2014年10月 のアーカイブ

美術手帖→読売新聞

2014年10月17日 金曜日

情熱の新刊、田中功起・著『必然的にばらばらなものが生まれてくる』を、『美術手帖』さんに紹介いただきました。
ありがとうございます!
さらに、本日、嬉しいニュースが! 10月19日読売新聞朝刊の書評に掲載予定とのこと。内容やどなたが書かれたのかは、わからないのでMAUPメンバーもドキドキです。ご注目くださいませ。

[制作:呑猫]

ツイート

秋の蜘蛛

2014年10月16日 木曜日

2週続けて台風が来る前9月のおわり頃、窓の外に蜘蛛がそれはそれは見事な巣をかけまして、
あんまり見事なので窓から庭に出入りするのを控え、蜘蛛の様子を見てました。
規則正しく放射状に延びた銀色に光る蜘蛛の糸ですもん。それが日毎大きくなっていく様は勇壮な気すらしましたね。
立派なわりに獲物はほとんど掛かってなくて、蜘蛛にはお気の毒ですが、銀の糸の見事さときれいな細工を楽しんでました。
あまりにきれいなので写真に撮ってみました。
DSC_0535
写るわけがないとは思ってましたが、笑っちゃうほど写ってないっ!!
左下と右上にキラリと光る銀のラインが蜘蛛の巣のどこかの部分なんですが、繰り返すけど全貌がまったくわからない。

「朝の蜘蛛は殺すな」だったか
「夜の蜘蛛は殺すな」だったか、
小さい頃そう強く禁止された記憶があって、どっちなのか忘れてしまったので、蜘蛛は殺さないことにしてます。

蜘蛛が大好きな猫もそのへんは心得ていて、ハシッと小さな前足で押さえてはすぐ放す。
もっとも、昔よく見かけた直径10㎝くらいの茶色い蜘蛛にであったら、猫はいちもくさんに逃げ出すに違いない。
編集t:eeh

ツイート

大曲都市訳『カウンターパンチ』 (4)

2014年10月15日 水曜日

本文2色刷。
濃いブルーとスミ(黒)をテスト印刷で確認する。
 ①女神スーパーブラック(黒)×明るめのブルー
 ②セピアがかったチャコール×落ち着いたブルー
①はシャープな印象、②は想像以上にかわいい。
どっちにしようか、デザイナー白井先生の事務所で
文字通り、額を寄せ合って検討する。

『カウンターパンチ』は、読みやすい本ではあるが
専門性が高い。
この本は、原著者スメイヤーズさんが、
タイポグラファとしてエンジニアの質問に的確に
答えが返せなかったことをきっかけに始まる。
「どうしてだろう?」
彼は推論をしては、古い文献にあたって解答を
見つけようとする。しかし、どこにも答えがなく
・・・ひとつ扉をひらいては、またつぎの扉へ、
宝の箱を探し当てるような愉しさがある。
もともとは、エンジニアに言われっぱなしで悔しいっ
という負けん気(?)から始まるのだが、
そのうちスメイヤーズさんは、この宝探しが
楽しくなってしまう。
その雰囲気をページからあふれさせるには
〈セピアがかったチャコール×明るめのブルー〉
この組み合わせがベストではないか!?

もともと原著の初版は、本文に焦茶を使用し、
ルナールという癖の強い書体を使っていることもあり、
ずいぶんと凝った印象の誌面である。
それが第2刷で、使用書体をオールタンに変更。
一挙にモダンな誌面になったため、本文の刷り色も
焦茶を黒に変更したのではないか(と思っている)
ルナールも、オールタンもスメイヤーズさんの
つくった書体、その違いを日本語版で見せる工夫も
もちろんしています。とってもキュートな本です。
アマゾンでの御予約も始まりました。
[編集:ハムコ]

ツイート

台風過ぎて

2014年10月14日 火曜日

台風19号。東京地方には深夜に最接近しましたが、かなり激しい風雨でした。そして明けた今朝は、まだ風は強いものの、絵に描いたような台風一過。日差しを浴びると、暑いくらいです。
untitled
それにしても、昨日は体育の日ということで、残念ながら中止になったスポーツ関係のイベントもたくさんあるのでしょうね。体育の日に台風が上陸したのは初めてのことらしいですが、考えてみれば元々体育の日といえば10月10日。今年も10月10日は、すでに台風が近づいていた沖縄などを除けば、全国的に概ねよい天気でした。
知っての通り、1964年10月10日は東京オリンピック開会の日。雨が降られては困る。できれば晴天。ということで、過去のデータを元に検討の上に検討を重ねて決められた日だったはず。体育の日となってからも、確かに晴れている印象が強かったですね。見事な選択だったと思います。
そこで思うのが、この先も毎年体育の日にはスポーツ関係のイベントがたくさん予定されるわけで、やはり天候が良い確率の高い10月10日に戻した方がいいのでは、ということ。
連休もありがたいですが、その日が祝祭日になっている理由なども含めてもっと尊重すべきなのではないかなぁ、とも思うのでした。

(編集:凹山人)

ツイート

【刊行記念】田中功起トートバッグ発売!

2014年10月10日 金曜日

必然的にばらばらなものが生まれてくる』の著者で
アーティストの田中功起のめずらしい絵画作品、

「Tofu,color.(豆腐、色)」
「Cream Puff,White(シュークリーム、白)」
がトートバッグになり、本日納品されました。
これは書籍刊行を記念して制作した数量限定のバッグです。

web_tanakabag

「シュークリームバッグ」の縫い糸は 『必然的にばらばらなものが生まれてくる』の はなぎれ、スピンに合わせたレモン色。 「豆腐バッグ」はシンプルに白糸で縫っています。

「シュークリームバッグ」の縫い糸は
『必然的にばらばらなものが生まれてくる』の
はなぎれ、スピンに合わせたレモン色。
「豆腐バッグ」はシンプルに白糸で縫っています。

この “豆腐” と “シュークリーム” の
実際の作品サイズは両方とも、
1620×1303mmと巨大です。

作品の持ち運びは厳しいですが、
このトートバッグならいつでも田中作品と一緒の
気分を味わえるかと思います。

ご自身の作品をグッズにするには
そんなに乗り気ではなかった(?)様子の田中さん。
ところが「シュークリームは切り抜きにしよう!」
と案をだしてくれたり、仕様書の校正をしてくれたり、
ひと肌もふた肌も脱いで貰い、
おかげさまで、キュートな出来映えになりました。
どちらの柄にするか、迷いますね。
ご注文お待ちしています。

またMAUPでは、
平日メール、FAX、お電話でご注文を受付しております。

武蔵野美術大学出版局(MAUP)
◎メール:press@musabi.ac.jp
◎FAX:0422-22-8309

 

「豆腐バッグ」
「シュークリームバッグ」
販売価格:1,500円+税
本体サイズ:H345×W280mm
持ち手の長さ:510×W25mm
素材:綿、転写プリント

[近日販売予定の販売店様]

青山/目黒
ナディッフ
森アーツセンターミュージアムショップ
ジュンク堂書店池袋本店

and more
[営業ずっち☆]

ツイート

天体ショー .。.:*☆

2014年10月9日 木曜日

約3年ぶりという皆既月食、ご覧になられましたか?
赤黒く染まった月が、ちょうどハロウィンな雰囲気たっぷりで…
宇宙の演出、タイムリーだな…と思いましたb

お月様ついでに…
月モチーフの好きな絵本があります。
エリック•カールの『パパ、お月さまとって!』

実際にエリック•カールの娘さんが3才の時に、パパであるエリック•カールに言った言葉。
そのまま絵本になったそうです。

『はらぺこあおむし』でおなじみのエリック•カール。
以前、原画展を見に行ったことがありました。

娘さんとのエピソードが書かれたパネルがありました。
エリック•カールの娘さんが、星(だったか月)を、こう表現していました。

「地球の上は、ドーム状になってて、そこに穴が空いてて、そこから光が見えているんでしょ?」
(もうずいぶん前に行ったので、ちょっとうろ覚えですみませんが、こんな感じだったと思います…)

その時一瞬、足もとが絵本のページ上になったみたいで、ふわっと楽しくなった覚えがあります。

秋ですしね。
お月様のお話でした。

[総務:ピロイ]

ツイート

【受付開始!】田中功起さん×清水知子さん(ジュンク堂池袋本店)トークイベント

2014年10月8日 水曜日

トピックスでもお知らせしていますが、
必然的にばらばらなものが生まれてくる』 の刊行を記念し、
11月25日(火)にジュンク堂書店池袋本店でトークセッションを開催いたします。

受付が本日よりはじまりました。
定員たったの40名です。
これは早い者勝ち! ではないでしょうか。

トークは19時30分より開始ですが、
入場は19時からです。

ご予約されていても、遅い時間に来られると
席が埋まってしまうこともございますので、
なるべくお早めのご入場をお薦めいたします。

会場では、田中功起さんの映像作品を
ご覧いただける予定です。
会場の端っこの席ですと、
見えずらく、残念なことがございますので、
ご注意・ご留意くださいませ。
(端っこになってしまった人は、すみません!)

清水知子さんは、筑波大学大学院准教授でいらっしゃいます。
『文化と暴力―揺曳するユニオンジャック』(月曜社)の
バンクシーの(鼠)グラフィティの表紙はインパクト大!
オモテの帯文はもちろん、
ウラの帯文では、サッチャーが死去された時の
著名人による抜粋コメントで、
ケン・ローチやジョン・ライドンのシニカルな言葉に
心躍ります。

月曜社さんのブログです。
書籍の内容についてはコチラを!
(まったく関係ないですが、
[セックス・ピストルズ/勝手にやったぜ!! ]
のDVDについている特典映像 “ピストルズのロンドン観光案内”
(名称うろ覚えですが)は古き新しきロンドンを知るのに最高の出来映え!)

みなさまにお会い出来るのを楽しみにしています。
ご予約お待ちしています。

お電話でご予約の場合、コチラへ。

ジュンク堂書店池袋本店
■電話番号:03-5956-6111

イベント詳細はコチラへ。

[営業ずっち☆]

ツイート

スメイヤーズ氏11月10(月)課外講座

2014年10月7日 火曜日

大曲都市さん翻訳の『カウンターパンチ』
原作者のスメイヤーズさんがムサビで講演決定!
11月10日(月曜日)16:30から18:00、1号館1階の講義室。
学外の方も聴講ができますので、どうぞお越しください。
通訳はもちろん、大曲都市さん。
「原作者:訳者」の対話も楽しみなところです。

この日は、書店発売に先行して
『カウンターパンチ』定価3800円(税別)のところ
メイヤーズ氏の来日記念特別価格にて販売いたします。
この日ができたての初売りです。

いつも略称の『カウンターパンチ』。サブタイトルは
「16世紀の活字製作と現代の書体デザイン」
え? 16世紀と今とどんな関係があるの?
その鍵をにぎるのが「カウンターパンチ」なのです。
[編集ハムコ]

ツイート

新しい! いや珍しいのか

2014年10月6日 月曜日

武蔵野市は正午ごろにほぼ台風18号が去り、日差しが出ました。
台風一過の酔芙蓉です。咲いたとたん昨日来の雨で重そうに潮垂れてます。
DSC_0563
こう、花を撮る度に、写真が呆けていることを悲しいとしみじみ思います。以前なら、水を吸って溶けそうになっている花びらの表面まで写せたと思う…。いまだに修理に出していないのですが、果たして携帯のカメラ機能は修理可能なんでしょうか?

一方で、こういう写真のボケ具合はぜんぜんへっちゃら。
DSC_0568おつまみミックスの別バージョンをハムコが買って来てくれました。これはなんと、いか天のかわりにドライバナナ。新しい! いや珍しいのか。

t:eehはドライバナナ8個も入ってました。正直に言いますが、うれしい。いか天4個のときもうれしかったのである。

この場合、これに小魚が入って8種入りが正しいようです。
t:eehは小魚のかわりにドライバナナ8個だもん。自慢!! ずっち☆はバナナ3個だそうです。
ハムコは「小魚の頭が2個…」と呟いてました。
凹山人はなにも言わないところを見ると問題なく8種入りだったのか?な?

編集:t:eeh

ツイート

諸行無常?

2014年10月3日 金曜日

今日の東京地方、暑かった。
去年は10月になっても普通に半袖着ていた覚えがありますが、今年はもうすっかり秋、と思っていたらこんな陽気。油断していました。

担当している業務でいうと、来年度の学生手帳の製作が動き始めています。
今回の大きな変更点は何といっても、地図。
学内では鷹の台キャンパスのグラウンドが大移動していたり、国分寺駅北口の再開発に伴う道路の変化など、いろいろとあります。
昨日、実際に作図してくださるデザイナーさんにお願いしてきました。

それにしても、大学の内外を問わず、見慣れた風景がどんどん変化していますね。きれいになったり、便利になったりで、当然良い面も大きいですが、個人的には少々寂しい気持ちにもなります。10年後はどうなっていることやら。

鷹の台1964

写真は、50年前の鷹の台キャンパス(『武蔵野美術大学のあゆみ 1929-2009』2009年刊より)。平らですねぇ。
今は多くの建物の中に埋もれたようになってしまい、そう目立たない存在である4号館(写真左の建物)の特異なデザインが際立っていますね。
完成当時はインパクトあっただろうなぁ。実際、教室として使った者の一人としては使いづらいところもあったけれど、未だに現役なのはうれしいことです。

(編集:凹山人)

ツイート