フェア前情報!&千代田図書館情報

[東京堂書店・大学出版部協会全点フェア]

東京堂書店神田本店で、
11月と12月の2ヶ月間、
MAUPの書籍が全点ならびます。
またMAUグッズも多数出品する予定です。

これは大学出版部協会の合同フェアで、
MAUPの他に玉川大学出版部、産業能率大学出版部、
聖徳大学出版会、弘前大学出版会の
5つの出版部で行います。
私はこのフェアの看板作りに翻弄中です!

正式な情報は後日アップしますので、
それまでのお問い合わせはMAUPまでどうぞ。
(11月末まで東京電機大学出版局と
東京農業大学出版会が開催中です)

そして、大学出版部協会の仲間であり、
いつもお世話になっている
法政大学出版局の本《ものと人間の文化史》シリーズが
150点も千代田図書館展示されています。
もちろん、借りることもできます。
そして、ぜひ購入したいという方は、
三省堂神保町本店さんへGO!

その際、千代田図書館の展示の前に置いてある
『オリジナル手ぬぐい』引き換えカードをお忘れなく!
そのカードを持って三省堂神保町本店で
同シリーズを購入すると写真のとおり、
オリジナル手ぬぐいが貰えるそうです。

ミカンはくれません

ミカンはくれません

《ものと人間の文化史》シリーズは
人間が歩んできた生活の営みを「もの」や自然との
かかわりにおいて掘り下げ、解説するシリーズ。

『染織』『襖』『瓦』『下駄』『箸』
『古着』『野良着』『看板』『絵師』
『筆』『絵馬』『亀』『蛙』など、

短いワードによるタイトルが付けられています。
とても興味をそそりますネ。

ちなみにもっとも私が読みたい本は
山内昶さん著『もののけ』でした!

[営業ずっち☆]

ツイート

コメントをどうぞ