春きたりなば

昨日から呑猫はぼやきっぱなしデアル。

担当編集者としては、はなはだやりづらい状況デアル。

しかし、春ですなぁ・・・

ハムコの場合、春は三段階でやってくる。

 

まずは3月15日、通信教育課程の卒業制作作品撮影が終了!

百号サイズの絵画370点を1日で撮影する「荒技」をはじめ、

ぴかぴか光る小さなジュエリーや、

何メートルもの蛇腹タイプの書籍も、

天井から吊された巨大なタピスリーも、何でも撮っちゃう。

こんな「荒技」が可能なのは内田芳孝カメラマンの率いる

ノマディク工房のチームワークのたまもの。

2004年からずっと撮影をお願いしています。

 

そしてつぎは、通学課程の学生手帖が春を呼ぶ。

本日、無事に見本が納品!

2007年に初めて通信課程の学生手帖を作成して以来、

利用アンケートをとったりして改良をかさねた結果、

人気が高くなり、なんと今年からは販売も開始されます。

今年なんてスピン2本もつけちゃったもんね。

人気のヒミツは西中デザイン事務所・棚橋早苗さんの

デザインではないか・・・

 

そして明日、『造形ファシリテーション能力獲得プログラム

2009年度報告書』(通称:FP)を入稿すれば、

最後の春が来るわけですよ。

FPの前にはGP(正式名称:美術と福祉プログラム)の

年度報告書を3年間やっていました。

指折りかぞえてみると、これも2007年からの仕事。

デザイナーは、オフィスナイスの清水恒平さん。

清水さんとは4冊目の報告書ですが、

一気に今年はヴァージョンアップの感有り。

すごいなぁ・・・

 

こうして書き連ねてみると、

ハムコの春は「他力本願」の春ですね。

(あ、呑猫、怒ってるぅ?)

[ハム編]

ツイート

コメントをどうぞ