2015年4月 のアーカイブ

嗚呼!256頁

2015年4月15日 水曜日

ハムコは新刊を256頁におさめるために、いわば超過しないようにいそしんでいますが、私と凹山人は、256頁にたどりつかなくて、涙になってきつつある日々。「大学院修了集」の話です。

今年は、MAUPがうけおって過去最高の256頁になることが決定しています。美術専攻の原稿整理が終わって、その分は私が組版をはじめていますが、「去年はデータを渡してから2週間でかえしてもらった」と凹山人にいわれ、だから組版して初校を出校するのは4月20日なのですが……。
自分で調整できない、依頼モノを優先していたら厳しい状況。それを告白すると、ひきかえにデザイン専攻の原稿整理を終わらせる予定の凹山人もツマっているとのこと。

256頁まで原稿整理終了&組版終了までの道のりは、けわしい。

[制作:呑猫]

ツイート

新見隆先生『キュレーターの極上芸術案内』

2015年4月14日 火曜日

いよいよ4月24日、大分県立美術館がオープンする。
「五感のミュージアム 出会いのミュージアム」
館長は、ムサビ芸術文化学科教授の新見隆先生。
新見先生は、そんな訳で、なにしろめっぽう忙しい。
忙しいにもかかわらず『キュレーターの極上芸術案内』
なんて本をMAUPから出すのだから、ますます忙しい。

「ミュージアムとは、
美しいものや驚きを与えてくれるもの、
さまざまな〈訳のわからないもの〉に出会って、
それを〈面白い〉と思えるようになるような
〈人生体験の道場〉なのである。」
というミュージアム愛を追究するだけの本ではない。

旅するキュレーターが巡りますのは、ニューヨークを
振り出しに、尾道、パリ、東京、京都、ウィーン、大分、
アムステルダム・・・街の喧噪や、匂い、花花や星星に、
〈アート〉と〈食〉が結びつく。
しかし、こんなに音楽の話が入るとは思っていなかった。
担当編集者は驚きつつ、もっているかぎりの
シューベルトをつぎつぎと聴きながら、
なんとしても256頁におさめる算段をしております。
だから、いつ発売か、まだ聞かないでね。
[編集:ハムコ]

ツイート

2015年4月13日 月曜日

↑ という文字は、この4月にはよく見られるワード。

増刷!とか増産!というワードもいいですけど、
新刊!とか新商品!…もっと好き。

という訳で、久しぶりにMAUグッズの新商品を展開します。
夏の校友会チラシでご案内予定です。

季節問わず使えるものですが、特に夏に使えるグッズかと…
いつもナゾナゾみたいな予告、すみません。
でもワクワク感持って待っててほしいので。

お楽しみに〜

[総務:ピロイ]

ツイート

どこへいった?

2015年4月10日 金曜日

月曜日の初夏のような陽気は何だったのでしょう。
その後は、雨もしくは曇り。晴れても、風が冷たい。
今日も冬のような寒さに加え、夕方からは本格的な雨になりました。
春はどこへいってしまったのでしょうか?

昨日、例の高級住宅にツバメが帰ってきていました。おかえりなさい! 
写真でも撮ってこのブログに載せようかと思い、今朝また覗くと、高級住宅は空でした。
この天候で、ツバメもどこかへいってしまった?

そんな中、ムサビの美術館(鷹の台)では、昨年度の卒業制作・修了制作優秀作品展開催中です。

〈平成26年度 武蔵野美術大学 造形学部卒業制作・大学院修了制作 優秀作品展〉
会 期|2015年4月6日(月)ー4月30日(木)
休館日|日曜日
時 間|10:00ー18:00(土曜日、 4月29日(水・祝)は17:00閉館)
*図書館展示室および椅子ギャラリー前展示スペースは、4月10日(金)まで図書館の開室時間に合わせて17:00閉館
入館料|無料
会 場|武蔵野美術大学美術館
Web site|http://yushu.musabi.ac.jp/2015/

文字通り、卒業制作・修了制作の中でも特に優れた作品、研究発表が、美術館全体を使って展示されています。
1月の卒業・修了制作展をみて気になる作品があったなら、出品者リストを確認してみてください。
優秀作品として、展示されているかもしれません。

明日も昼頃までは雨の予報ですが、午後には止む様子。
是非お出かけくださいといいたいところですが、来週以降、春が戻ってきたらですかね。
お天気のよい日に、是非。

(編集:凹山人)

ツイート

浪曲・木馬亭

2015年4月9日 木曜日

来年、音楽論の教科書を出します。目次案が手元にあるのですが、これまでにない、独自なアプローチで「音楽と文化」を多面的に捉えようという試みです。

その中に「声」というテーマもあり、だからというわけではないのですが、友人と「能の謡いとか人形浄瑠璃の太夫とか、声の力ってすごいよね」という話をしていたところ、「浪曲もおもしろいよ」という話になりました。

で、浅草の木馬亭へ行って来ました。雷門から仲見世を抜けて本堂の前で左に折れ、奥山門を出て参道へ。このあたりはかつて花街だったそうですが、しばらく行くと右手に木馬亭があります。
この日は席亭の根岸京子さんが「第36回松尾芸能功労賞」を受賞されたお祝いの特別企画公演でした。
「浪曲の伝統芸能が弱体化しその保存が危ぶまれた時期をひたむきな尽力によって逆境を盛り返し今日の成果が導かれた功績」を評価されての受賞だそうです。

特別のお祝いの日だったので超満員。右も左もわからない初めての客に木馬亭の皆さんはとても親身に案内してくださって、ほんとにお世話になりました。こういう方たちのひたむきな努力が50年を支えてきたんだね、と友人としんみりしてました。

中入り後に入ったので聴いた演目は4つでした。全部とってもおもしろかった!!
トリは澤孝子さんの「徂徠豆腐」。若き日の荻生徂徠と豆腐屋七兵衞との、言ってみれば人情噺なのですが、落語の「徂徠豆腐」よりも理が勝ったというか骨っぽい仕立てで、t:eehの好みに合う。
それに、語り出しが、ものすごい声で、沢さんご自身が「お祝いの日なのでいい声が出た」と言うほど。

興味のあるかたはインターネットで木馬亭を検索してみて下さい。
初物尽くしの木馬亭でしたが、ほんとによい聴きもの、よい席で、楽しかったです。そしてこれも初物
1428563674428
リアル・スカイツリーでございる。はじめてこの目で見ました。
雨上がりの浅草寺境内から見上げた、半分雲の中に隠れたスカイツリー。

編集:t:eeh

ツイート

『眼と精神』を読む_販売開始

2015年4月8日 水曜日

富松保文先生の熱い訳と注による『メルロ=ポンティ「眼と精神」を読む』が昨日、取次会社に搬入され、販売開始になりました。
公式には4月10日発売とご案内していますが、書店に並びはじめ、電子書店でも購入が可能になりました。
本サイトも、それにあわせて詳細ページを追加し、top頁も変更! とても素敵な装幀ですが、webでは伝わりにくいです。ぜひ書店で手にとり、そのままレジヘどうぞ!

[制作:呑猫]

ツイート

武蔵野美術大学出版局 = MAUPは……「マウピー」とよみます

2015年4月7日 火曜日

武蔵野美術大学は昨日4/6が入学式でした。
ご入学されたみなさま、おめでとうございます。
緊張とともに期待を胸一杯にふくらませて
入学式へ参加されたかと思います。
あたらしい角出、心から祝福いたします!

新入生の皆さまに
あらためて武蔵野美術大学出版局のご紹介を…。

英語にすると、
MUSASHINO ART UNIVERSITY PRESS

略して「MAUP」。
よみかたは「マウピー」といいます。

私は、なんとなく「マウプ」と言ってしまうのですが
先日、わが編集長に
「マウピー!」と注意されました。

ああ、そうだっけと。
自分のなかでは、
「マウピー」が本名なら、
「マウプ」があだ名で…
なんて勝手に申してますが、
みなさま、ただしくは
「マウピー」「マウピー」ですよ。

大事なことなので二度書きました。

出版社としての正式な紹介は会社概要をご覧くださいませ。

さて、大学の美術館・図書館では、
平成26年度 武蔵野美術大学造形学部卒業制作・大学院修了制作
優秀作品展」が下記の日程で開催されています。

優秀賞を受賞した約100点の作品!
これは見逃せません。

会 期:2015年4月6日(月)― 4月30日(木)
休館日:日曜日
時 間:10:00 ― 18:00[土曜、4月29日(水・祝)は17:00閉館]
入館料:無料
会 場:武蔵野美術大学 美術館・図書館
〒187-8505 東京都小平市小川町1-736
Tel: 042-342-6003
主 催: 武蔵野美術大学 美術館・図書館

また大学内にある世界堂では、
MAUPのすべての本が並んでいます。
大学のオリジナルグッズ= MAU GOODS(よみかたは「マウグッズ」)も
販売していますので、お土産にいかがでしょうか?

春のアート散策をかねてムサビまで遊びに来ませんか?
みなさまみさんのお越しをお待ちしていま〜す。

[営業ずっち☆]

ツイート

ハチ公から反省まで

2015年4月6日 月曜日

「ハチ没後〈ハチ十年〉に捧げる」という帯を見て
東大出版会がこんな本を出すのか?!と驚いたのだが、
昨年3月のシンポジウム「東大ハチ公物語」をもとに、
同タイトルでつくられた本だという。
『ドボク・サミット』というオタク・シンポジウム本を
担当したハムコとしては、興味津々・即刻購入。

今年の3月には「ハチ公と上野英三郎博士」像建立
ニュースで話題になった。
でも、ニュースでこの像を見たとき、正直に言うと
「飼い主を見て嬉しくなって飛びかかる犬というのは、
赤ちゃん犬か、バカ犬か、どちらかに違いない・・・」
と呆れたのだ。あまりに無邪気すぎる造形。
しかし、編者である一ノ瀬正樹先生によると、
この像は、夢の中で再会を喜ぶ二人(正確には1人+1匹)を
描いたものであって、あくまで「創作」された姿だという。
人々の想像を搔きたてる「二人」。
その関係性をまじめに考察した本であって、
オタク系の情熱本ではないのでありました。
中でも冷静に(むしろ冷徹に、像造まで含めて)書かれた
遠藤秀紀先生の「学を喰うイヌ」は面白い。
(こんどはこの先生の御本を読もう、と思わせる筆致)

そういえば、ブルーノ・タウトもハチ公を撮っていたっけ。
久しぶりに『タウトが撮ったニッポン』を手にして
ハッとする。その帯の文言たるや、
「渋谷のハチ公もピンボケ?!」
なんと安易な帯であろうか。しかも四色刷なのだった。
反省するばかりの日日である。
[編集:ハムコ]

ツイート

教員プロフィール集web

2015年4月3日 金曜日

4月1日はエイプリルフールと決まっていますが、maupが4月1日に決まってやる仕事というのが、教員プロフィール集webの更新です。
年度はじめの日に、新任・退任・昇任・主任教授の変更を、地味に地道に更新しています。今年は、この仕事を担ってから初めて新任の先生がいらっしゃらなかったのですが、新たな著書や論文を加える修正作業も行いました。
ほんの一部ですが、ご紹介すると身体運動文化研究室の北徹朗先生、教養文化・学芸員課程研究室の宮原ひろ子先生は、書影などを追加。ぐっと印象が変わりました。

ムサビの専任の先生をみわたせるサイトになっているので、どうぞ閲覧、ご活用くださいませ。

[制作:呑猫]

ツイート

さくら

2015年4月2日 木曜日

さくら きれい…

桜の話題続いてすみません…
でも、今!な感じで全力で書きます。

なんでしょう…
桜が満開な中を、ただ歩いてるだけで、
すごく歓迎されてる…お祝いされてる感じ…しませんか? f^_^;)
‘はじまり’を、教えてくれるような、後押ししてくれるような、そんなお花ですよね。

なんか、しあわせ。

美しいものは、存在してるだけで、ただそれだけで感謝…という考え方。同感。
美しいものを見たいのは、人の本能。

美しいもの。美しい心。美しいヒト。たくさん、感謝。

さくらの花言葉
「心の美しさ」
「精神の美」

いま、満開の桜に聞いてみたい。

どれほどあなたは何かを悟ってきたのか。
どれほどあなたは全力で愛し、愛されてきたのか。
聞いてみたい。
その美しさの理由を。

とりあえず日傘始動だな…

[総務:ピロイ]

ツイート