ござるでござる

暑いのと、寒いのと、どっちが嫌ですか? と聞かれたら、3年前の夏なら絶対に「寒いの」と答えていた。暑いのは我慢すりゃいいだけじゃん、と胸を張って答えていたはず。

今年の夏は暑いのじゃなく、熱い。それ以上に蒸し「熱い」。だから、どっちが嫌か? どっちも嫌でござる。

これはどこで撮ったのかすっかり忘れてしまいましたが、多分お寺の境内に続く石段です。

曲がってるよ…石段が。ぐにゃりって…。と思いながら撮ったのですが、普通に歩いて登れました。なんてことはなかった。

DSC_0257

この石段を目の前にして、まだ登んの?…と辟易した気分を思い出しますが、この夏は、辟易するほどに熱いでござる。

最近困ったときに口にするのがござるでござる。まいったでござる。ヘロヘロでござる。

追い詰められた気分を茶化したい、というと大げさですが、いま字面を見て思いつきました。

まいったでお猿。ヘロヘロでお猿。やってらんないでお猿。

かわいいじゃん。

みんなっ!! がんばるでござる、いや…がんばるでお猿。

編集:t:eeh

 

ツイート

コメント / トラックバック2件

  1. ハムコ より:

    お・さ〜る・で・ご・ざぁ〜る。
    なんかフランス語っぽい。

    Au sal des goss’arts!

    (ウソのフランス語・・・アート小僧が塩まみれ!?)

  2. t:eeh より:

    ハムコは音をあてはめてみた、と軽く言ってくれちゃいましたが、
    気に入ったでござる。いや、気に入ったでお猿。
    salはお塩。なるほど。
    アート小僧が塩まみれで、ヘロヘロでござる。意味は通る。

コメントをどうぞ