しかし、平穏に進行なう

来春の刊行予定で、現代芸術論の教科書を制作している。
図版の版権処理が厄介である。しかも高額である。
日本以外は、メールを出してもなかなか返事が来ない。
最近ではレイアウト提出を求められる場合もある。
提出しても、さっぱり返事がない。
間に合うだろうか・・・この図版が使えないと、
文章そのものの変更を著者に依頼しなければならない。
ドキドキする。

作者のクレジット、画像データを提供した美術館のクレジット、
マルシーが2つもならぶ。間違いではない。
アメリカの美術館のクレジットには寄贈者名がはいったり、
「購入番号」がつくこともあり、はなはだ長い。
なにか忘れそう。
ふたたびドキドキする。

日本の作家さんと直接、連絡をとる場合もある。
いまのところすべて快く御協力くださり、感動しきり。
先日は、電話を切る間際、某大家に
「お役に立てて嬉しいよ」と言われて恐縮し、
ここでまたドキドキする。
[編集:ハムコ]

ツイート

コメントをどうぞ