索引は同士を呼ぶ

白石学先生編『かたち・色・レイアウト』入稿データが
デザイナーの江津匡士先生から、今朝、届いた。
やれやれ。しかしこの本は「色」が大事なので、
色校チェックなどまだ気が抜けない。

索引は、いつも「これでいいのか?」と悩む。
作っている最中に、混濁している自分に気づく。
本文の不具合も見つかり、ひとりパニックに陥る。
何度も同じ作業をしては、アホちゃう自分!と落ちこむ。
8月2日の勁草書房編集部のブログ
「ふう。結構手ごわい索引。この仕事に就く前は索引は
付録、くらいに思ってましたが、実は工程上、要です。
索引で結構致命的な間違いが見つかることが多いので、
ここで手を抜くとのちのち泣きを見ることに。」
と(橋)さんも書いている。(ク)さん曰く。
「ぶくぶくぶくと索引の海に潜ります。
 溺死しませんように。」
索引で涙目になったら、このブログを思い出そう。
忘れないように、ここに書かせていただきました。
[編集:ハムコ]

ツイート

コメントをどうぞ