ADBCフェア_東京堂書店にて2日目!

昨日の編集・ハムコの続報です。

東京堂書店神田神保町店1階で開催していただいている美術書出版会(ADBC)のフェア。写真レポートでお届けします!

20170530_1

 

営業・ずっち☆から、このフェアは東京堂書店神田神保町店 芸術書担当のIさんが、看板からPOPからすべて制作してくださると聞いていました。夢のような話! いつもADBCのフェアはそうした拡材は分担制。その仕事が軽減されたばかりか、すごいすごい力作! ラフから見せていただいていましたが、実物を目の前にすると圧巻です。写真レポートといいつつ、上記で全体の約6分の1を収めたくらい。

20170530_2

 

看板がフェアタイトルだけでなく、キーワードのアニマルたちもポップアップされているんです。描くだけでも大変なのに、貼りパネルに貼ってカッティングして……という過程を、いつも、ずっち☆がやることを見て私では役にたたない(貼りパネルに、描いたものを無駄なく貼れない)ことを知っているので、涙、涙です。

それにしても、この写真でも全体の40%しか収まりません。どうやってもフレームに入らないならば、すみません、MAUPのアップをひとつ。

20170530_3

 

アップといいつつ、MAUP分もすべては収まりません! 下にまだまだ続く。

◉フェア参加社:東京美術、求龍堂、六耀社、平凡社、西村書店、芸術新聞社、武蔵野美術大学出版局、中央公論美術出版、淡交社、クレオ 10社です

 

言い訳をひとつさせていただくと、お客さまが映らないように撮影をしています。お客さまがなかなかとぎれないのです。ありがたや。東京堂書店神田神保町店さんは、平日21時まで、日・祝は20時まで営業。さわやかな風が気持ちよい季節、どうぞお出かけください!

 

[制作:呑猫]

ツイート

コメントをどうぞ