‘日常の業務’ カテゴリーのアーカイブ

2017年ー2018年「行く年来る年」ありがとうございました。

2017年12月28日 木曜日

MAUPは明日12/29〜1/4まで、
冬期休業とさせていただきます。

振り返る間もなく、あっという間の1年でした。
MAUP2017年の刊行物は、計7点。

道徳科教育講義』高橋陽一・伊東毅/著
工芸の教育』大坪圭輔/著
現代アート10講』田中正之/編
山崎博 計画と偶然』東京都写真美術館/編 山崎博/著
芸術の不可能性 瀧口修造 中井正一 岡本太郎 針生一郎 中平卓馬』高島直之/著
遠藤彰子 Cosmic Soul』武蔵野美術大学 美術館・図書館/編 遠藤彰子/著
イサム・ノグチ 庭の芸術への旅』新見隆/著
(12月末に書店発売!)

通信教育課程の教科書をはじめ、
今年は展覧会図録を2点も刊行できたのが特徴です。
上記の他にも、大学院修了制作集や通信教育課程の卒業制作集、
通学、通信手帳など、一般流通で販売していない大学の刊行物も
沢山出して参りました。
来年も、順調に刊行できますように。

最後になりましたが、
読者のみなさまに最大の感謝を申し上げつつ、
著者はじめ、本作りに関わっていただいた皆様、
本を売っていただいたみなさま、
大学関係者のみなさま、今年もありがとうございました。
皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
[営業ずっち☆]

ツイート

デザインとコミュニティ

2017年12月27日 水曜日

武蔵野美術大学通信教育課程「コミョニケーション研究Ⅰ」「コミュニケーション研究Ⅱ」の教科書として、来年春に『デザインとコミュニティ』を刊行します。
4色もので250ページ超というボリュームです。

ここでいうデザインとは、制作の場での特化した技能だけを指しているわけではなく、
デザイン的な発想やアプローチでもって私たちのコミュニティに働きかけていこう、ということです。

そうすると、いままで四角四面の立方体だと思っていたものが、じつは正12面体だったことに気づくかもしれない。ほころびのない強固な壁に突破口をいくつも発見し、それらを繫いでいけば有機的なネットワークが構築できるかもしれない。

デザインには、私たちのコミュニティをよりよいものへと変えてゆく、そんな力があるよ、という本です。

じゃ、どうすればそんなことができるのか。
その具体的なアプローチを、4名の著者が豊富な事例・実績を通して論じます。
これまで手がけてきたプロジェクトの写真もたくさん載っているので読んで見て、なるほどと納得していただけると思います。

これから少しずつご紹介していきますが、著者は朝比奈ゆり先生、上原幸子先生、齋藤啓子先生、萩原修先生です。

期待が高まりますよね。

編集:t:eeh

ツイート

気持ちはメリークリスマス

2017年12月19日 火曜日

昨日は、新刊『イサム・ノグチ 庭の芸術への旅』(新見隆 著)、そして『テキスタイル 表現と技法』4刷、『絵本とイラストレーション 見えることば、見えないことば』3刷が、今日は『日本造形史 用と美の意匠』(8刷)と相次いで納品! 12月に間に合った! というのが最初の正直な気持ち。

新刊納品日の翌日、事故なく、お稽古できるかなあ? と予約していたクリスマスのいけばなも、今日はわりとうまくいったので、ちょっと披露を。……といっても、部分ですが。

20171219

しばし、ほっこら、気持ちはメリークリスマスです。

[制作:呑猫]

ツイート

タイトル決まる

2017年12月4日 月曜日

(そうだ、明日の社内会議で年明け2月末に納品する通信教育課程の教科書のタイトルを皆で共有するために書き出さねば)
と昨年の会議資料文書に上書きしようとして、気づいてしまった。

6タイトル進行しているうち、今日現在、ページ数が確定しているものがない。
――昨年の会議資料文書では、ページ数に確定の文字、価格検討の記載もあった!

ページ数が定まっていないことの、意味するところは……
・通しで原稿が確認できない=も、もしかして原稿そのものが届いていない!?
・束幅が確定できない=表紙デザイン、カバーデザイン依頼に影響
・本体価格の確定が遅れる
などなど。

今の時期、再校をプロの校正者さんに確認していただいているのが
理想の進行なのだけれどなあ。

タイトル決まる。
しかし、である。むむ。

[制作:呑猫]

ツイート

金曜日は罪作りである

2017年11月24日 金曜日

週末だというのについさっきまで呑猫が残っていました。今まだずっち☆とt:eehが残ってます。
さっき、ずっち☆が「金曜日ですよね…ブラックフライデー」とぼそっとつぶやいて通り過ぎました。
なんじゃそれは? 
「しばらく前はプレミアムフライデーと騒いでましたが、いまはブラックフライデーと言うんだとテレビで盛り上がってましたよ」。ずっち☆の乾いた笑いがmaupに響く文字どおりのブラックフライデーです。

デザイナーとの打ち合わせがあり、続いて著者の一人と打ち合わせをし、許可をいただく方たちにお手紙送っていたらもうこんな時間。
終わらないのだ。楽しいことはあっと言う間に終わっちゃうのに。
ままならないことこのうえないのである。

これもあっというまに終わってしまうものの一つ。晩秋の空の色。

デザイナーとの打ち合わせの後、外階段で空を見上げたら、雲がばら色に染まっていて、なんて見事な雲のパレード!!と思い、写真撮るためにスマホを持って戻ったら、ばら色ではなかったという…。10秒も経っていない(と思う)のに。ボケボケですが、せっかく撮ったのでアップします。

あっという間に終わってしまうものをひたすら愛惜するのは、
これもいわゆるひとつの弱さデスカネ。

KIMG0609

編集:t:eeh

ツイート

師走はまだだが…『イサム・ノグチ〜』

2017年11月22日 水曜日

「滞りなく、ミスなく、余計出費はせず、完成度高く」をモットーに働く、制作・呑猫です。
そのためには余裕ある進行が必須なのですが……、今日はまだ11月、師走ではないのに、構内を走り回る1日でした。
MAUPメンバーは走り慌ただしくする私は迷惑の塊でしょうが、今年中に納品するためのモロモロのための、はずせない1日だったのでした。

という前おきはさておき。
今年中に納品させる、新見 隆/著『イサム・ノグチ 庭の芸術への旅』の色校が出校!
四六判 上製 328ページ(口絵8ページ4色刷)という仕様。
表紙をチラ見で公開しますね。
20171122
↑(新見 隆/著『イサム・ノグチ 庭の芸術への旅』表紙 部分)

あくまで部分です。
カバーを外したら、現れてきます!
NTラシャ 黒に特色シルバーで刷りました。
デザイナーの馬面俊之さんによれば「よくやるよ」と、いわれていたのですが、入稿データはレントゲン写真みないなものなので、明けてびっくり玉手箱! だったのでした。

『イサム・ノグチ 庭の芸術への旅』は、諸事情で初日には間に合いませんでしたが、
大分県県立美術館「20世紀の総合芸術家 イサム・ノグチ-彫刻から身体・庭へ-」[11月17日〜2018年1月17日]会期中にはおめにかかれるようにいたします。
東京などで巡回展も企画されているそうなので、先にお読みいただければ幸いです。
(*詳細情報を11月中に本webでアップしたいと思っています!)

MAUPとしては、11月27日から本学・12号館地下展示室でスタートする遠藤彰子先生の展覧会の図録も強力プッシュ!
図録の詳細を本webでアップしています。
ご覧くださいませ。

[制作:呑猫]

ツイート

来年も!神保町ブックフェスティバル

2017年11月6日 月曜日

諸先輩方にいろいろとお聞きして、初めて出店した神保町ブックフェスティバル。
昨日、最終日のみ、当番をした呑猫です。
お隣さんは2日間のみの出店で、ワゴンがあいていたところ、実行委員会の方が「使っていいですよ」と神の声。
そんなわけで、中央公論美術出版さんと1つずつワゴンを使わせていただきました。

20171106

「てぬぐい、ありませんか?」(すみません、売り切れちゃったんです)
「ブックカバーはありませんか?」(素敵な商品があるんですが、今回もってこなかったんです)
などなどの受け応えのほか、
書籍を手にして購入を悩んでいるお客さまには、内容などをお伝えして、ちょいとプッシュ攻撃。
目玉のひとつ『保田龍門・保田春彦 往復書簡 1958-1965』は、そのプッシュ攻撃がしかけられないまま、撃沈。
ささやかな売上目標を達成できたので、来年こそは! と思う次第です。
……すべて中央公論美術出版さん、あってのことなのですが、来年もぜひ!
日常の業務のなか、スペシャルな1日でした!

[制作:呑猫]

ツイート

10月の台風が去って

2017年11月1日 水曜日

今年10月は、関東では2回連続しての、週末の台風でしたね。
武蔵野美術大学の今年の芸術祭は、10月27日(金)から29日(日)でしたが、この日も台風が接近。
写真の通り最終日29日日曜日は、
いつもは中央広場の出し物で賑わうのですが中止が相次ぎ、傘の行列になりました。

2017年10月29日午後、武蔵野美術大学中央広場あたり

2017年10月29日午後、武蔵野美術大学中央広場あたり

この場で何度か、春からの教育勅語ブーム(?)で、弊社の『道徳科教育講義』が引用されたりしたことをお伝えしました。この10月5日には岩波書店からブックレット『教育勅語の何が問題か』が出され、11月下旬にも岩波書店編『徹底検証 教育勅語と日本社会』が刊行されると伺っています。2018(平成30)年度からの新しい「特別の教科である道徳」のスタートは静かであってほしいと願っていますが、1891(明治24)年の文書による台風は、しばらく続くかもしれません。

〔ケロT取締役〕

ツイート

『芸術の不可能性』色校連日

2017年8月30日 水曜日

『芸術の不可能性』の色校正や白焼きが連日届いています。
今日は、待ちに待ったカバーの色校がやってきました!
用紙はアラベール ホワイト。こちらにスミ1色+マットニス+UV厚盛(グロス)を施してもらいました。
デザイナーは寺井恵司さん。『ジョン・ケージ 混沌ではなくアナーキー』にはじまり、『必然的にばらばらなものが生まれてくる』『マルチメディアを考える』などなど
いつも少ない予算でかっこいい仕上がりにしていただいています。ありがとうございます。

書影をWEBでご紹介するのは難しく、平面的なスミ1色刷にみえるでしょうが、
撮影してみるとアップはごらんのとおり。

20170830

しかし、これも正しい魅力的な姿がうつされていない。明日、ちゃんとスキャニングしよう!
ちなみに今日、編集担当のt:eehは、この色校をなんども眺めてうっとりしています。

[制作:呑猫]

ツイート

MAUPの夏休み 8/11〜8/15

2017年8月10日 木曜日

みなさま、お暑うございます。
Informationでご案内しておりますが、
MAUPは、8/11(金)〜8/15(火)まで
夏期休業とさせていただきます。
その間、商品の発送、お問い合わせへのご返答・注文に関するご連絡は休止させていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご了承くださいますよう
よろしくお願いいたします。

しかし、夏休みですよ!嬉しい。。。
いやMAUPでは、この間、なぜか苦しむ人も多く
喜んでばかりはいられない。
なぜなら、刊行が待っているから!!

9月28日書店発売予定の高島直之著(武蔵野美術大学教授)
芸術の不可能性』は、編集:t:eeh担当。
その様子は8/7ブログご参照ください )
今まさに追い込まれ中です。

そんな中私は、申し訳ないっ!ごめんねっ!と思いつつ、
皆より早めに夏休みをいただき、
家内の実家、三重県の北牟婁郡紀北町へ行って参りました。
しかし片道5時間半ですよ!
秘境といっても過言ではない。

だからこそある自然。

みなさまにほんの少し、納涼のお裾分けです。
     ↓
1_kawa002
▲秘密にしておきたい、でも知って欲しい。
魚飛渓(うおとびけい)です。

2_kawa004
▲ 8/7(月)にあった猛烈な台風の後の川なので、
いつもより濁っていて荒々しい。

3_kawa003
▲心霊写真ではない。
大きさがわかるように自分の写真をば。

4_kawa005
▲このエメラルドグリーンは、最近は“魚飛ブルー”と言われてるんですって。

5_kawa006
▲自然信仰のある熊野古道のそばです。

ああ、いま机にがんじがらめの著者のみなさま、
そして編集者たちから、恨まれそうですが、許してください!
また新刊&販促に向けがんばります!!

どうぞ皆さま、熱中症などご注意しつつ、
2017年の夏を謳歌できますように。
[営業ずっち☆]

ツイート