[近刊]『芸術の不可能性—瀧口修造 中井正一 岡本太郎 針生一郎 中平卓馬 』人名はサブタイトルです!

編集:t:eeh担当で、ブログでもご案内している
芸術の不可能性
——瀧口修造 中井正一 岡本太郎 針生一郎 中平卓馬
』ですが、
サブタイトルで5人の表現者のお名前がずらり。
この並びは論考順になっており、とても重要です!

著者は武蔵野美術大学芸術文化学科教授の高島直之先生です。
主な著書に、
中井正一とその時代』(青弓社、2000年)。
共著に、『高松次郎を読む』(水声社、2014年)、
1950年代日本のグラフィックデザイン』(国書刊行会、2008年)、
日本近現代美術史事典』(東京書籍、2007年)、
デザイン史を学ぶクリティカル・ワーズ』(フィルムアート社、2006年)など、
沢山の名著を残されています。

そして、装幀はMAUPでいつもお世話になっています
寺井恵司さん!
今回も素敵なデザインで、所蔵したくなるような
美しい本になるはずです。
(本扉後のイメージ、目次、章扉もデザインしていただいています)

そして! おかげさまで、
書店様からの事前注文も好調です。
個人のお客様へは、送料が掛かってしまいますが、
弊社から直送も可能です。場合によっては発売日よりも
すこーし早く届くこともありますので、
ご予約お待ちしております!!

[営業ずっち☆]

ツイート

コメントをどうぞ