図はより広域なので、鷹の台や吉祥寺のように実際に歩いて確認というわけにもいかず、ウェブ上の地図サイトを複数確認しながらの進行。誤りが出る確率を下げる意味でも、省略は大事ですからね。ただし、省略の仕方を誤っては元も子もありませんが。気をつけて良い地図にしたいと思います。
毎年、通学生用の手帳を販売していますので、どんな地図になったか気になる方は是非お手にとって確かめてください(詳細 → こちら)。ムサビの学事予定が丸分かり(役立つ?)の他に、絵を描いている方などには便利なコンテンツもあり。何より書き味が自慢の手帳です。来年はムサビ創立90周年。ささやかですが特別な仕様に、とも考えています。乞うご期待。 

(編集:凹山人)

ツイート

よいこと続々…ありました

2018年9月21日 金曜日

雨が、続きますね…
こんな日は…

今週嬉しかったこと ベスト3~!!
(ほんとは横アリがいちばん嬉しかった 笑)

…「職場で」嬉しかったこと ベスト3~!!

☆第3位~
凹山人さんの北海道土産。
「マルセイバターサンド」~
IMG_4772

北海道土産の中でいちばん好きです。
ビスケットとクリームの間の生地の、絶妙~な‘しんなり’感のバランス。最高bb
バタービスケットとレーズン in クリームの物語は、何通りも、何層にも楽しめます。
私の中ではテッパン!! 北海道の大地に感謝。

☆第2位~
いつもMAUPで飲んでいるほうじ茶のパッケージがグローバル化~!!
日本語 + 英語 + 中国語 + 韓国語。
IMG_4773

そして裏面。
IMG_4774

お茶の美味しい入れ方も、PICシンボルで。
東京オリンピック間近、「PICシンボル/絵記号」が広く普及しだしていますよね。

そして栄冠の第1位~☆
MAUグッズご購入のお客様からのメッセージ。

IMG_4770

このようなお心遣いに、いつも心があたたかくなります。

全部写真に撮ったりできませんが、このようなメッセージは、
ご注文用紙に一言、さりげなく添えられていたり、
お電話口で直接「ありがとう」と、お言葉を頂戴したり…

お客様のダイレクトなお言葉を頂戴できること、本当に嬉しく、有り難いです。

明日からまたシルバーウィーク (ラスト〜)
みなさま、良い時間をお過ごしください (^_^)
私はもう十分幸せです(笑)感謝する人が、多すぎる.. ことに感謝。

[総務:ピロイ]

ツイート

土曜日の大学図書館・土曜日の学食

2018年9月18日 火曜日

大学図書館には、いつもとてもお世話になっている。
ある日、地下書庫にあるはずの古い雑誌がなぜかない。
アルバイトの学生さんは職員Aさんにヘルプを出し、
Aさんを先頭に3人で、こっちかな、英文タイトルで
整理されてるのかも、貴重書扱いにはなっていないし
・・・ついにベテラン職員Bさんが呼び出され、
Bさんを先頭に4人で地下をぐるぐる。
申し訳ないと思いつつもハムコは宝探しのツアーに
参加している気分でニコニコ、アルバイトの学生さんは
あきらかにうんざり顔、Aさんはだんだん難しい表情に。
ついには探している記事を他館からコピーで取り寄せ
てもらうことになった。

ある時は『原色現代科学大事典 6』がどうしても見たくなる。
第6巻は「人間」で三木成夫先生が図版解説をしている。
この解説が素晴らしい。引用された数ページのコピーが
手元にある。どうしても全容を見たくなる。
ネットで調べると、他巻は数百円でも買えるのに、
第6巻は3万円也。さすが。。。
まずは近所の武蔵野市図書館を探すが、ない。
図鑑だから他館からの貸し出しはダメだろうな〜、
と思いながらも毎度のようにAさんに相談する。
数日して「館内閲覧ですが、貸してくれる館があったので
取り寄せています」と連絡がくる。感激する。

直接、仕事には関係ないことなので、こういうものは
土曜日に遊びがてら図書館へいき、ついでに展覧会を
見たりする。2時過ぎに学食でラーメンを食べながら、
しばらくぶりにお会いする先生と長々と話し込んで
しまったりする。
会う人ごとに「土曜日も仕事?」と言われ、
なんと返事をしたものか困ってしまう。
[編集:ハムコ]

ツイート

牛の足音 ―冨田美穂牛の木版画展― 2

2018年9月14日 金曜日

北海道胆振東部地震の発生から早いもので1週間がたちました。あらためまして、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

先日、このブログでお伝えした「牛の足音 ―冨田美穂牛の木版画展―」(→ こちら)。台風21号の接近に地震と開催直後から災難に見舞われましたが、冨田さんご自身の無事と展覧会の様子をブログで報告されています(→ こちら)。明日、9月15日(土)には、予定通りアーティストトークが開催されるとのこと。牛を描き続ける作家の思いや制作にまつわるエピソードなどを、直接聞くことができる良い機会と思います。是非、お出かけください。

牛の足音 ―冨田美穂牛の木版画展―
会期:2018年9/4(火)~10/14(日)
休館日 : 毎週月曜日
時間 : 10:00~17:00
会場:神田日勝記念美術館(美術館HP → こちら
住所:北海道河東郡鹿追町東町3-2
電話:0156-66-1555 
観覧料 : 一般 520円、高校生 310円、小中学生 210円
※鹿追町民無料

イベント:アーティスト・トーク
冨田さんが会場を案内しながら、自作について語ります。
日時:9/15(土)13:30~14:00
会場:展示会場
※参加無料・事前申込不要(要観覧券)

(編集:凹山人)

ツイート

秋色

2018年9月13日 木曜日

ほおずきの旬は、7月~8月。
寒い地域では9月下旬~10月頃とのことですが…

個人的に、なんとなく「秋」のイメージなんですよね…
色合いからのイメージなのかなんなのか…

こちら。‘食べられる’ほおずき。
IMG_4751
IMG_4752

通信チームのKさんより、いただきました。
ほおずきって、観賞用(食べられない)と思っていたので、

「っえ? ほおずきって食べられるんですか??」
って、おもいっきり聞いちゃいました(笑)

甘酸っぱくて、ほのかに香って、美味しかったです!

多分、酸 → 甘 → 香
の順に脳内伝達(笑)

最終的に香りがいちばん記憶に残りました。

… なんともいえない、
儚さの中にある奥深い香り。

喩えるならば。。。
昨日すごくいい夢見たんだけど、なんだっけ…
あ〜、思い出したいのに思い出せない!! (>_<)
…みたいな感じの、ふわっと、ほんの一瞬の出来事…な、香り。

「雲を掴むような香り」とでも喩えるのが、いちばん早かったです f^_^;)

抜け殻もきれいです。
IMG_4759

子どもの頃、母がほおずきをモチーフに布に絵を描き、
それをろうけつ染めにして、ピロイ3姉妹にワンピースを作ってくれたことを、思い出しました。

ほおずきって、漢字で「鬼灯」、英語で「Chinese lantern plant」と書くんですね…
どちらも、灯りが灯るようなイメージ。
色的にも、言葉的にも、季節的にも、ちょうどハロウィンを連想します。

ほっこり、秋を感じる、今日このごろ。

注!! :ほおずきは、食べられるものと観賞用があるようですから、道端で見付けてむやみに食べちゃだめです〜(笑)

[総務:ピロイ]

ツイート

牛の足音 ―冨田美穂牛の木版画展―

2018年9月5日 水曜日

台風21号は各地で大きな被害をもたらしていきました。台風は温帯低気圧に変わったようですが、北海道などはまだその影響下にある様子。くれぐれもお気をつけください。

その北海道で、昨日から開催されている展覧会のご紹介。

261

牛の足音 ―冨田美穂牛の木版画展―
会期:2018年9/4(火)~10/14(日)
休館日 : 毎週月曜日
時間 : 10:00~17:00
会場:神田日勝記念美術館(美術館HP → こちら
住所:北海道河東郡鹿追町東町3-2
電話:0156-66-1555 
観覧料 : 一般 520円、高校生 310円、小中学生 210円
※鹿追町民無料

「東京に生まれ、現在はオホーツク海沿岸の小清水町で酪農業に従事しながら制作を行っている若手作家・冨田美穂さんの木版画展を開催いたします。幅2メートルを超える大画面に、本物と見紛うほど緻密に表現された迫力ある牛たちが会場に並びます。神田日勝と冨田美穂、ともに営農のかたわら表現活動を行う2人の作家の競演をお楽しみください。」(美術館HPより)

イベント:アーティスト・トーク
冨田さんが会場を案内しながら、自作について語ります。
日時:9/15(土)13:30~14:00
会場:展示会場
※参加無料・事前申込不要(要観覧券)

以前にもご紹介したことがあったように思いますが、冨田さんはムサビ版画の出身で、学生時代から一貫して牛をモチーフに木版画を制作。大学卒業後は美術館の説明にもあるように北海道の牧場で働きながら、道内のみならず東京をはじめ各地で展覧会を行うなど、精力的に活動を続けています。今回も牛愛に溢れた作品が並ぶことでしょう。お近くの方はもちろん、この期間十勝地方を訪れるご予定のある方も、是非足をお運びください。

作家HP → こちら

(編集:凹山人)

ツイート

ふつう気がつくだろう

2018年8月31日 金曜日

昨日、ピロが虫除けシールについて書いていますが、
そんな便利なシールがあることを知らなかった。
なぜかハムコ、蚊に好かれます。先日は、鷹の台校の
図書館で合計5箇所も刺されました。
地下の書庫から2階の閲覧室まで、何度も移動して
大型本のページを立ったまま繰ったりしていたのに。
いちばんの被害は左の手の甲! なんで気づかない?

前回のブログには「矢野彰子」と書いてしまい
一緒にライヴに行く友人に「国宝・顕子さまの名前を
間違えてはイカン!」と怒られました。
気がつかなかった、、、職業柄やばい。

今朝、なんかお風呂場から音がする・・・
シャワーの「止」がずれていて、昨晩からずっと水が
チョロチョロと流れていたらしい。
き、気づかなかった! ううう。

粗忽というよりも、ごそっと欠落している。
何かが、あきらかに・・・
今日はブー当番を忘れなかっただけでも良しとしよう。

明日から九月がはじまる。
[編集:ハムコ]

ツイート

「絵と、 vol.3 村瀬恭子」展

2018年8月27日 月曜日

東京地方。一時、気温が30℃を下まわったときには峠も越えたかなどと思ったものですが、とんでもない。先週末から連日の35℃前後。さすがに参ってしまいます。外出するのもきびしいので、夏休みが残り1週間となったナイン坊主も、おとなしく宿題の残りを片付けていました。

そんな中、今週末からムサビが運営するgallery αMで展覧会が始まります。今年度のキュレーターは、MAUP刊行の『現代アート10講』(→ こちら)や『ミュゼオロジーの展開 経営論・資料論』(→ こちら)の著者でもある、東京国立近代美術館の蔵屋美香さんが務められていますが、その3本目の展覧会が「絵と、 vol.3 村瀬恭子」展です。

「アザミ」2016年、紙に顔料、色鉛筆、48x36cm

「絵と、 vol.3 村瀬恭子」展
会期:2018年9月1日(土)~10月27日(土)日月祝休
時間:11:00~19:00
会場:gallery αM(アクセス → こちら
観覧料:無料

初日の9月1日には、村瀬さんと蔵屋さんによるアーティストトークと、オープニングパーティーも行われます。作家とお話しできる良い機会ですので、興味のある方は是非初日に。

アーティストトーク:9月1日(土)18時~19時
オープニングパーティー:9月1日(土)19時~

その他、詳細はgallery αMのHPをご覧ください。 → こちら

暑い日が続く中ではありますが、お出かけください。

(編集:凹山人)

ツイート