三嶋典東: ライヴ感が命!

典東先生が鬼籍に入られ、もう百か日を迎えようとしている。

御原稿はすべて揃えてあった。

帯の文言まで考えてあった。

それでも、表紙まわりがどうしてもまとまらない。

わからないことがある。できそうなのにできない。

いよいよ来週には入稿しないと間に合わないという時になって

ついに白井敬尚先生に相談に行った。

白井先生は大著『LINE STYLE』のアートディレクションを

一任された経験から「三嶋テイスト」に精通しておられる。

ありったけの資料を前に、わからなくなっていることを

すべてお話しする。こうなるとカウンセリングだ。

パズルの破片が埋まるように、新たなアイデアや修正が

加えられて、パチッと最後の1枚が決まるうれしさ。

しかし、戸惑いもある。

「うーん、典東先生、なんて云うかなぁ」

「大丈夫、ここに書いてあるよ」

 変わったコトしませう! 妙にリアルな本なのですし、

 “ライブ感”が命なので…ね!      Mishima tentou

[編集:ハムコ]

ツイート

コメント / トラックバック3件

  1. 竹中英俊 より:

    拝読しました。いいですね。

  2. ハムコ より:

    竹中さま、いつもありがとうございます。
    「大学出版」94号、ご期待ください!
    『線の稽古 線の仕事』が取り上げられます。

  3. ケロT取締役 より:

     三島先生とは大学の委員会でもご一緒だったので、いろいろとご意見を交換することができたので、今回の出版企画に込められているメッセージも私なりに理解することができました。
     先生のご遺志がつまった本が世にでることを心から祈っています。

コメントをどうぞ