満員御礼 ジュンク堂池袋トークセッション

昨日3月23日の19時半より、ジュンク堂池袋店で
深澤直人先生と板東孝明先生の
『ホスピタルギャラリー』刊行記念
トークセッションが開催されました。
おかげさまで満員。
会場は、ほぼ左半分が卒業生はじめ若い方々、
右半分はダークスーツ姿が多く、男女比は半々。
幅広いファン層をうかがわせる会場風景でした。
御参集の皆様、まことにありがとうございました。

無口で小柄な深澤先生、大柄で饒舌な板東先生、
まったく正反対に見えるおふたりが、
2年生の必修科目「形態論」を担当されて、
そこに齟齬はなかったのか知らん。。。
最初の頃、おふたりの作品評価は正反対なことも
あったようだが、「わごむ」の課題で
板東先生が思わず「わかった!」とつぶやいた瞬間から
評価が分かれることはなかったという。

「どうして徳島大学病院の仕事を引き受けられた
のですか?」と板東先生が聞くと、
「だって断れないじゃない」と爆笑する深澤先生が
その後「僕しかできないと思ったし」と仰った。
子ども時代に軀が弱く、入院することもあったという
深澤先生が「食堂でね、みんながカレーを食べている。
自分も食べたいんだけど、病気だから食べちゃダメ。
入院すると、ごく普通のこと、当たり前のことが
ができなくなるんだよね」。
ここから「病院に〈日常〉を持ち込む」という
コンセプトが生まれ、ホスピタルギャラリーbeへと
結実してゆくのでした。
[編集:ハムコ]

ツイート

コメントをどうぞ