MAUP三大ニュース 2010

本日、弊社は仕事納めです。
(とても納まらない雰囲気ですけどね)
恒例のスタッフ投票により決定したMAUP三大ニュースで
今年のブログを締めたいと思います。

第3位 向井先生の『デザイン学』竹尾賞受賞!
向井周太郎先生の『デザイン学 思索のコンステレーション』が
第8回竹尾賞優秀賞を受賞しました。4月のことです。
著者と同時に、デザイナー、版元に対しても授与される
この表彰式でハムコはスピーチをせねばならず冷や汗をかきました。
向井先生の御本が刊行できて良かった、その一言につきます。

第2位 スタッフの異動
これは晴天の霹靂でした。
株式会社であるMAUPには様々な雇用形態がありますが、
学校法人から出向していたひとりが6月末に突然異動!
鷹の台キャンパスに戻ることになりました。
いちばん嘆き悲しんだのは異動になった本人ですが、
いつかまたきっと、法人とかかわる企画で一緒に仕事が
できるものと楽しみにしています。

第1位 白石先生の『ジョン・ケージ』吉田秀和賞受賞!
ダントツの1位は、
白石美雪先生『ジョン・ケージ 混沌ではなくアナーキー』
吉田秀和賞を受賞!
MAUPにとってこれは「事件」と呼ぶべきものでした。
(このコーフンは9月から10月のブログに溢れています)
授賞式当日、スピーチをされる白石先生が、最初はガチガチに
緊張しておられたのに、ケージの魅力を語り出すや頬を紅潮させ・・・
研究者のあつい息吹きを間近に感じつつ、それを社会に還元する
仕事が出版業なのだと敬虔な気持にすらなりました。

スタッフ一同が大騒ぎするような三大事件の次点には
夏の「MAUP美化計画遂行」があげられています。
今年はよく掃除をしたなぁ・・・

今年は昨年からの2年間がセットになっているように
思えてなりません。
ここでようやく区切りがつき、文字どおり
あらたな年を迎えることができそうです。
お世話になりました皆様、
このブログをご愛読くださいました皆様、
どうもありがとうございました。
皆様、どうぞ良いお年を!
そして来年もよろしくお願い申し上げます。
[編集:ハムコ]

ツイート

コメントをどうぞ