MAUP学会デビュー

「最近は学会でも売れないねー」
「学会にすら行けないっていう研究者もいるしねぇ」
「研究費が減ってるからさ、本を買ってくれないんだよ」
「いやぁ、でも学会は売れるよ」
「高額な本ほど動くからなぁ」
などという会話が、大学出版部協会では聞こえることがあります。
「学会」とは縁の薄いMAUP・・・そうか、学会って儲かるんだ
・・・と他人事だったのですが、ついに、MAUPも学会デビュー!

明後日19日から20日、わが武蔵野美術大学で開催される
第49回大学美術教育学会東京大会。
大学だけではなく、幼稚園から高校までの教育現場はもちろん、
さまざまな場で美術の教育普及に携わるすべての人々に
ひらかれている学会です(当日参加も可能とのこと)

その学会のお昼休みに、各出版社が店をひろげる学会販売。
MAUPのイチオシは、もちろん『美術教育の動向』
教員免許の更新講習のために編まれた本です。
本ばかりではなく、MAUPには「MAUグッズ」という隠し球も
あります。さて、デビュー戦やいかに?

[編集:ハムコ]

ツイート

コメントをどうぞ