寒中お見舞い申し上げます。

一週間前の金曜日が大寒でした。
寒中にふさわしい寒い毎日です。寒さ大の苦手ですが、
だけど、部屋の中さえ暖かければ、
1月末から2月にかけての、深々と来る寒さは嫌いじゃないです。勝手なこと言ってますが。
寒ければ寒いほど春を待つ心がふつふつと湧いてきます。

DSC_0464

石垣解体工事前の弘前城の桜です。何年前になるんだろ…。
この桜に春を待つ心を託しつつ、立春までに、やり残した庭仕事をなんとかやり終え、
立春あたりに養清堂画廊で凹山人の新しい作品を見る。これは1年に一度の楽しみです。
立春過ぎには企画ものの準備がものすごく具体的になります。
これは半年単位で進む、入り組んだ作業になります。
がんばります。

編集:t:eeh

ツイート

コメントをどうぞ