立体的『必然的にばらばらなものが生まれてくる』

早いところでは来週早々『必然的にばらばらなものが生まれてくる』が書店に並びます。
なんとか立体的に書影を撮れないかと思い、ちょっと頑張ってみた。
これは192-193ページの画像です。
DSC_0527

ジタバタしていたらハムコが手伝ってくれました。カメラマンはt:eehなので、本の両端が見切れている…。まぬけである。

続いてこれは総扉
DSC_0524

右端に写り込んでしまった紺色のものは鉛筆である。撮る時に何故気づかないのか…。

納品されて以来手放せず、何度開いて触ったことか! というのも触り心地がたいそうよろしいのです。
本自体が軽いのですが、紙の質感もとても軽やかです。

そんなわけで、書店で見かけたらぜひ手に取ってみてください。
とっても気持ちいいですから。そして手放せなくなりますから(と願ってますから)。

編集:t:eeh

ツイート

コメント / トラックバック1件

  1. ハムコ より:

    なにしろ6色刷りですから!

コメントをどうぞ