‘イベントのお知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

展覧会「戸谷成雄―現れる彫刻」

2017年10月16日 月曜日

MAUP刊行の『絵画 アートとは何か』『絵画 素材・技法』の著者のお一人でもある、ムサビ彫刻学科・戸谷成雄先生の退任記念展が本日より開催されています。

戸谷成雄―現れる彫刻
Shigeo Toya – Sculpture to Emerge

toya_poster-r

会 期|2017年10月16日(月)-11月11日(土)
休館日|日曜日、祝日、10月30日(月)
    ※10月29日(日)は特別開館
時 間|10:00-18:00
    (土曜日、特別開館日は17:00閉館)
入館料|無料
会 場|武蔵野美術大学美術館 展示室2・3、アトリウム1
主 催|武蔵野美術大学 美術館・図書館
協 力|ケンジタキギャラリー シュウゴアーツ 
    武蔵野美術大学 彫刻学科研究室
監 修|田中正之
    (武蔵野美術大学 造形文化・美学美術史研究室 教授)

詳細は展覧会サイトでご確認ください。 → こちら

会期中に関連イベントも行われます。

作家によるギャラリートーク
日 時|2017年10月21日(土)16:30-17:30(予定)
会 場|武蔵野美術大学美術館 展示室2・3、アトリウム1
参加方法|入場無料/
     先着順(予約不要)/直接会場へお越しください
出演者|戸谷成雄(武蔵野美術大学 彫刻学科教授)

シンポジウム「彫刻再考:戸谷成雄をめぐって」
日 時|2017年11月4日(土)14:00-16:30(予定)
会 場|武蔵野美術大学 美術館ホール
参加方法|入場無料/
     先着順(予約不要)/直接会場へお越しください
出演者|北澤憲昭(美術評論家/武蔵野美術大学客員教授)
    拝戸雅彦(愛知県美術館 企画業務課長)
    鈴木勝雄(東京国立近代美術館 主任研究員)
    田中正之
    (武蔵野美術大学 造形文化・美学美術史研究室 教授)
概 要|戸谷成雄が提示してきた「彫刻」とは何だったのか。もの派以降戸谷が再構築してきた彫刻の今日的な意味を改めて考えます。

この先しばらく悪天候が続くようですが、会期中には芸祭(芸術祭2017サイト → こちら)などもありますし、是非お出かけください。

美術館や民俗資料室ギャラリー、gFALで開催されている、他の展覧会もお見逃しなく。

美術館:
やきものの在処(ありか)
Where is your Ceramic?
詳細 → こちら

武蔵野美術大学のデザイン教育アーカイブ
タイポグラフィ教育 2
タイポグラフィデザインの楽しさを探る/田中晋の教育の軌跡
詳細 → こちら

民俗資料室ギャラリー:
しめかざり ―祈りと形―
Shimekazari-formation of people’s devotion
詳細 → こちら

gFAL:
所彰宏 見えないことで見えること
詳細 → こちら

(編集:凹山人)

ツイート

第27回神保町ブックフェスに社名がないっ!

2017年10月13日 金曜日

2017年11月3日(祝)から5日の日曜日までの3日間、
神保町ブックフェスティバルが開催されます。
今年初めて、中央公論美術出版さんと共同出店と
なったMAUP、大いに張り切っていたところ・・・
プログラムの「参加出版社」に武蔵野美術大学出版局と
記載されていないではないか!
中央公論美術出版さんの社名は、きちんとある。
どういうことだ、これは???
主催者側に問い合わせたところ
「来年からは、どのように社名を記載するかを予め
お聞きします」という説明がずっち☆にあったそうな。
共同出店の場合、社名が長くなりすぎるのも難点らしく、
ともあれ、今年はどうしようもないという。
なんたることだ!

が、いつまでもゴネていてはいけませんね。
3日、4日は、ハムコも機嫌よく店番をする予定です。
みなさま、どうぞ神保町にお越しくださいませ。
[編集:ハムコ]

ツイート

『柳澤紀子 全作品 1964-2017』

2017年10月5日 木曜日

柳澤紀子先生がご退任されたのが東日本大震災のすぐ後(同月末)ですから、早いものでそれからもう6年半も経ちました。先生はムサビを去られた後も、尽きない好奇心に突き動かされるように世界中を駆け回り、精力的に制作を続けられています。
この度、先生の作品集が刊行され、それを記念した展覧会も開催中です。

『柳澤紀子 全作品 1964-2017』
阿部出版、2017年、7,560円(税込)
「油絵からパブリック・アートまで、領域を広げつつ制作活動を続けてきた美術家・柳澤紀子氏の50年以上にわたる画業の集大成となる画集です。 1964年より現在まで手掛けてきた全版画200点以上、ミクストメディア、パブリック・アートを収録。」とのこと。展覧会会場での購入も可能だそうです。

出版社のサイト → こちら

「『柳澤紀子 全作品 』刊行記念展」
会期:2017年10月2日(月)-10月14日(土)日曜・祝祭日は休廊
時間:11:00-19:00(最終日は17:00まで)
会場:養清堂画廊
住所:東京都中央区銀座5-5-15
電話:03-3571-1312

詳細はこちら → 柳澤先生のウェブサイト 
展覧会や刊行記念パーティの様子はこちら → 養清堂画廊facebook 

今週末、7日(土)にはギャラリートーク&レセプションも開催されます(15:00〜)。養清堂画廊は、先日ご紹介した(→ こちら)白井敬尚先生の展覧会が開催されている「ggg」からもすぐ近く。あわせて足をお運びください。

柳澤先生といえば、在任当時に発売を開始した「POSTCARD」は現在も販売中。その後退任された斎藤國靖先生、池田良二先生、そして今年度で任期を終えられる遠藤彰子先生、長沢秀之先生のカードもあります。

「POSTCARD」詳細 → こちら

売り切れ御免、他では買えない「POSTCARD」を是非お求めください。

(編集:凹山人)

ツイート

展覧会「組版造形 白井敬尚」

2017年9月26日 火曜日

本日より、日頃から大変お世話になっているムサビ視覚伝達デザイン学科・白井敬尚先生の展覧会が始まります。

ギンザ・グラフィック・ギャラリー第362回企画展
「組版造形 白井敬尚」

IMG_1_00000709

会期:2017年09月26日(火)~11月07日(火) 
   日曜・祝日休館
時間:11:00am-7:00pm
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F
TEL:03-3571-5206/FAX:03-3289-1389
入場料無料

今日の5時30分よりオープニングパーティが開かれます。

オープニングパーティ
日時:9月26日(火)5:30-7:00pm
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー/DNP銀座ビル2F

関連イベントもあります。来月6日のトークは受け付け終了していますが、その他はまだ申し込み可能のようです。白井先生といく印刷工場見学は大変貴重な機会ですね。興味のある方は、お早めに。
詳細は展覧会ウェブサイトで → こちら

関連イベント
◎ギャラリートーク1
「組版造形とブックフォーマット(ケーススタディ)」
日時:10月6日(金)6:30-8:00pm
出演:白井敬尚
会場:DNP銀座ビル3F
入場無料 要予約 定員70名
*予約受付開始は9月15日(金)11:00amより=予約受付終了

◎ギャラリートーク2
日時:10月20日(金)6:30-8:00pm
出演:榎本了壱×白井敬尚
会場:DNP銀座ビル3F
入場無料 要予約 定員70名
*予約受付開始は10月2日(月)11:00amより

◎DNP秀英体活字倉庫と久喜工場見学
日時:10月25日(水) 久喜駅 1:00pm集合 6:00pm解散
参加無料(現地までの交通費は各自負担) 要予約 定員30名
*予約受付開始は10月10日(火)11:00amより

白井先生プロフィール → こちら

白井先生デザインによるMAUP刊行書籍は以下の通り。ぜひ直にお手にとって、隅々まで配慮の行き届いた白井先生の組版をご堪能ください。

『建築』
(板垣鷹穂/著、丹尾安典/解題)

『武蔵野美術大学のあゆみ 1929-2009』※品切
(武蔵野美術大学80 周年記念誌編集委員会/編)

『線の稽古 線の仕事』
(三嶋典東/著)

『保田龍門・保田春彦 往復書簡 1958-1965』
(保田龍門+保田春彦/著、酒井忠康/解題)
※限定80冊、ブックケースと保田春彦による手描きの新作素描1点付きの特装本もあります。

『カウンターパンチ 16世紀の活字製作と現代の書体デザイン』
(フレット・スメイヤーズ/著、山本太郎/監修、大曲都市/訳)

(編集:凹山人)

ツイート

「未来の幽霊 ―長沢秀之展―」関連イベント

2017年9月15日 金曜日

油絵学科、長沢秀之先生の退任記念展も早くも2週目。

「未来の幽霊 ―長沢秀之展―」

bcb302c3ba41e95e744f36abb378919f1

会期:2017年9月4日(月)-10月1日(日)
休館日:日曜日、祝日
※9月18日(月・祝)・23日(土・祝)、10月1日(日)は特別開館
時間:10:00-18:00(土曜日、特別開館日は17:00閉館)
入館料:無料
会場:武蔵野美術大学美術館 展示室2・3、アトリウム1

ウェブサイト → こちら

明日、16日土曜日には関連イベントが開催されます。

対談2「パラドックス・ビューについて」
出演者:山本和弘(栃木県立美術館シニア・キュレーター)
    長沢秀之(武蔵野美術大学 油絵学科教授)
日時:2017年9月16日(土)14:00-15:30
会場:武蔵野美術大学 展示室3
参加方法:入場無料/先着順(予約不要)/直接会場へ
※定員に達し次第、立ち見となります。

あまりアナウンスされていないようですが、9月18日(月・祝)には追加イベントも行われます。

「長沢秀之によるギャラリートーク」
日時:2017年9月18日(月・祝) 15:00-16:00
会場:武蔵野美術大学美術館展示室2・3、アトリウム1
参加方法:入場無料/先着順(予約不要)/アトリウム1に集合
出演:長沢秀之(武蔵野美術大学油絵学科教授)

座談会「ごじら!談話室」
日時:2017年9月18日(月・祝) 16:30-17:30
会場:武蔵野美術大学2号館1階 FAL 
参加方法:入場無料/先着順(予約不要)/FALに集合
出演:長沢秀之他

「長沢先生ご本人より、今回の展示について、これまでの制作について、お話しいただきます。展覧会初日に行われたギャラリートークとは少し異なる内容をお聞きいただける機会ですので、前回お越しいただいた方も、聞き逃してしまった方も、お楽しみいただけることと思います。
 また、同じく現在2号館FALで開催中の『ゴジラ考 “大きいゴジラ、小さいゴジラ”から』も、長沢秀之氏の企画立案によります。上記ギャラリートークの後に、座談会『ごじら!談話室』を行いますので、あわせてご参集くださいませ。」
とのこと。

ちなみに18日(23日も)は祝日ながらムサビは通常授業日。
普段通り、学食や世界堂も営業しているはずです。
世界堂では長沢先生関連グッズのスペシャルセットも販売中。
先生デザインのてぬぐい(ブルーピンク)1本+作品ポストカード2枚で900円。お買い得です。期間限定フェア「ムサビ書店」も開催していますので、美術書などもあわせてどうぞ。

この連休は台風の動きが気になるところですが、お時間ありましたら是非お出かけください。

(編集:凹山人)

ツイート

アートプロジェクト「落石計画」

2017年8月4日 金曜日

東京地方は、梅雨明けからこっち、ほぼ毎日曇り空。
水不足に加えて、日照不足も心配になる今日この頃。
曇りがちといえば、この時期、霧に覆われることも多い道東で開催される展覧会のご紹介。

落石計画 第10期
「クロニクル 2008 – 2020 ー痕跡と展開ー」

omote

落石計画webサイト → こちら
 
会期:2017年 8月7日(月) ~ 11日(金)
時間:10:00 ~16:00
会場:旧落石無線送信局(現池田良二スタジオ)
住所:〒088-1781 北海道根室市落石西244-4
アクセス詳細は → こちら

【ワークショップ】8月7日(月) 10:00 ~ 14:00 
【ギャラリトーク】8月8日(火) 13:00 ~

ムサビの高浜利也先生(プロフィール等 → こちら)と愛知県立芸術大学の井出創太郎先生(プロフィール等 → こちら)2人のユニットによる、アートプロジェクト「落石計画」です。
「らくせき」ではありません。「おちいし」と読みます。開催地である根室市の落石岬(おちいしみさき)からとられたプロジェクト名になっています。

会場は池田良二先生(ムサビ名誉教授)の個人スタジオ。スタジオといっても、落石岬の草原のなかに佇む鉄筋コンクリート造りの要塞のような建築物。池田先生の作品のモチーフにも使われています(作品集『池田良二アートワーク1975-2016 静慮と精神の息吹』で確認してみてください → こちら)。
もとは旧逓信省管轄の落石無線送信局として建てられたもので、池田先生がスタジオとして使い始めた約30年前は、ほぼ廃墟状態だったと聞いています。その状態からの長い長い改修作業の途中。

2008年から、毎夏、この土地、この建物を舞台に、プロジェクトは進められてきました。そのメインの活動が、スタジオ内に銅版による茶室=対話空間をつくること。

「『落石計画』の目的は、あくまで中継者の立場であらたなコミュニケーションのあり方を模索することであり、茶室というフォーマットに当て嵌めながら、無線局として外に開かれていたパブリックな空間に、究極にプライベートな対話空間を現出させることにある。」(落石計画webサイトより)とのこと。

茶室づくりのほかに、3人の先生方や運営を手伝う研究室スタッフ、学生さん達の作品が展示されます。地元の子どもたちとのワークショップなどを通して、落石の皆さんとの交流も進められてきました。
当初3期3年の予定のプロジェクトがついに10期を迎え、今後も継続される見通し。

展覧会はもちろんですが、その日本とは思えないような落石岬周辺の風景を見るためにも、訪れる価値のある土地だと思います。それに何といっても、涼しいし、いろいろなものが美味しい。
日本の最東端に近い土地。なかなか難しいかもしれませんが、機会がありましたら是非是非。

(編集:凹山人)

ツイート

【ムサビ生&OBOGの皆さまへ】しおりデザイン募集!2017[再告知]

2017年7月26日 水曜日

すでにご案内させていただいております、
オリオン書房ルミネ立川店様で開催予定の
しおりデザインコンペのデザインを
まだまだ大募集中でございます

しかしながら、
〆切が8/1(火)までとなっております。

うーん、日にちがなくて焦ってしまいますね。
担当者の私としてもだいぶ焦っております・・・。

ムサビ生&OBOGの お力をお借りしたく、
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

すでにご応募いただいた方には大感謝です。
無事に開催できるよう、がんばります!

応募についての詳細はこちらへどうぞ!
[営業ずっち☆]

ツイート

元田久治展/ながさわたかひろ展

2017年7月25日 火曜日

現在、今年4月よりムサビ造形学部油絵学科准教授に着任された、元田久治先生(プロフィール → こちら)の展覧会が開催されています。

「元田久治 – Towers」
会期:2017年7月14日(金) – 8月13日(日) (月曜休廊)
時間:11:00 – 19:00
詳細 → こちら

会場:アートフロントギャラリー
住所:東京都渋谷区猿楽町 29-18 ヒルサイドテラス A棟
連絡先:tel : 03-3476-4869/fax : 03-3476-1765
アクセス情報 → こちら

元田先生は、実在する建築物が廃墟化した姿をタブローやリトグラフで描き続けていますが、3.11以降、作品中の虚構が現実となったような様々な光景を目の当たりにし、また自分の作品を見る者の意識の変化が感じられ、制作・発表することが躊躇われる時期があったとうかがっています。そのような期間を経て再び動き出した元田作品は、私たちにどのような世界観を提示してくれるのか。リトグラフの精緻で繊細な筆致なども見所です。是非、直にご覧いただきたい展覧会です。

次に、今週末から開催されるのが、こちらの展覧会。

「インプリントまちだ展 2017:絵描き・ながさわたかひろ、サッカー・FC町田ゼルビアでブレイク刷ルー!」
会期:2017年7月29日(土)- 9月24日(日)
(月曜休館、ただし9/18祝月は開館、翌9/19火休館)
時間:平日 10:00 – 17:00 (入場は16:30まで)/土日祝 10:00 – 17:30 (入場は17:00まで)
詳細 → こちら

会場:町田市立国際版画美術館 企画展示室2
住所:東京都町田市原町田4-28-1
連絡先:tel :042-726-2771・0860・2889/fax:042-726-2840
アクセス情報 → こちら

ここでも度々紹介しています、ムサビ版画OBながさわたかひろさんの展覧会です。これまでも、プロ野球チームやプロサッカーチームを描くことで応援し、応援することでともに闘うチームの一員と正式に認めてもらうことを真剣に目指し活動してきたながさわ画伯。ただいま追いかけているのはプロサッカークラブ「FC町田ゼルビア」。画伯自身、町田に住まいを移し、今シーズンの試合をじっくりと描いています。
版画美術館が2020東京五輪にむけて打ち出した展覧会企画「インプリントまちだ展」(※本展の展覧会概要をご覧ください)の第一弾としての開催です。全館ではないにせよ、けっして狭くはない展示室を使っての個展。ご本人、気合いが入っています。関連企画も多数。毎週日曜日の午後には、画伯が会場にいらっしゃるとのこと。
同時開催の「紙の上のいきものたち!!」展(詳細 → こちら)や「シリーズ現代の作家 舩坂芳助」展(詳細 → こちら)とあわせて、是非ご覧ください。

(編集:凹山人)

ツイート

「ジャコメッティ展」イベントのお知らせ

2017年7月14日 金曜日

連日暑い日がつづく東京地方。梅雨明け宣言はまだですが、昨日今日と吉祥寺校から鷹の台校へ、夏期スクーリングの荷物を運ぶ作業が行われており、いよいよ夏の到来を感じさせます。

そんな中、東京では注目の展覧会が複数開催中。
その中でも、この週末はこの展覧会に注目。

国立新美術館開館10周年
「ジャコメッティ展」

会期:2017年6月14日(水)~ 9月4日(月)
毎週火曜日休館

開館時間:10:00-18:00
※毎週金曜日、土曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで

会場:国立新美術館 企画展示室1E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

美術館webサイト → こちら

明日、ムサビに縁の深いお二人が関連イベントに登場します。

対談「ジャコメッティを眺めてあれこれ考えてみる」
講師:袴田京太朗(彫刻家)× 冨井大裕(美術家)
日時:7月15日(土)17:00-19:00(16:30開場)
会場:国立新美術館 3階研修室AB
定員:70名
当日、整理券を配布します。(定員に達し次第、配布終了)
整理券は14:00から開場10分前まで1階中央インフォメーションで配布します。(お1人様1枚)
聴講は無料ですが、本展の観覧券(半券)が必要です。

当イベントなどに関するサイト → こちら

「制作者の立場から、ジャコメッティの使用した素材に注目し、彼の彫刻について語りつくしてもらいます!」(国立新美術館)とのこと。ご都合のつく方は、展覧会の鑑賞とあわせて是非。
この週末も東京地方は暑い模様。くれぐれもお気をつけてお出かけください。

(編集:凹山人)

ツイート

東京都美術館「境界を跨ぐと、」展のご紹介

2017年6月26日 月曜日

東京地方、晴れれば夏の日射しが照りつけますが、基本、梅雨空が続いています。
気がつけば、ムサビの前期授業もあと2週間。夏休みが、もう目の前です。学生さん達はその前の大きな壁=講評に向けて、必至の作業が続く日々を過ごしていることでしょう。

今日も展覧会のお知らせ。

第6回 都美セレクション グループ展 
「境界を跨ぐと、:To the other side of the boundaries,」

18301759_1374198412669135_3209047531891615113_n

会期:6月25日(日)~7月6日(木) ※7月3日(月)は休室
時間:9:00〜17:30(6月30日は20:00まで)
会場:東京都美術館 ギャラリーC
(東京都美術館サイト → こちら

その他関連サイト等 → Twitter Facebook

2015年に開催された「武蔵美×朝鮮大 突然、目の前がひらけて」展のその後の展開。
学生時代、ムサビと朝鮮大の境界に接する工房で長い時間を過ごした自分にとって、お隣はいろいろな面で気になりつつも、その境を越えて交流することなど発想できない存在でした。気になるだけでは済まさず、疑問を持ち、可能性を探り、実際の交流のみならず、表現として「境界を跨ぐ」ことを実現した作家達に敬意を表します。

会期中、以下のトークイベントも行われるようです。

●ゲストによるトーク
6月30日(金) 18:00〜19:30
Guest: 会田誠氏(美術家)

●アーティストによるトーク
7月2日(日) 14:00〜15:30

《バベルの塔》目当ての駆け込み来館で大変な混雑が予想される時期(7/2まで)ではありますが、上野にお出かけの際はお忘れなく。ギャラリー観覧は、無料です。

(編集:凹山人)

ツイート