新見隆先生✕ももクロ!?

2018年8月21日

昨日、素敵な電話を受けました。
新見隆 著『イサム・ノグチ 庭の芸術への旅』の書影を送ってほしいと。つまりは、紹介していただけるということ!

電話は、テレビ朝日の制作会社の方。番組企画概要によれば、「ももクロメンバーが、アートの魅力を味わい、学び、真剣に語ります」という動画配信番組。

今回は、ももクロの佐々木彩夏さんが、東京オペラシティ アートギャラリーで開催中の「イサム・ノグチ 彫刻から身体・庭へ」に伺い、アートを学んだとのこと。その中で新見隆先生がVTRでコメント出演する折、著書を紹介=書影を映しますから、送ってくださいねというわけ。

番組の詳細をお伝えしますね。
◎番組サイト
テレ朝動画 『Musée du ももクロ~アートの学びをデザインする~』
◎配信日
8月23日(木) 18時〜配信予定(有料)

クレジットもしっかりお頼みしたのですが、どうでしょうか。
お楽しみに!

[制作:呑猫]

ツイート

「宿題おわってない人、手ぇあげて〜」

2018年8月20日

どういうわけか、終わらない。
遊んでいるわけではない。
未だ夏休みもとっていない状況だというのに、
何もかもが中途半端なまま目の前にぶら下がっている。
な、なぜなんだ?! 叫びたくなるるる・・・

MAUPのドアに「ブログ当番表」が貼ってある。
出入り口に貼っておけば、当番を忘れないであろう
という思いやり(?)からである。
8月14日の欄にはハムコの名前。
御丁寧にピンクのマーカーで囲ってある。
な、なぜ?
これはすぐにわかった。
ブー当番を忘れたから、でしょうな。
いつからマーキングされるようになったのだろう。
さっき気がついた。
また今日もピンクで囲まれるとこだったよ。。。

この夏の楽しみは、8月末に矢野彰子さまライヴに
行くことと、9月に尾瀬の山小屋に泊まること。
そのころには、、、もしかして3冊分の御原稿が
一挙に届いているのかなぁ。どうなるんだ(汗

「宿題おわってない人〜」と問われて、
真っ先に手を挙げたあなた、あなたですよ、T先生。
すでに1冊分の御原稿と、もう1冊の何章分か、
できてるはずですが、どうなってますかぁ。

コドモ時代はマメに宿題をすませるタイプだった
はずなのに・・・ウソ! ずいぶんとオトナに
手伝ってもらってました。
オトナになると、どうして誰も手伝ってくれない
のかなぁ。なんでかなぁ。。。
[編集:ハムコ]

ツイート

残暑お見舞い申し上げます。かき氷の「せんじ」って?

2018年8月17日

みなさま、残暑お見舞い申し上げます。
8月も折り返し地点です。うだるような暑い日は
なんとなくお盆前で落ち着いたような気がします。
ちょうどその頃、私は家人の実家(三重県の奥地)
へ里帰りしていました。
東京では、台風13号で大変だったようですが、
中部地方は、ピーカンの青空でした。

降雨量の多さで有名な尾鷲から、
母の出身である引本港〜父の出身地の矢口浦へ
ドライブ。その途中で、「氷」の暖簾を発見!
ietyan_web

水分補給と車を止めて貰い、地元の人しか
こなさそうな雰囲気のお店で、
ちょっと入りにくかったのですが、
店をのぞくと気のよさそうな奥さんが、
いらっしゃいと招いてくれました。

さっそく氷を頼んだんですが、
家人は「金時」、私は「いちご」です。
「いちご」は、東京のシロップより
甘く良い香りで、美味しかった!

そして家人が頼んだ「金時」に掛かっている
シロップの色、、、。

薄茶色??
web_senji01

おそるおそる口にした家人は、
「んー」と目をつむり「懐かしい!」と一言。
家人は12歳で、この地を離れてしまったのですが、
それはそれは40ウン年前に幼い頃に食べた
かき氷の味だったようです。

お店の方に伺うと、
このシロップは「せんじ」といって、お砂糖を煮詰めたものとのこと。
もの凄く甘い。煮詰めただけあって黒砂糖に近い味です。

しかし「せんじ」?って聴いたことないな、
と調べたら、愛知、三重、岐阜あたりの言い方らしい。
東京やほかの地域では、「みぞれ」「すい」ほかに「甘露」とも言うようです。(「甘露」っていう名前も素敵)
私が東京で、目にする「みぞれ」って、透明ですが、
手作りながらの薄茶色なんだと関心。
中に入っているアンコもお店の手作り。
塩がきいていて、マッチしていました。

web_senji02

いまどき、おっ洒落〜なかき氷が流行っている中、
「いちご(200円ぐらい)」、「金時(350円ぐらい)」は
嬉しいですし、超シンプルで美味しかったです!

そして、来月からはフェアが目白押し。
いまは準備に追われています。
楽しかった夏の一時、カキ氷の写真が懐かしいです。
[営業zucchi]

ツイート

玉川上水

2018年8月16日

東京地方。朝晩吹く風が多少涼しくなってきて、鳴く虫もいつの間にか秋モードに変わりつつあります。まだまだ暑い日は続きますが、確実に季節は移りつつあるようです。
それにしても、連日の台風発生はちょっと異常に感じられますがどうなのでしょうか。今日は19号が発生したとのこと。そして20号、21号のタマゴはすでにあるのだとか。8月半ばでこうですから、最終的には何号まで行くのでしょう。

現在、来春の刊行を目指して関野吉晴先生の本の準備をしている最中。以前にも当ブログで紹介しましたが(→ こちら)、この本の中で重要な存在なのがムサビの鷹の台キャンパスの近くを流れる「玉川上水」です。特に西武線の鷹の台駅を使うムサビ生には、毎日の通学路としてもなじみ深い緑地帯です。
この玉川上水で今月25日(土)に、関野先生が進めている地球永住計画の活動の一環である自然観察会が開催されます。今回はお子さんが対象の「糞虫(フンチュウ)」の観察会です。参加するためには事前に申し込みが必要です。

フン虫_A4チラシfin0723_2
フン虫_A4チラシfin0723_3

ちきゅうえいじゅうがっこう かんさつ会 
「玉川上水にはフン虫がいるよ 2018」
日時:2018年8月25日(土)9:00 ~12:00頃まで
9:00 「ローソンたかの台店」前 集合
(鷹の台駅前の道を徒歩5分程度直進したT字路にあります)
参加費:300円(保険、教材費を含む) ※要申込み 雨天決行
定員:5歳~12歳 子ども先着20名
(低学年以下は、保護者同伴でお願いします)
申し込み方法:1)~5)を書いてメールで申し込んでください。
1)お子さんの名前、 2)年齢、 3)保護者同伴有無、
4)連絡先メール&携帯番号、 5)お住いの地域
申し込み・問合せ先:tygc012@gmail. com(豊口)

その他詳細は「地球永住計画」のHPをご覧ください。→ こちら

フンチュウはファーブル昆虫記などでも有名なフンコロガシ、スカラべの仲間で、文字通り主に動物の糞を食べて生きている甲虫です。日本には糞を転がすタイプのフンチュウは1種類(しかも相当小さいらしい)しかいないようなのですが、糞を分解して生態系の輪の中に戻していく役割は日本のフンチュウも変わりません。そして意外なことに、この仲間はとてもきれいな色をしていたり、カブトムシにも負けないようなかっこいい角を生やしていたりするんです。虫好きの人の中にはフンチュウ一筋の人もいらっしゃるそうですが、それもうなずける魅力を持っているんですね。大人は糞と聞くと尻込みしてしまいそうですが、子どもたちにとってはとても好奇心をくすぐられる存在ではないでしょうか。是非参加してみて欲しいと思います。

玉川上水といえば、今月末からこんな展覧会も。

「特集展示 玉川上水」

会場:江戸東京博物館 常設展示室5階 江戸ゾーン
会期:2018年8月28日(火)〜9月24日(月・祝)※9月3日(月)休館
時間:9:30〜17:30/土曜日は19:30まで
   ※8月31日(金)はサマーナイトミュージアムのため21:00まで
イベント:ミュージアム・トーク
江戸東京博物館学芸員が展覧会の見どころを紹介。
【日時】9月14日(金)・21日(金) 16:00~(30分程度)
【参加料】無料(常設展観覧料は別途必要)
【集合場所】常設展示室5階 日本橋下

観覧料金等の詳細は博物館HPでご確認ください。 → こちら

暑い中ですからお気をつけてお出かけください。

(編集:凹山人)

ツイート

2018 夏… エピソードいろいろ

2018年8月15日

酷暑といわれた2018年夏。。。
皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか。

ピロイは、先週末から昨日まで、新潟に帰省しておりました。

…が、
父は仲間と旅行でカザフスタンへ。
姉一家は、今年4月からダンナさんの国、パキスタンへ移住。
(‘日本で住む’ということが結婚の条件だったので、
両親大激怒\(*`∧´)/
今はもう落ち着きましたが… f^_^;) 一時期大変でした…

今までのお盆なら、家族全員集まり、
姉と妹のダンナさん、子どもたちも含め、総勢12人になるピロイ家ですが、
今年は半数以下の5人で過ごしました。妹のダンナさんも仕事で来れずTT

…いつも、賑やかすぎるくらい賑やかだったので、
今年はちょっとだけ静か… では決してないのですが 笑 f^_^;)
人口密度低めでした。

パキスタンでは主に、
Viber(バイバー)という、LINEやSkypeのようなアプリが使われています。
ヨーロッパを中心に、中東・アジア・中南米などに展開しているアプリで…

これでよく姉家族とビデオ通話でやり取りしています。
姪っ子、甥っ子は頭の柔軟な時期に行ったので、
英語と、‘パシュトー語’と呼ばれるパキスタンの言葉を、難なく使いこなしています。
で、私も帰省中に韓国の友人から電話が来たりするから、
家中いろんな言語が飛び交い、ちょっとしたカオス状態(笑)
今年は、そんなお盆でした f^_^;)

それでも無事、父方母方のお墓参りに行き、いつも家族を守ってくださることに、感謝して参りました。

まだまだ残暑厳しくなりそうですが、皆様どうぞご自愛ください。

〈おまけ〉
IMG_4663

上越市立水族博物館 うみがたり」にて。
涼し気な視覚で、ほんとに涼しくなる効果、あるらしいです(笑)

それから新潟関連で、最近おもしろかったこと。
近所の美容室が、毎日、トリビア的なことを書いた看板を店先に置いているのですが…
IMG_4646

haha.. ^_^;) 

[総務:ピロイ]

ツイート

「MAU エプロン」ネイビー販売開始

2018年8月13日

7月末日、営業・ずっち☆より予告がありましたムサビオリジナルグッズ「MAUエプロン」(ネイビー)、本日より販売開始いたします。
こちらからお求めいただけます。

大きなポケット2つとペン差しがあって、とっても便利ですよ!
色はブラックもあります。
美大生のために……との想いからグッズをつくっておりますが、
職場で作業があるときなどにもおすすめのワークエプロン。
シンプルなデザインで広くご利用いただけること、間違いなしです。

[制作:呑猫]

ツイート

メゾチント

2018年8月10日

昨日までの3日間、現在開講中のムサビ通信夏期スクーリングのお手伝いをしてきました。科目は版画5の「銅版画・メゾチント」。銅版画というとエッチングやアクアチント、ドライポイントなどがわりと知られているかと思いますが、これらは普通に絵を描くのと同様、元々真っ白なところに線や面を描き加えていく銅版画技法です。一方、メゾチントは版を黒いインクで刷った場合に全面真っ黒になる状態から、少しずつ明るいトーンをつくりながら絵を描いていく技法。版の表面を擦ったり、削ったりすることでトーンをつくるのですが、その加減はとても繊細で微妙。まあとにかく、短い日程でやるのはなかなか厳しい内容なのです。それでも毎年、なんとか完成と言えるところまでもっていくことに、学生さんとともに悪戦苦闘する怒濤の3日間。今年は、台風接近に伴う授業時間の短縮という、更なる試練も科せられどうなることかと思いましたが、学生さんのがんばりによって良い作品が出来上がりました。良かった。

メゾチントについてはこちら(→ 造形ファイル・メゾチント)をご覧ください。また、弊社刊行『新版 版画』(→ こちら)でも知ることができますので、是非。

版画といえば、ムサビ美術館で開催されているリトグラフの展覧会「リトグラフ 石のまわりで」展も、公開は本日(18時まで)とオープンキャンパス開催日である8月18日(土)、19日(日)の2日間を残すのみとなりました。未だご覧になっていない方は、オープンキャンパスとあわせて是非お出かけください。

展覧会詳細 → こちら

MAUオープンキャンパス 8.18 & 8.19 詳細 → こちら

(編集:凹山人)

 

ツイート

山崎博_映像作品8月10日上映

2018年8月9日

昨年6月5日惜しくも亡くなられた山崎博先生の映像作品が、開催中の「イメージフォーラム・フェスティバル2018」で上映されます。

8月10日(金) スパイラルホール(3F)にて
P-1プログラム:13:00〜 11作品 69分
P-2プログラム:14:30〜 8作品 62分

2017年3月7日から5月10日、東京都写真美術館 総合開館20周年記念「山崎博 計画と偶然」の公式プログラムを弊社で刊行しました。この図録ではキャプチャーショットで掲載するよりほかなかった映画『観測概念』『HELIOGRAPHY』などをスクリーンでみることができる、またとないチャンス! です。

P-2プログラムでは、山崎先生作品のほか、山崎先生のご友人である萩原朔美さんが制作した新作エッセイ映画『山崎博の海』もあわせて上映されるとのこと。

写真とは、また違った映像作品を眼にやきつけてきたいと思っています。

1
※『山崎博 計画と偶然』は、上映会場でお買い求めいただけます

[制作:呑猫]

ツイート

台風13号にともなう営業時間変更のお知らせ

2018年8月8日

14時現在、吉祥寺の空は不気味に晴れていますが、
かなり強い風が吹いています。
武蔵野美術大学は、午前中のうちに本日は15時半に
事務の業務を終了し、明日は通常より50分遅い開始を
決めました。
さて、出版局はどうしよう。
いつだったか同じような状況で16時に業務を終了した
ところ、吉祥寺駅が大混乱。。。
勝手ながら弊社は本日15時にて業務を終了いたします。

吉祥寺には6人のスタッフがいますが、2人がちょうど
夏休み中。残る4名、明日はどうなる???
昼までの雨風がひどいようなので、出社時間は各位に
任せることにして、行動は午前9時までにハムコに
携帯で知らせてもらうことにした。
零細企業ゆえの悠長さである(何なりとご批判あれ)

連日の異様な暑さに、8月はゆるゆるいかねば体力が
もつまいと思った矢先の台風。
「ゆるゆる」のつもりでいても、昨年より明らかに
詰まった夏である。編集3人が3人ともカリカリしている。
「索引をつけるなら最初から言ってぇ!」と電話で絶叫
した人がいましたね、昨日ね、あたしね。
[編集:ハムコ]

ツイート

【フェア情報】「芸術の夏 5つの芸術のかたちフェア」[東大生協駒場書籍部]

2018年8月7日

東京大学消費生活協同組合駒場書籍部のフェア台にて、
芸術の夏 5つの芸術のかたちフェア」を開催します。

慶應義塾大学出版会、勁草書房、美術書出版社、
アルテス・パブリッシング、武蔵野美術大学出版局、
5つの出版社によるアツい芸術書フェアです。

武蔵野美術大学出版局の書籍をお買い上げのかたに、
なんと! かわいいと評判のムサビシールをプレゼントしています(数量限定ですのでお早めに〜)。
御購入の際に、スタッフにお声掛けください。
1

 
ほかにも店頭では、インスピレーションを刺激されそうなフェアが目白押しです。
webseikyokomaba2018

ぜひこの機会にお立ち寄りください。

[営業zucci]

ツイート