2017年12月 のアーカイブ

美大でメディアを考える

2017年12月11日 月曜日

月曜日の朝。
おそろしいことに、眼鏡を自宅に忘れてきた。
ゲラのチェックをする日であれば、泣きながら一旦
帰宅せねばならないところだったが、今日の作業は
好きなだけPDFを拡大してパソコン上でできる作業
だったので泣かずにすんだ、と思ったけど、
やっぱり索引づくりは苦しい(涙

「ウェブ」「ウェブサイト」「ウェブページ」
まずい、意識が混濁してきた! 眼も痛い。
索引づくりは、PDFでチェックをして、紙の上でまた
チェックをする、その往還を繰り返すしかない。。。
インデザインの索引機能ですぐにできる、と言う人もいる
けれど、その機能により拾いだされた膨大なデータを
取捨選択するのは、だぁ〜れだ?

あきらめつつ、自らを慰めつつ、目頭を押さえていると、
昨年刊行した『マルチメディアを考える』の著者、
清水恒平先生から、電子情報通信学会の学会誌に執筆した
記事「ユーザインタフェース デザインの視点から」
公開されました、とご連絡をいただいた。
「スマートフォンから見るICT技術」という特集。

ハードウェアのお話なのか、ソフトウェアのお話なのか、
という小知恵が(珍しく)ハムコにめぐるのは、
さっきまで索引づくりをしていたのが
コンピュータリテラシーの教科書だからだ。
メディア音痴のハムコが、こうした教科書の編集担当が
つとまるのか?!
講談社ブルーバックスの編集長が「大学出版」111号
書いてたけど、ブルーバックスの編集者はほとんど文系の
出身なんだって。
えーと、なんの話だっけ。

清水先生の記事、デザインがご専門でない方々に
ぜひ御覧いただきたく、お知らせ申し上げます。
[編集:ハムコ]

ツイート

展覧会情報

2017年12月8日 金曜日

今日の東京地方、弱く陽は射すものの、朝から曇りがち。
夕方には降り出すのかな?

そんな中、毎年恒例、版画関係者にとってはこの時期の風物詩的展覧会が開催されています。

版画の彩展2017 第42回全国大学版画展
会期:2017年12月2日(土)—12月17日(日)※月曜休廊
時間:平日10:00 – 17:00(入場は – 16:30)
土日祝日10:00 – 17:30(入場は – 17:00)
観覧料:無料
会場:町田市立国際版画美術館
住所:東京都町田市原町田4-28-1
電話:042-726-2771・0860・2889
美術館サイト → こちら 

今回も版画を学ぶ学生の力作が全国から一堂に会して、見応えのある展覧会になっています。「観客賞」投票に参加すると抽選で版画がもらえるかもしれない企画や、会期中の土日限定で学生作品の販売等も行われます。詳しくは美術館のサイトでご確認ください。

引き続き、開催中、あるいはこれから開催される、ムサビ版画の先輩や後輩の展示をいくつかご紹介。

濱田富貴展 —混沌—
会期:2017年12月4日(月)—12月23日(土・祝)※日曜休廊
時間:11:00 – 18:30(土曜日 – 17:00)
会場:ギャラリーなつか & Cross View Arts
住所:東京都中央区京橋3-4-2 フォーチュンビルIF
電話:03-6265-1889
画廊サイト → こちら 

原 陽子展 —境目の風景—
会期:2017年12月5日(火)—12月17日(日)※月曜休廊
時間:12:00 – 19:00(金曜日 – 17:00、最終日 – 16:00)
会場:JINEN GALLERY
住所:東京都中央区日本橋小伝馬町7-8 久保ビル3F
電話:03-5614-0976
画廊サイト → こちら 

TOKYO×PRINT×LANDSCAPE II —新しい季節を待ちながら—
ハットリアイコ・門馬英美・吉田庄太郎 協力:岡田晴菜
会期:2017年12月6日(水)—12月17日(日)※月曜休廊
時間:12:00 – 19:00(金曜日 – 17:00、最終日 – 16:00)
会場:GALLERY 子の星
住所:東京都渋谷区代官山町13-8 キャッスルマンション113
電話:03-6416-5919
画廊サイト → こちら 
展覧会サイト → こちら 

若月公平展 —蒼氓 —
会期:2017年12月11日(月)—12月23日(祝・土)※日曜休廊
時間:11:00 – 19:00(最終日 – 17:00)
会場:養清堂画廊
住所:東京都中央区銀座5-5-15
電話:03-3571-1312

朝晩の冷え込みも日に日にきびしくなって参りました。
風邪などひかぬようにあたたかくして、是非お出かけください。

(編集:凹山人)

ツイート

【これから出る本】イサム・ノグチ 庭の芸術への旅 12月下旬発売

2017年12月7日 木曜日

12月下旬に新見隆先生の
イサム・ノグチ 庭の芸術への旅』が
発売になります。

大分県立美術館では、
2017年11月17日(金)から2018年1月21日(日)まで、
20世紀の総合芸術家 イサム・ノグチ
-彫刻から身体・庭へ-
」が開催中。
話題の展覧会です。

書籍と合わせてご注目ください。

[営業ずっち☆]

ツイート

健康いちばん!

2017年12月6日 水曜日

師走ですね…

MAUP、風邪ひきさん多いです。。。

実は私も先日ソウルで、ラストの1日、まさかの風邪をひきました…。
去年もちょうど同じ時期に行ったのに、
体感温度、倍くらい寒いソウルでした (−_−;)
いえ、体感だけじゃなく、実際かなり気温下がってるらしいです、今年。
私が行った11月半ば、ソウルでは初雪が降りました。
( ↑ このことはとても嬉しい出来事でしたけど。。。)

海外での風邪は、しんどい…。

幸い韓国の友人がくれた韓国のお薬が、
とっても合いまして…
飛行機に乗る前に治ってよかったです。

みなさま、忙しい時期だからこそ、
お体に気をつけてください。

一筆箋のようなブログ、すみません…

[総務:ピロイ]

ツイート

時間との戦いじゃ

2017年12月5日 火曜日

って、子供の頃見たアニメで白髪のおじいさんがそんな科白を言ってた気がするのですが、勘違いかもしれません。とりあえず、いま頭の中で「時間との戦いじゃ」という言葉がループしてきれいな螺旋を描いております。教科書制作の過酷さがいっそう身にしみる年末が来てしまいました。楽しい話題を。

12月16日からギャラリーαMでαM2017年度企画「鏡と穴-彫刻と写真の界面」、第6弾の柄澤健介展が始まります。
■αM2017 鏡と穴-彫刻と写真の界面 vol.6 柄澤健介  
企画:光田ゆり
■2017年12/16(土)~2018年2/3(土)
11:00~19:00 日月祝休 入場無料
アーティストトーク:12/16(土)18時~
オープニングパーティー:12/16(土)19時~

一見、ちょっと不思議でよくわからない、だけどとても素敵なDMが届いたんですよ。
年末の慌ただしい時期ですが、しかも風邪が猛威をふるっておりますが(そういうt:eehはマスクしてげほげほ言いながら書いてます)、風邪なんぞに負けないで、みんな見に来てね。

画像アップしようとしたのですが、なんかうまくいかない。ここんところこういうことが多いのはt:eehのおつむがちんぷんかんぷんなせいかもれません。

リンク貼ったのでαMのホームページをぜひご覧ください。
奇妙に心引かれる画像が出てきます。

編集:t:eeh

ツイート

タイトル決まる

2017年12月4日 月曜日

(そうだ、明日の社内会議で年明け2月末に納品する通信教育課程の教科書のタイトルを皆で共有するために書き出さねば)
と昨年の会議資料文書に上書きしようとして、気づいてしまった。

6タイトル進行しているうち、今日現在、ページ数が確定しているものがない。
――昨年の会議資料文書では、ページ数に確定の文字、価格検討の記載もあった!

ページ数が定まっていないことの、意味するところは……
・通しで原稿が確認できない=も、もしかして原稿そのものが届いていない!?
・束幅が確定できない=表紙デザイン、カバーデザイン依頼に影響
・本体価格の確定が遅れる
などなど。

今の時期、再校をプロの校正者さんに確認していただいているのが
理想の進行なのだけれどなあ。

タイトル決まる。
しかし、である。むむ。

[制作:呑猫]

ツイート

店頭平積み、いいな

2017年12月1日 金曜日

弊社刊行の伊東毅先生のご共著『道徳科教育講義』からスピンオフ(うん、かっこいい)のかたちで、いろいろなご本で引用やご参考をいただき、感謝です。

11月22日には岩波書店編集部編『教育勅語と日本社会』が刊行され、弊社の書籍も引いていただきました。ありがとうございます。

発売されて町の本屋さんに行くと、平積みされていました。国立市大学通りの老舗、増田書店様では、地下1階の人文書のコーナーで平積み。書店員様のご許可をいただいて記念に撮影しました。ありがとうございます。

国立市増田書店様の店頭にて

国立市増田書店様の店頭にて

つづいて、大阪駅の紀伊國屋書店梅田本店(阪急梅田駅)にいくと、一般新刊書の目立つコーナーで平積み。弊社の名刺をお渡しして撮影の許可をいただきました。ただ弊社の本ではないのですが。ありがとうございます。

大阪市紀伊國屋書店梅田本店の店頭にて

大阪市紀伊國屋書店梅田本店の店頭にて

平積みって、いいですねえ。
弊社の新刊も美術書で平積みしていただけることがあるのですが、目立つ一般の新刊コーナーは、やっぱり天下の岩波書店です。
すごいですね。

新刊店頭の平積みしていただける出版社をめざしてがんばります。

〔ケロT取締役〕

ツイート