七つ道具…

ん?
デジャブ?…あ。思い出しました。
MAUP日記が始まって、ピロイいっちばん最初のタイトルが「七つ道具」でした。
じゃ、part2ってことで。

今回は、書籍改装(返本や、ちょっと汚れている本をキレイに変身させる!)時に使用する道具たちを紹介します。

☆紙やすり
サンドペーパーです。キメが粗いものと細かいもの、2タイプを、汚れによって使い分けてます。(主に天•地に使用)

☆クラフトテープ
表紙ではなく、本の天、地、前小口のゴミを取ります。
丸めて輪っか状にして使用。

☆マスキングテープ
粘着力が弱いので、手軽にゴミやほこりを取るのに最適。表面も傷つきません。

☆消しゴム
表紙や背の擦れや汚れ消し、シワ伸ばしなど万能に活躍。

☆軍手
ゴムのすべり止めが手の平についてるタイプ。
若干の接着性があるので、触るだけで細かい汚れが取れる…
これは作業しながら発見!一人二役的な…。この場合、一石二鳥か。どうも擬人化してしまうクセが…

心強い道具たちです。これからも頼りにしてます。
なるべくきれいな状態で、お客様のお手元に届くよう、心がけております。

《おまけ》
凹山人さんの故郷、山形よりさくらんぼ。

呑猫さんの故郷、新潟より小松菜。

いつもありがとうございます。
梅雨真っただ中ではありますが、なんだか瑞々しいMAUPのお部屋からお届けしました。

[総務:ピロイ]

ツイート

コメント / トラックバック2件

  1. 助机 より:

    有益な情報でした!軍手でも汚れが落ちるとは…目からウロコ。
    「七つ道具」part1+2で道具六つ目ですな。ラストが気になります。

  2. ピロイ より:

    コメントありがとうございます☆軍手にささやかな魔法がかかるから、やってみてね。…このままじゃ「七つ道具」のうち5つが改装用になってしまってる…個数を完全に無視して気ままに書いてました。もっともっと大事なアイテムいっぱいあります…はい。またご紹介しますね!

コメントをどうぞ