2012年1月 のアーカイブ

混沌ではなくアナーキー

2012年1月31日 火曜日

ブログのタイトルは、
MAUP刊行の書籍のサブタイトルです。
なんのこと?と、
とても興味が湧くサブタイトルだと思いませんか?
誰のことだと思いますか?

答えは、「ジョン・ケージ」です!

著者の白石美雪先生がとても想いを込めて
名付けられたことを思い出します。
私、個人的にも
とても気にいっているタイトルの一つです。

さてさて、
今年2012年に
ジョン・ケージは生誕100年を迎えます。

MAUPが2009年に刊行した白石先生著の
ジョン・ケージ 混沌ではなくアナーキー」が
にわかに注目を浴びています。

早くも秋田の書店さんで、
フェア用の注文をいただきました。
ありがとうございます!
今年は記念イベントもあちこちで行われるそうです。
(その情報はまたの機会にお知らせします)

もっか担当編集者のt:eehと営業担当の私とで、
独自のジョン・ケージフェアを検討中です。

そういえば、
生誕百年って他にどのような方がいるのかと
ネット(データ資料:ストローワラ)で調べてみましたら、

アメリカの芸術家、
ジャクソン・ポロックさん。

インテリアデザイナーの
剣持勇さん。

英文学の
吉田 健一 さん。

小説家だと、
壇一雄さん、森敦さん、武田泰淳さん。

ブルースマンの
ライトニン・ホプキンスさん。

映画監督の
木下 恵介さん、
現役でバリバリご活躍中の新藤兼人さん。

などなど、

そうそうたる方達がいらっしゃいます。

百年はだいぶ昔だな〜と思いますが、
こうして名前を見ていると
むしろナウイ(言い方が古い?)というか、
新しい文化を切り開いてきた方ばかりで、
むしろ新鮮です。

さ、企画書作らなくては。
「混沌ではなくアナーキー」なフェアがしてみたい。

興味のある書店員様、ぜひご一報を!

[営業ずっち☆]

ツイート

内野手の気分

2012年1月30日 月曜日

印刷媒体に関わる仕事をずっと続けています。でも、雑誌と書籍は別モノだし、今、同じ職場で書籍をつくっていても、1色モノ(1色刷)と4色モノ(4色刷・カラー印刷)では使う体力が違う感じ。
同じフィールドで野球をやっていても、外野手と内野手の動きが違うといえばいいのか……そう、4色モノをやっている今は内野手の気分。走者が出たら(トラブルが発生したら)、想定すべきことがたくさんになって、守りが煩雑になってしまう……。

本日夕方、その4色モノ『新版 版画』の色校正が無事出校。完全データ入稿を掲げているので、ここが入稿してから2ヤマ目クリアというところでしょうか。明日は、4色モノ『新版 graphic design』の色校正出校予定。このまま、どちらも納品まで走者なし、で続けたいものです。

[制作:呑猫]

ツイート

日曜日の更新

2012年1月29日 日曜日

金曜日のブー当番は、わたくしハムコでした。
はい、またしてもすっぽかしてしまいました。
言い訳をすると、壮絶な風邪をひき、、、
土曜日はもちろん、新宿サテライトのシンポジウムを聴講。
なにしろ報告書をつくらねばなりませんからね。
日曜日も、新宿サテライト。
展示の撮影はカメラマン宮下さんにお願いして、
合間にシンポジウムの先生方に、報告書の刊行スケジュールを
お話しして、お原稿お願いしつつ。。。
このブログに書きたいことはいっぱいあるのに、
本日はチカラ尽きました。
へなちょこハムコ

ツイート

ご案内

2012年1月26日 木曜日

今日はなんだか、AKBの「ヘビーローテーション」がヘビーローテーションな一日でした。


Iwantyou〜
Ineedyou〜♪♪

アタマ ノ ナカ ♯♭

…失礼。

もとい。

明日から新宿サテライトにて、「造形ファシリテーション展示会・シンポジウム」が29日まで3日間開催されます。
ぜひ足をお運びいただき、見て聞いて話して、感性の会話の場を感じてみてはいかがでしょうか…

MAUPでも、ワークショップ本が充実してきております。ワークショップ本全て、現場で販売いたしますので(特別価格にて!)この機会にぜひっ!

通販も有り難いですが、やっぱりお顔を見て販売させていただける機会は更に嬉しく有り難く感じます。
ご来場をお待ちしております。

[総務:ピロイ]

ツイート

大失敗です

2012年1月25日 水曜日

東京国立博物館で開催中の特別展「北京故宮博物院200選」に出展されている(いた)張択端筆の「清明上河図」。皆さん、ご覧になりましたか?

私も是非見たいと思っていたんです。

それが……、実物の公開が1月24日(火)、つまり昨日までと、今日知りました。

同じく見たいと思っていたt:eehと二人「なんでー!?」と悲嘆に暮れました。とほほ。

「神品」「中国が世界に誇る至宝、清明上河図ついに国外へ」と最上級の文言が並ぶ広告を横目に、何とか混まない中でじっくり見られないものか、などとトーハクでは絶対にあり得ないことを妄想しているうちにこの有様。

会期は2月の20日頃までということは頭に入っていましたが……参った、参った。

絶対見に行こうと思っていたのに。

ちなみに、今日からは印刷複製が展示されているのだとか。もう行かない。

 

気をとりなおして、近日開催予定のムサビ版画がらみの展覧会を3つご紹介。

 

まずは、神田神保町の文房堂ギャラリーで行われる「弘益大学×武蔵野美術大学」大学院版画コース1年交流展。例年なら秋頃に行われる大学院1年生の展示が、今年は卒業制作展とほとんど変わらない時期に。ただでさえ大混乱する版画工房。大丈夫だったのかな? 今回は韓国の公益大学との交流展ということで、この後韓国でも展示する予定とのこと。皆、気合入っていると思います。

 

「弘益大学×武蔵野美術大学」大学院版画コース1年交流展

1.30(月)−2.4(土)

10:00 – 18:30 / final day 17:00 会期中無休

・ レセプション2.3(金) 17:00~

文房堂ギャラリー

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-21-1

 

つぎに、ムサビ版画のOBの展示をふたつ。

二人ともリトグラフで作品作っています。

 

鎌田有紀展(リトグラフ)

1.30(月)−2.4(土)

11:00 – 19:00 / final day 17:00

養清堂画廊 〒104-0061東京都中央区銀座5-5-15

 

『種子の記憶』近藤英樹展(リトグラフ/立体)

2.6(月) − 2.11(土)

12:00 – 19:00 / final day 17:00

巷房 〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル

 

是非、足をお運びください。

 

しかし、見たかった……。

 

(編集:凹山人)

ツイート

雪のあと

2012年1月24日 火曜日

昨日の夜9時すぎからMAUPのある吉祥寺界隈でも雪が降り始め、あっという間に積もりました。ぼたん雪が止めどなく、9時半には美大通りのアスファルトの上しっかり積もってました。

えらいことだ、早く帰らねば転ぶ…。幸いなことに転ばなかったけれど、何度も滑り、その度にマスクの中で叫び、帰ったのでした。いま思えば、一番雪がひどい時間に歩いて帰ったらしい。

24日15時過ぎのMAUPとその界隈です

 正面に見えるのは鳩小屋と呼んでる人もいる4号館。下に見えるのは3号館のテラス(と呼んでいいものか…)。鳩小屋の上、雲の切れ間から光がさしてに鳥が飛んでいる。なんだかかっこいい。とんび? からす?  

 

 

 

 

 

 

 

 

朝方、屋根の上の雪が滑り落ちる音に怯えた猫がピーピー鳴くので起きて、ついでに庭先から門扉のまわりの雪かきをちょっとだけやってみた。すでに凍っている所もあって、革靴での通勤通学はさぞや怖かろうと思ったけれど、お昼頃にはお日様の光でほぼ融けていました。

お日様の力ってすごいねぇ。そして私は冷えた体を暖めようとコタツに入り、つい二度寝してしまい…大変なことになったのであった。

編集:t:eeh

 

ツイート

【フェア情報】早稲田大学生協にてフェア27日まで!

2012年1月23日 月曜日

以前よりお知らせしております、

早稲田大学生協の大学出版部協会ブックフェアが、いよいよ27日までです。
コーププラザブックセンター、戸山店、理工店での同時開催。

小局の本も沢山ならんでいます。 ぜひ足をお運びください。

 

と、いいつつ今夜から再び雪が降りそうな気配です。

みなさまお出かけはご注意ください。

風邪などひかれませんように。

[営業ずっち☆]

 

 

ツイート

ツギハギ チカラワザ

2012年1月20日 金曜日

最近、ふと思い出すことがある。実家をリフォームしたときのこと。新築して間もなく家族になった愛猫が、19年の生命をまっとうしてこの世を去ったのち、思い切ったリフォームを敢行した。台所と祖母の部屋の位置を逆転させるというもので、当時すでに東京在住の私は、ときどき帰省するや、その「途中経過」にブルブルした。まさにツギハギ。いくら田舎とはいえ防犯は大丈夫か? いちからつくったほうが、実はラクなのではないだろうか? と。

今、進行している新刊のテキストもまさに、そんな状態。4色ものは2タイトルあり、どちらも新版。以前の使えるデータを流用しようと、それはもうツギハギ的なリフォーム状態で、形をつくっていった。なにせ2002年、2004年当時とは、入稿方法も違うので、使えるデータというのも限りがあったり……昨夏はときどきナミダ目になっていた。

 

そして、本日1タイトル『新版 版画』をめでたく入稿! あとひと山も週明けには越えられる見込み!

 

[制作:呑猫]

ツイート

東京は初雪でした!

2012年1月20日 金曜日

今日は、東京で初めての雪でした。
とても寒い。

私は寒がりですが、
仕事で、書店さんをまわることが多く、
厚着をしていると暖房がきいている店内など、
汗だくになるので、
着るモノにとても気をつかいます。

コートも書店さんに行くと脱いでご挨拶するので、
なるべくかさばらないようなモノを選びますが、
こう寒くては、こだわっていられません。
汗だくで、コート片手に、傘を持って、
デカ鞄から書類をだして、
それがシワシワに…なーんて、
なんとも情けない感じですが、
ほかの出版社営業の方を見かけると
とてもスマートに見えます。
(たまーに同類の方もいらっしゃるかな)

また、営業での必需品が水です。
昨年の地震があったので、それ以降は
かならず鞄に入れてあります。

水筒を持ち歩けばいいようなものの、
無精でついつい自販機で買っていきます。

MAUPの最寄り駅は吉祥寺ですが、
吉祥寺駅ちかくにある中華料理店の前の
自販機には、通常110円ぐらいのお水が、
お得な値段で販売しています。

これは誰かに教えてあげたい、
と思いつつ、地図がよく分からなくて、
とりあえず自販機の写真だけどうぞ!

さてさて、
12月に刊行した

美術館のワークショップ 世田谷美術館25年間の軌跡

こちらもおかげさまで好評を得てます!
青山ブックセンター本店のフェアも絶賛開催中です。

お近くにお寄りの際は、ぜひご覧になってくださいね。

[営業ずっち☆]

 

ツイート

知らず知らず…

2012年1月19日 木曜日

最近、仕事を通していつの間にか身につけてたワザがあることに気付きまして…

「物を見ずに、片手で取りたい数を取る」という、なんとも地味な、でも結構重宝してたりするワザです。
クロッキー帳3冊とか、5冊、7冊、片手で感覚で取れます!(ほんとに地味な自慢…)ただ、自分の手のサイズからして7冊がMAXですが、全然事足りてます。商品の梱包や棚卸しの時、結構役立ってます。MAUペンとかPOSTCARD BOOKもこの方法でいけます。バッグや手ぬぐいなどの布製品は、チャレンジしてみましたけどなかなか難しいですね。

なんて地味なワザの告白…

よくツアーコンダクターさんが、荷物を持っただけで、機内に持ち込める重量かどうかわかるっていうけど、自分もそれに似た感覚をMAUPで身につけたのかしら…

あ。これも多分お仕事のおかげで身についたと思いますが、スーツケースに荷物を収納するの、めっちゃ上手いです!
(職場のデスクの上はゴチャゴチャなのに…)
…どんな自慢なんだか。

いや、日常の全ての習慣や経験が知らず知らず体に染み込むのだと、改めて実感な訳です。

皆さんも、そういえばいつの間にか…的なこと、探してみてください。

[総務:ピロイ]

ツイート