【好調フェア】大学出版部協会『アートの授業!』 世界堂ムサビ店にて

2017年5月25日

武蔵野美術大学(東京・小平市)にある
画材店・の世界堂武蔵野美術大学店様で
大学出版部がムサビ生のために選書した
アートの授業!〜アカデミック・ブックフェア2017
が絶賛開催中です!

2000円以上の本をお買い上げいただけると、
特典として、大学出版部協会のオリジナル
「森羅万象」風呂敷をプレゼントしています。
(数量限定・お早めに)

期間は6/9までです。
ぜひこの機会に、お立ち寄りくださいね!

参加出版部:北海道大学出版会、東北大学出版会、
慶應義塾大学出版会、専修大学出版局、玉川大学出版部、
東京大学出版会、法政大学出版局、武蔵野大学出版会、
武蔵野美術大学出版局、早稲田大学出版部、
東海大学出版部、名古屋大学出版会、大阪大学出版会、
関西学院大学出版会、九州大学出版会[北から順]

[営業ずっち☆]

ツイート

津村耕佑展 RECOMBINATION

2017年5月23日

5月10日から21日まで表参道のスパイラルガーデンで、
ファッションデザイナーであり、かつ武蔵野美術大学空間デザイン学科の教授である津村耕佑先生の個展が開かれていました。
KIMG0448
PUZZLE WARE(パズルウェア)は2009年に発表された作品で、スリットを持つピースを組み合わせて様々な造形を生み出し、衣服はもちろん、装飾品にもなるし、素材を選べば物を衝撃から守るクッションのような機能を発揮します。

PUZZLE WARE(パズルウェア)の着想は細胞分裂なのだそうです。細胞は増殖と死滅を繰り返し、様々な部位へと変化します。
その着想源にふさわしく、
会場では衣服のほかに、掛け軸、油絵、国旗、失敗作の絵画を枠から外して画布をパズル型にくり抜いて再構成したものなどなど多様な作品が並んでいました。

画布をパズルピースにくり抜き再構築した作品は、画家から失敗作を譲り受けたもので、作家名はあえて匿名だそうです。とても刺激的でした。

ここでご紹介するのは衣服の造形ですが、とてもフレキシブルに展開できる作品なので、ぜひ津村先生のホームページに飛んで造形の妙をご堪能いただきたいです。
KIMG0451KIMG0456

編集:t:eeh

ツイート

木工ボンドは何色?

2017年5月22日

「地図は北が上と、小学校の時にならったでしょ?」といわれても、みた目どおりにクルクルしないと認識できない方向音痴の私。
同じように、それは小学校でならったでしょ?ということがわかってびっくり!なことが週末にありました。

「絵は描かないよ〜、色を楽しむワークショップだよ〜」とセンセイご本人からきいて、それならばやってみたいと板橋区立美術館で現在開催されている全5回のワークショップに参加しています。
センセイは、本学通信教育課程でも講師をしている画家の山本晶さん。「パレットの上はどんな色?」という技法入門シリーズです。

第2回目の5月20日(土)は、採集してきた12の素材をひとつひとつ5センチ角のケント紙に貼って、パレットをつくるというもの。
ケント紙にきれいに貼るため、はみ出した白色の木工ボンドをせっせと取り除いていたのでしたが……。
「木工ボンドは乾くと透明になる」と小学校でならったそうですが、まるで記憶になし。それがわかっていたら、
もう少しサクサク作業がすすんだのに〜という出来事でした。

ともあれ、このワークショップ、とても楽しくて、書き出すと自慢になってしまうので、詳しくは板橋区立美術館のニュースをご覧くださいませ。

板橋区立美術館といえば、学芸員の弘中智子さんにもご執筆いただいている『ミュゼオロジーの展開 経営論・資料論』。中学校で美術教科とさよならした人(私です)も美術館の側面を知ると、美術にもっと近づきたくなると思いますよ。おすすめです。

[制作:呑猫]

ツイート

【フェア情報】「美大教授の読書案内〜ムサビ教授20人のイチオシ本!」セブンネットショッピング

2017年5月19日

webyou_m_musabi20
人気の通販サイト「セブンネットショッピング」にて、
美大教授の読書案内〜ムサビ教授20人のイチオシ本!
を開催中です。
武蔵野美術大学出版局の本とそれに「あわせて読みたい本」や
とくに「おすすめの本」を選書し、コメントとともに
ご紹介しています。
深い専門性をやさしく説く、美大の先生ならではの
ラインナップです。
フェアイメージは、ムサビの非公式ゆるキャラ、「さばお」くん。
本学日本画学科を卒業した漫画家のきゅっきゅぽん先生に
ご協力いただきました! 

「セブンネットショッピング」は配送はもちろんですが、
お近くのセブンイレブンで送料無料&24時間受け取れます。
一人暮らしでも安心して、通販を活用できますので、
ぜひご利用、お楽しみください。

【コメントいただいた先生】
池田良二先生[名誉教授・元油絵学科教授]
伊東 毅先生[教職課程教授]
今井良朗先生[名誉教授・元芸術文化学科教授]
今岡謙太郎先生[教養文化・学芸員課程教授]
内田あぐり先生[日本画学科教授]
遠藤彰子先生[油絵学科教授]
佐藤淳一先生[デザイン情報学科教授]
志田陽子先生[教養文化・学芸員課程教授]
篠原規行先生[映像学科教授]
清水恒平先生[通信教育課程 デザイン情報学科准教授]
白井敬尚先生[視覚伝達デザイン学科教授]
白石 学先生[デザイン情報学科教授]
白石美雪先生[教養文化・学芸員課程教授]
白尾隆太郎先生[通信教育課程デザイン情報学科教授]
関野吉晴先生[教養文化・学芸員課程教授]
高橋陽一先生[教職課程教授]
田中正之先生[造形文化・美学美術史教授]
新見隆先生[芸術文化学科教授]
朴亨國先生[造形文化・美学美術史教授]
板東孝明先生[基礎デザイン学科教授]
[五十音順]

 

 

■開催日程:5月18日(木)ー6月30日(金)予定
■フェアタイトル:セブンネットショッピング
美大教授の読書案内〜ムサビ教授20人のイチオシ本!」特設サイト

 

[営業ずっち☆]

 

ツイート

ムサビオープンキャンパス2017

2017年5月17日

4月、5月。
新社会人や新入生、地方から出て来て間もない方が多いこの時期。

通勤時、新宿駅を経由して吉祥寺に来るのですが、

新宿駅の階段で、パンプスやヒールが、片方だけポツンと取り残される姿を、
この4〜5月にかけて、3回は見ました(笑)
まさかの、今朝もまた遭遇。

で、下の方へ視線を移すと、ケンケンしてそれを取りに向かって来る初々しい姿。
すかさず拾って手渡す。

なんか、一生懸命な姿が、美しかったです。

この時期、ココには、そんなシンデレラが何人いるんだろう…(笑)
慣れないヒールやパンプスが、慣れない場所と人混みで脱げてしまうほど、
ひたむきで一生懸命なシンデレラたち。
きっと、魔法が解けても、いえ、魔法なんてかかってなくても、
あなたは美しいのでしょう。

いつも初心を思い出す、そんな時期です。

さてさて。
すっかり初夏な東京。

6月10日(土)~6月11日(日)
『ムサビオープンキャンパス2017』が、開催されます。

両日10:00-16:30 入退場自由です。

今年もまた、MAUPと世界堂武蔵野美術大学店合同で
出店させていただきますので、ぜひお立ち寄りください!!

オープンキャンパス‘限定’の、特別企画も考えております。
出店場所は、1号館1F。
正門より直進。正面に見える建物の、向かって右手側スペースです。

今朝のシンデレラじゃないけど…

毎年、オープンキャンパスに来られるみなさまの、
その真剣な眼差しに、素直な感性に、目の輝きに、
エネルギーをもらう。
だからこの出店の場が、私は大好きです。

ご来店、心よりお待ちしております。

[総務:ピロイ]

ツイート

コミュニケーションデザイン

2017年5月16日

連休明けて一週間。maupはみなそれぞれに慌ただしい。
コミュニケーションデザインをテーマとした教科書刊行の準備を進めています。

コミュニケーションデザインとはなんぞや。
地域、社会、学校等それぞれのコミュニティで必要とされるコミュニケーションにデザインの力を活かしたい。
すでに学んだグラフィックデザインの力をもとに、デザイン的思考をもってより豊かな社会を実現する力を養うーーという教科書です。

こういうことは具体例に接するのが一番わかりやすいのではないか、ということで、
ワークショップ的手法を活用し、縦割りでも上位下達でもない、これまでと異なる関係性で人と人、人と地域社会の繋がりを構築するための様々な事例が語られます。

新鮮で、自由で、生活のひいては生きることの糧となる教科書目指してさまざま奮闘中です。

DSC_0416

またかい!!でたいへん申し訳ない。これもまた別の意味での、コミュニケーションの達人と呼びたい猫です。
日々振り回されてほとんど下僕。猫との暮らしは下僕の喜びとともにあるのかも。

編集:t:eeh

ツイート

展覧会情報

2017年5月15日

ムサビの美術館はただいま次の展覧会にむけての準備期間。
来週22日(月)より、2つの展覧会が始まります。

「モダンリビングへの夢―産業工芸試験所の活動から」
詳細 → こちら 
「芦原義信建築アーカイブ展―モダニズムにかけた夢」
詳細 → こちら 

この2本以外にも、同日よりこんな展覧会が開催されます。

民俗資料室ギャラリー展示(24)
 「だるまで巡るニッポン―日本全国だるまのかたち―」

pic

日時:2017年5月22日(月)-7月1日(土)
   10:00-17:00
   閉室日:日曜日
   特別開室:6月11日(日)
会場:武蔵野美術大学 美術館・図書館
   民俗資料室ギャラリー(13号館2階)
主催:武蔵野美術大学 美術館・図書館
入場無料

詳細 → こちら 

おもしろそう。さらには、こんな展覧会も。

「うつわと和菓子」

t_20170515_3

日時:2017年5月22日(月)-5月27日(土)
   9:30-17:00 *最終日は12:00まで
会場:武蔵野美術大学鷹の台キャンパス・14号館地下展示室

工芸工業デザイン学科クラフトデザインコース陶磁専攻の学生が参加する展覧会。この展覧会は以下の日程で武蔵野美術大学デザイン・ラウンジでも開催されます。

日時:2017年6月2日(金)-4日(日)
   11:00-18:30 *最終日は13:30まで
会場:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
   (東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5階)

詳細 → こちら 

今週は曇りがちで不安定な空模様のようですが、来週はどうでしょうか。お天気のよい日に、新緑の玉川上水を散歩しながら、何ならハムコのように一句ひねりながら(→ こちら)、是非。

あ、フェア開催中の世界堂(→ こちら)も忘れずにのぞいてくださいね!

(編集:凹山人)

ツイート

昭和回想

2017年5月12日

4月30日、讀賣新聞の文化欄「記者が選ぶ」
『現代アート10講』が取り上げられ、
ゴキゲンなスタートをきったゴールデンウィーク。
にもかかわらず、かわらぬ日々のハムコ。
いつもとちがったのは、三鷹駅から玉川上水駅まで
玉川上水吟行をしたくらいか。
18キロ歩き、5人で乾杯したビールのうまかったこと!
  鯉のぼり玉川上水さかのぼる
  緑ゆくトポロジカルな友ふたり

もひとつ、いつもと違ったことをあげるなら、
荻窪のT古書店。
いつものごとく老婦人に「いらっしゃいませ」
と静かなアルトで迎えられた。
気まぐれに荷風の『裸躰』を引っ張り出してみると
組版があまりに端正なので驚き、ページを繰っていたら、
  いつからともなくわたくしは甘寝(かんしん)の樂を
  知らぬ身となつてゐる。
という一文が目にとびこんできた。
そ、そーなんですよ、荷風センセイ、あたしもまったく
おなじ、おなじおなじです!と思った瞬間、
店の奥から主人が登場。
するとアルト夫人、いきなり超ソプラノで話し出した。
「〇〇さんって、おもしろいかたね、さっきみえたのよ、
でね、ここの飴をさしあげたらね、そしたら、明日も
2時頃にこようかな、なんて仰るのよ、おもしろいわね、
あの方、ほんとに」

いつもの低音は、どこいった?
呆気にとられたハムコと目があった主人は、そそくさと
また奥へひっこんでしまった。
よほどビックリした顔をしていたのだろうが、こんなにも
嬉々として夫に話しかける古女房(失礼!)がいるとは。
いや、もしかしたら主人は退院したばかりで、
店にひょっこり顔をだす夫が妻にはことのほか嬉しいのか。
いやいや、主人は健康そのものの血色だったではないか。
御夫婦ではなく、恋人同士なのかしらん。
飛びかう憶測、邪推、妄想。
キツネにつままれたようなまま、昭和29年、中央公論社刊
「印刷者 山田一雄」の『裸躰』千円也を購入。
帰路はもちろん荻窪キムチ。あれこれ買い込んで帰宅。

170512

ぽりぽりキムチ各種をつまみながら、ハッと気づいた。
アルト転じてソプラノ夫人のあの声、あのテンポ、
「肝っ玉かあさん」の長山藍子だ!
お若い方には通じなかろうが、1968-72年に放映された
石井ふく子プロデュースのテレビドラマ。
最近、70年代のドラマが次々とBSで放送され、
その台詞まわしと声のトーンが、今のドラマとは
あまりにもちがうので、思わず見入ってしまうのだが、
ここ数十年で女性の声は低くなったのではないか
・・・昭和にひたる連休でした。
[編集:ハムコ]

ツイート

Mother’s Day

2017年5月11日

Webカートより、ご注文を頂戴しました。
MAUエプロン!!
ありがとうございます。

で、通信欄にメッセージもいただきました。

image1

よろこんで〜っっっ!!!!!♡

嬉しいです。本当に。
商品ご購入に、もちろん感謝ですし、
私の心を動かしてくださったことにも感謝します m(_ _)m

。。。

実はちょっと前まで母とあんまり仲良くできてなくて。。。
半年くらい音信不通状態で。。。(−_−;)

…って話しを、韓国の友人に話してたら、

数日後、LINEに音楽ファイルのみ、ポンっと送られてきました。
それ以外のメッセージは何もなく、曲のみ。

まるで、「とりあえず聴け!」といわんばかりに…(笑)

♪『엄마』(オンマ/お母さん)
という韓国の曲。

歌詞の一部。

♪ あの時は有難さを知らなかった
 何も知らず生きてきた

…と続き、

♪ 내 작은 선물을 너무 감동 마세요
 私の小さなプレゼント(なんて) あまり感動しないでください

♪ 당신은 나에게 세상을 선물 했잖아요
 あなたは私に 世界を贈ってくれたじゃないですか

。。。号泣(笑)

これ、日本語の活字で書くよりずっと、
熱さや敬意も含まれたあったかさで…

うまく説明できないですけど、すぐそばに体温を感じるような曲なんです。

この曲で、なにかをリセットされたピロイなのでした。
おかげで今は、なんとか母と仲良くやってます f^_^;)

韓国にも、「母の日」ではなく、
『父母の日/両親の日』(オボイナル/어버이날)
という日があります。
毎年5月8日。

当初は「母の日」しかなかったらしいですが、
そこはやっぱり、
「なんで父の日はないねんっ!\(^^ ;)」ってなり(笑)、
「母の日」にお父さんも加えられるかたちで、
「父母の日/両親の日」となったそうなんですねぇ…

日本と同じように、カーネーションを贈ります。

私も「母の日」のプレゼント、MAUエプロンにしようかな…

みなさま、ぜひプレゼントに、MAUグッズをご検討ください ^_^
ラッピングのご希望があれば、喜んでさせていただきます〜!!!

[総務:ピロイ]

ツイート

15の大学出版部が出品!『アートの授業!2017』 世界堂ムサビ店にて

2017年5月10日

昨日5/9(火)より、武蔵野美術大学鷹の台キャンパスにある
世界堂さんにて、大学出版部協会に加盟しているうち15出版部の
ブックフェアがはじまりました。
詳細はこちら

どどんと142タイトル、520冊が集結中でございます。

世界堂AJUPフェア2017_シンプル

昨日はフェアの設営隊として、
東海大学出版部のMさん、武蔵野大学出版会のSさんが
手伝いに来て下さいました。
東海大のMさんは、予定よりだいぶ早い時間に
集合場所に来て下さったのに、
なんと東海大さんの書籍が行方不明で店頭に届いていなかったのです(原因究明中)。
私は担当者として申し訳ない気持ちでいっぱいですが、
大人のMさん、それでも素敵なアイディアを出してくれ、
設営をひっぱってくださいました。

また武蔵野大Sのさんは集合時間前に構内で
迷子になりかけていたところ、
偶然通りかかったMAUP編集長のハムコが救出。
遅れずに到着し、力を発揮していただきました。

2000円以上お買い上げの方に協会オリジナル風呂敷プレゼント![数量限定]

2000円以上お買い上げの方に協会オリジナル風呂敷プレゼント![数量限定]

web002

web003

web004

web005

ごぞんじ世界堂さんは画材屋さんですが、
昨年から引き続きこの時期は大学出版部協会の
ブックフェアを開催して頂き、街の書店のようになっています。

アート関係の本の他、ムサビ生を対象にした選書に
なっていますので、どのような本があるか、ぜひ覗いて見てください。
ムサビ関係者はもちろんですが、ムサビ生でない方も大歓迎です!
新緑のなか玉川上水を散歩しつつ、
ぜひムサビまでお立ち寄りくださいね。

[営業ずっち☆]

ツイート