‘出た出た書評!’ カテゴリーのアーカイブ

NEWS☆いろいろ紹介されました!

2009年12月8日 火曜日

こんにちは!hyoushi

今日はいい日みたいです。

季刊『d/SIGN』(DEC,2009 №17/太田出版発行)に、

向井周太郎著『デザイン学』の書評が掲載されました。

評者は編集者の古賀稔章さんです。

1頁にわたり、とても丁寧に評していただきました。

ありがとうございます!

また『d/SIGN』には、弊社刊『ドボク・サミット』にご寄稿いただいた

石川初さんの連載[景観を見る眼]も必見です。

そしてその『ドボク・サミット』の販促グッズとして

作った缶バッジが、なんと!

『「ご自由にお持ちください」のデザイン』

(10/20発売 / ピエ・ブックス発行)で紹介されました。

編集者・凹山人がひとつひとつ真心込めて、

夜な夜な(文句をこらえつつ)手作りした缶バッジが紹介されるのは、

とても嬉しいです。

bage

また、同じく販促グッズで作った“しおり”が紹介されました。

紹介のされ方がまたオシャレです。

さすが“かわいい本”の老舗(?)です。

shiori

今年も“しおり”デザイン募集しています。

http://www.musabi.co.jp/topics/091110-1.html

ぜひ、そちらもよろしくお願いします。

[営業 ずっち☆]

ツイート

Newsです!

2009年12月2日 水曜日

営業担当のずっち☆です。どうぞよろしくお願いします。

さっそくですがNewsです。

11/28(土)朝日新聞の「音楽展望」に吉田秀和さんが、

今年読んだ興味深い本の1冊として、

白石美雪さんの『ジョン・ケージ 混沌ではなくアナーキー』(小局刊)を

ご紹介していただきました。

とても光栄です!

おかげさまで書店様、記事をご覧になってくださった方々から

沢山の反響をいただいてます。

そのほかにも、

広瀬大介さんの『リヒャルト・シュトラウス 「自画像」としてのオペラ』(アルテスパブリッシング刊)と、

高橋悠治さんの『きっかけの音楽』(みすず書房刊)の紹介がありました。

こちらも要チェックです!

近々、詳細もWEB上でアップしますので

そちらもご覧ください。

[営業 ずっち☆]

ツイート