‘ひとりごと’ カテゴリーのアーカイブ

アートプロジェクト「落石計画」

2017年8月4日 金曜日

東京地方は、梅雨明けからこっち、ほぼ毎日曇り空。
水不足に加えて、日照不足も心配になる今日この頃。
曇りがちといえば、この時期、霧に覆われることも多い道東で開催される展覧会のご紹介。

落石計画 第10期
「クロニクル 2008 – 2020 ー痕跡と展開ー」

omote

落石計画webサイト → こちら
 
会期:2017年 8月7日(月) ~ 11日(金)
時間:10:00 ~16:00
会場:旧落石無線送信局(現池田良二スタジオ)
住所:〒088-1781 北海道根室市落石西244-4
アクセス詳細は → こちら

【ワークショップ】8月7日(月) 10:00 ~ 14:00 
【ギャラリトーク】8月8日(火) 13:00 ~

ムサビの高浜利也先生(プロフィール等 → こちら)と愛知県立芸術大学の井出創太郎先生(プロフィール等 → こちら)2人のユニットによる、アートプロジェクト「落石計画」です。
「らくせき」ではありません。「おちいし」と読みます。開催地である根室市の落石岬(おちいしみさき)からとられたプロジェクト名になっています。

会場は池田良二先生(ムサビ名誉教授)の個人スタジオ。スタジオといっても、落石岬の草原のなかに佇む鉄筋コンクリート造りの要塞のような建築物。池田先生の作品のモチーフにも使われています(作品集『池田良二アートワーク1975-2016 静慮と精神の息吹』で確認してみてください → こちら)。
もとは旧逓信省管轄の落石無線送信局として建てられたもので、池田先生がスタジオとして使い始めた約30年前は、ほぼ廃墟状態だったと聞いています。その状態からの長い長い改修作業の途中。

2008年から、毎夏、この土地、この建物を舞台に、プロジェクトは進められてきました。そのメインの活動が、スタジオ内に銅版による茶室=対話空間をつくること。

「『落石計画』の目的は、あくまで中継者の立場であらたなコミュニケーションのあり方を模索することであり、茶室というフォーマットに当て嵌めながら、無線局として外に開かれていたパブリックな空間に、究極にプライベートな対話空間を現出させることにある。」(落石計画webサイトより)とのこと。

茶室づくりのほかに、3人の先生方や運営を手伝う研究室スタッフ、学生さん達の作品が展示されます。地元の子どもたちとのワークショップなどを通して、落石の皆さんとの交流も進められてきました。
当初3期3年の予定のプロジェクトがついに10期を迎え、今後も継続される見通し。

展覧会はもちろんですが、その日本とは思えないような落石岬周辺の風景を見るためにも、訪れる価値のある土地だと思います。それに何といっても、涼しいし、いろいろなものが美味しい。
日本の最東端に近い土地。なかなか難しいかもしれませんが、機会がありましたら是非是非。

(編集:凹山人)

ツイート

元田久治展/ながさわたかひろ展

2017年7月25日 火曜日

現在、今年4月よりムサビ造形学部油絵学科准教授に着任された、元田久治先生(プロフィール → こちら)の展覧会が開催されています。

「元田久治 – Towers」
会期:2017年7月14日(金) – 8月13日(日) (月曜休廊)
時間:11:00 – 19:00
詳細 → こちら

会場:アートフロントギャラリー
住所:東京都渋谷区猿楽町 29-18 ヒルサイドテラス A棟
連絡先:tel : 03-3476-4869/fax : 03-3476-1765
アクセス情報 → こちら

元田先生は、実在する建築物が廃墟化した姿をタブローやリトグラフで描き続けていますが、3.11以降、作品中の虚構が現実となったような様々な光景を目の当たりにし、また自分の作品を見る者の意識の変化が感じられ、制作・発表することが躊躇われる時期があったとうかがっています。そのような期間を経て再び動き出した元田作品は、私たちにどのような世界観を提示してくれるのか。リトグラフの精緻で繊細な筆致なども見所です。是非、直にご覧いただきたい展覧会です。

次に、今週末から開催されるのが、こちらの展覧会。

「インプリントまちだ展 2017:絵描き・ながさわたかひろ、サッカー・FC町田ゼルビアでブレイク刷ルー!」
会期:2017年7月29日(土)- 9月24日(日)
(月曜休館、ただし9/18祝月は開館、翌9/19火休館)
時間:平日 10:00 – 17:00 (入場は16:30まで)/土日祝 10:00 – 17:30 (入場は17:00まで)
詳細 → こちら

会場:町田市立国際版画美術館 企画展示室2
住所:東京都町田市原町田4-28-1
連絡先:tel :042-726-2771・0860・2889/fax:042-726-2840
アクセス情報 → こちら

ここでも度々紹介しています、ムサビ版画OBながさわたかひろさんの展覧会です。これまでも、プロ野球チームやプロサッカーチームを描くことで応援し、応援することでともに闘うチームの一員と正式に認めてもらうことを真剣に目指し活動してきたながさわ画伯。ただいま追いかけているのはプロサッカークラブ「FC町田ゼルビア」。画伯自身、町田に住まいを移し、今シーズンの試合をじっくりと描いています。
版画美術館が2020東京五輪にむけて打ち出した展覧会企画「インプリントまちだ展」(※本展の展覧会概要をご覧ください)の第一弾としての開催です。全館ではないにせよ、けっして狭くはない展示室を使っての個展。ご本人、気合いが入っています。関連企画も多数。毎週日曜日の午後には、画伯が会場にいらっしゃるとのこと。
同時開催の「紙の上のいきものたち!!」展(詳細 → こちら)や「シリーズ現代の作家 舩坂芳助」展(詳細 → こちら)とあわせて、是非ご覧ください。

(編集:凹山人)

ツイート

流行る?「ネガティブ・ケイパビリティ」

2017年7月20日 木曜日

『ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力』
帚木蓬生著(朝日選書、2017年)を読了。
6月20日のブログにt:eehも書いているように、新聞各紙で
取りあげられているし、ネット上での書評も多い。

精神科医として個人クリニックで診療をしている著者。
かつて大学病院で、若き医師がベテラン医師である教授に
「精神科医として一番大切なのは、何でしょうか」と
たずねると、その答えは「親切」だったという挿話を読んで、
「情けは人のためならず」
というハムコのお婆はんの口癖を思い出した。

「ネガティブ・ケイパビリティ」は、目新しい言葉だ。
しかも、その根幹に「寛容」がある、と説かれれば、
この言葉は素直に世の中に浸透してゆくだろう。
何年か先の学習指導要領にも、かならずや登場するに違いない。
でもその途端に、この言葉がもっている本来の意味が、
こぼれていくような気がする。
「ネガティブ・ケイパビリティ」は、新規な概念でも、
特別な能力でもなんでもない、と思うのだが・・・
[編集:ハムコ]

ツイート

「ジャコメッティ展」イベントのお知らせ

2017年7月14日 金曜日

連日暑い日がつづく東京地方。梅雨明け宣言はまだですが、昨日今日と吉祥寺校から鷹の台校へ、夏期スクーリングの荷物を運ぶ作業が行われており、いよいよ夏の到来を感じさせます。

そんな中、東京では注目の展覧会が複数開催中。
その中でも、この週末はこの展覧会に注目。

国立新美術館開館10周年
「ジャコメッティ展」

会期:2017年6月14日(水)~ 9月4日(月)
毎週火曜日休館

開館時間:10:00-18:00
※毎週金曜日、土曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで

会場:国立新美術館 企画展示室1E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

美術館webサイト → こちら

明日、ムサビに縁の深いお二人が関連イベントに登場します。

対談「ジャコメッティを眺めてあれこれ考えてみる」
講師:袴田京太朗(彫刻家)× 冨井大裕(美術家)
日時:7月15日(土)17:00-19:00(16:30開場)
会場:国立新美術館 3階研修室AB
定員:70名
当日、整理券を配布します。(定員に達し次第、配布終了)
整理券は14:00から開場10分前まで1階中央インフォメーションで配布します。(お1人様1枚)
聴講は無料ですが、本展の観覧券(半券)が必要です。

当イベントなどに関するサイト → こちら

「制作者の立場から、ジャコメッティの使用した素材に注目し、彼の彫刻について語りつくしてもらいます!」(国立新美術館)とのこと。ご都合のつく方は、展覧会の鑑賞とあわせて是非。
この週末も東京地方は暑い模様。くれぐれもお気をつけてお出かけください。

(編集:凹山人)

ツイート

タイムスリップアイテムとの遭遇

2017年7月11日 火曜日

製本の道具。
image3

道具って、なんでこう、集合体になるとかわいいのでしょう。
image5

!! あ。
…っえ?

…はい。今ピロイの中で、ちょっと感動な出来事発生(笑)
なにが起こったのでしょうか?(笑)

ズームイン > > > > > > > > >

image1

‘ SEIDE ’

「セイデ」と読みます。

今はもうないのですが、
私が卒業した、「生活デザイン科」の略です。
「生デ」という言葉を、何回書いたり言ったり聞いたりしたことか。。。

「生デ」を卒業後3年間、この「生デ」の研究室スタッフをしておりました。
(なつかしい~)
もう’90年代後半〜2000年代前半のお話です… f^_^;)

で、この「生デ」のカリキュラムには製本の授業もあり、
私も取っていました。
その時代に正に使用していた製本の道具たちが、
今も現役でココにあるぅ~~!!
もしかしたら、いえ、もしかしなくても、絶対に私も手にしていた竹べら。
その道具たちが、時空を越えて今、ココに…。(…なんか勝手に壮大なスケール感 f^_^;)
でもでもそのくらい、感動せずにはいられませんでした。

実はこの「生デ」研究室スタッフ時代に、
既にハムコさん、凹山人さんとはお会いしていました。
そして実はt:eehさんも、お電話で何度かお声を聞いておりました。
t:eehさんは覚えてないかもですが、ピロイは鮮明に覚えてます。

MAUPの前身の「出版編集室」にいらした安達先生が、
「生デ」の講師もしておられて、
ピロイはたまに、t:eehさんと安達先生のお電話を繋いでおりました。

「安達先生~! 出版編集室のt:eehさんからお電話ですぅ~!」…って (^_^)

まさか今、MAUPでご一緒にお仕事できているとは。。。
人生、わかんない。おもしろい。

「 ‘SEIDE’ 竹べら」から、いろんなことが走馬灯のように思い出されました。

今日、今この瞬間も、いつかの走馬灯の一場面になる日々。
毎日暑いですが、一日一日大切に、みなさまどうぞご自愛ください。

今書きながらちょっと思ったんですが…

記憶や情報を蓄える脳の場所が「海馬」って言われますけど。。。

記憶を呼び覚ます表現として、「走馬灯のように…」って使う。。。

どっちも、『馬』が入ってるのって、なんかおもしろいですね。
偶然なのかしら。偶然なんだろうな。
ちなみに「走馬灯」は夏の季語らしいです。

[総務:ピロイ]

ツイート

山尾三省とイサム・ノグチ

2017年7月10日 月曜日

いただいた御原稿を読んでいると、未知の人名に出逢う
ことがままある。
「山尾三省」
なんと読むのだろう? 本屋さんの「三省堂」とおなじ
「さんせい」でいいのか知らん。
Googleに入れてみる。やまお・さんせい。詩人。
ヒッピーという言葉が現役だった頃、山尾さんは「部族」
というコミューンを国分寺郊外につくり、後に屋久島に
一家で移住し、そこに根を張り、2001年に亡くなった。
今なら、エコロジストと呼ばれるだろうか。
ネット情報を縦走していると、国分寺「ほら貝」は
「部族」による経営だったとある!
あの、北口を右に行って、右側の、2階の飲み屋。
何度も行ったことがあるなぁ。いつの間にか閉店して
しまったけれど。そんなに頻繁に行くわけでもなく、
年に1回くらい。大勢で、二次会か、三次会に、なだれ
込んでいく店で、ソファーに座ったまま寝てしまった
こともあったなぁ。機嫌良く呑んでたMちゃんが突然、
泣いちゃったこともあった(青春だねぇ)

『ジョーがくれた石』(地湧社、1984年)を購入。
ここで山尾さんが書く「故郷性」という言葉は、
新見隆先生の書く「庭」に、ぴたりと重なる。
そういうことか。
この冬刊行、新見隆先生のイサム・ノグチの研究書、
そのテーマは「庭」である。
しかし、私にはその「庭」がなかなか見えなかった。
やっと、どんな「庭」なのかわかった。
巻頭のカラー頁の構成も、これで決まった。
[編集:ハムコ]

ツイート

祝「文化財保存修復学会 業績賞」受賞

2017年7月7日 金曜日

『日本画と材料ーー近代に創られた伝統』の著者である荒井経先生が、所属されている文化財保存修復学会で本年度の「業績賞」を受賞されました(詳細は → こちら)。文化財保存修復学会は、文化財の保存に関わる科学・技術の発展と普及を図ることを目的とした学会ですが、『日本画と材料』の刊行により文化財保存修復分野への理解を進める上で大きく貢献したものと評価されての受賞となりました。誠に、おめでとうございます。

荒井-カバー決まり

刊行から1年半以上経ち、書籍の流通面では大きな動きの見られない時期を迎えていますが、昨年末の「第28回 倫雅美術奨励賞」受賞(関連記事 → こちら)、そして今回の「第11回 文化財保存修復学会 業績賞」受賞と、あらたな読者がうまれるきっかけとなるようなうれしい出来事が度々あり、大変ありがたいことです。

本書では、画材の変遷でたどる「日本画」の来し方のむこうに、日本の近代史が浮かび上がります。「日本画」ってこういうものでしょ、という既成概念がゆさぶられるはず。研究書ではありますが、平易な文章と丹念な註で綴られている上に謎解きの要素などもあり、専門的な知識がなくとも面白く読み進められること請け合いです。未読の方は、是非!

(編集:凹山人)

ツイート

赤かぶりトル

2017年7月5日 水曜日

6月12日に誕生した上野動物園のパンダの赤ちゃんの写真や映像は、心なごませますね。

昨日は体重が607.9グラム、前回の測定から倍になったとニュースで報じられていました。

誕生間もなくの頃は、白も黒もわからなかったけれど、だんだんパンダらしくなってきた! けれど気になることがひとつ。

……白くなる部分がとても赤っぽい。

 

ここ数日「大学院修了集」「通信卒制集」の本文の色校を戻すために校正紙と向き合っていますが、よく書き込んだ修正依頼が「赤かぶりトル」。

パンダの赤ちゃんも、赤っぽさがとれたら、ぐんとパンダらしくなるのに。

ニュースでは「まもなく目があく」と伝えていましたが、私の関心は、赤みなくなるのはいつ? です。

 

[制作:呑猫]

ツイート

東京都美術館「境界を跨ぐと、」展のご紹介

2017年6月26日 月曜日

東京地方、晴れれば夏の日射しが照りつけますが、基本、梅雨空が続いています。
気がつけば、ムサビの前期授業もあと2週間。夏休みが、もう目の前です。学生さん達はその前の大きな壁=講評に向けて、必至の作業が続く日々を過ごしていることでしょう。

今日も展覧会のお知らせ。

第6回 都美セレクション グループ展 
「境界を跨ぐと、:To the other side of the boundaries,」

18301759_1374198412669135_3209047531891615113_n

会期:6月25日(日)~7月6日(木) ※7月3日(月)は休室
時間:9:00〜17:30(6月30日は20:00まで)
会場:東京都美術館 ギャラリーC
(東京都美術館サイト → こちら

その他関連サイト等 → Twitter Facebook

2015年に開催された「武蔵美×朝鮮大 突然、目の前がひらけて」展のその後の展開。
学生時代、ムサビと朝鮮大の境界に接する工房で長い時間を過ごした自分にとって、お隣はいろいろな面で気になりつつも、その境を越えて交流することなど発想できない存在でした。気になるだけでは済まさず、疑問を持ち、可能性を探り、実際の交流のみならず、表現として「境界を跨ぐ」ことを実現した作家達に敬意を表します。

会期中、以下のトークイベントも行われるようです。

●ゲストによるトーク
6月30日(金) 18:00〜19:30
Guest: 会田誠氏(美術家)

●アーティストによるトーク
7月2日(日) 14:00〜15:30

《バベルの塔》目当ての駆け込み来館で大変な混雑が予想される時期(7/2まで)ではありますが、上野にお出かけの際はお忘れなく。ギャラリー観覧は、無料です。

(編集:凹山人)

ツイート

最新MAU GOODS「MAUホルダー たんぽぽ」

2017年6月22日 木曜日

ちょうどこの時期、
風景に、ビビッド感と癒しを与えてくれる、たんぽぽ。
image1

吉祥寺校の裏にある小さな公園にもいました。
どこか楽しげに…。なぜそう見えたかはわかりませんが。

あなたのことを、英語で ‘dande lion’ というと知った時から、
小さなライオンが、公園に、アスファルトに、たくさんいるように
見えてたけど…

よくよくこの文字を見たら、
鮮やかな黄色の花が、ライオンの鬣に例えられた訳じゃなく、
たんぽぽの葉っぱが、ライオンの歯みたいだから…なんですね。

‘Lion’ の部分のインパクトしか見てなかったです(笑)
私の頭の中の、‘小さなライオンが、野原にたくさん’のイメージが、今日を以て終わりました(笑)
このネーミングの由来を知ってしまった今、
今後はお花より葉っぱを見そう…

うん。でも。
どのフォルムもかわいくて、愛嬌もあって、
癒してくれて、ありがとう。

ついでに調べたら、たんぽぽの綿毛は、
英語で ‘puffball’ とか ‘blowball’とかいうそうで…

…どこまでもかわいい。

考えてみたら‘たんぽぽ’っていう日本語も、
ワード的にも響き的にも、相当かわいいですよね。

で、やっぱり調べてしまったら(笑)
そもそも‘鼓’を表現する小児語だったとか。。。

~以下 Web上より引用~
たんぽぽの別名「鼓草(つづみぐさ)」
茎の両端を細かく裂くと、そり返って鼓のような形になるから。
また、「たんぽぽ」の名は、この鼓をたたいた時の音、
「たん、ぽんぽん」の略が由来、ともいわれる。

……だそうです。

もっといろんなお花の名前の由来を調べたくなった、
今日この頃です…

…そんな、「たんぽぽ」モチーフのグッズが登場いたしました!
最新MAU GOODS「MAUホルダー たんぽぽ」です!

1

イメージを綿毛に乗せて、どこまでも飛ばせそうなアイテム。
どこに着地しても、鮮やかに柔らかく、でも時に凛と強く咲くたんぽぽ。
鮮やかな光の夏が、始まる予感がしませんか…?

ご注文、お待ちしております。
ムサビ内の世界堂さんでも販売しております。
どうぞよろしくお願いします。

[総務:ピロイ]

ツイート