いぬ・ねこ・かえる

いぬ・ねこ・かえる

『デザイン学』韓国語翻訳版 見っけ!

ソウルに、行ってまいりました。 『デザイン学 思索のコンステレーション』の韓国語翻訳版が、 2017年世宗図書(芸術部門図書)に選ばれ、 当時のブー当番で、 「今度ソウルに行ったら、図書館に行って探してみます〜」 的なコトを書いた気がするのですが。。。 その後も、実は何度も韓国に行っているのですが(どんだけ〜〜 笑) なんだかんだ、全然図書館に行けず(行かず… f^_^;) で、たまたま今回、ソウル駅付近に用がありまして、 …あれ。確かこの付近に図書館あったような。。。 思い出した訳です。 で、ちゃちゃっと検索。やっぱりあったー!! 今行かねばっ!! ...
いぬ・ねこ・かえる

金曜日の夜7時

金曜日の夜7時、もう一仕事せねばと思った瞬間、 ブー当番であることに気づく、この悲劇! 「トッカータとフーガニ短調」が頭の中で激しく 鳴り響く。しかも、歌詞つき。 ♪ティラリ〜 鼻から牛乳ぅ〜〜♪ こんな戯れ歌は、ハムコの子ども時代で終わって いるだろうと思っていたら、豈図らんや 先日、吉祥寺の美大通りで小学校3年生くらいの 男子三人組のひとりが「ティラリ〜♪」と言うや 残りのふたりが「鼻から牛乳ぅ♪」と叫んで ぎゃはははと笑いながら、 全速力で駆け出したのであった。 うわぁ、まだ現役だったんだ。 なんたるロングセラー。 感動した。 [編集:ハムコ]
いぬ・ねこ・かえる

年末感。。。

昨日のMAUP会議のもぐもぐタイム~(←すでに懐かしい感じですね f^_^;) ケロT取締役より頂戴しました。 いつもありがとうございます。 もうクリスマスですね〜 ハロウィン終わってすぐクリスマス☆ ちょうどクリスマスプレゼントかのように、 MAUPからも、新刊 & NEWグッズ出ます~~☆ まだちょっとヒミツです。お楽しみに。 MAUPサンタがちゃんと入れるように、 煙突(←という名にこじつけた、いろいろな年末)のお掃除(笑)、 お願いします。 子供の頃、 「お部屋のお掃除ちゃんとしないと、サンタさん、入ってこれないわよ」 と、母に...
いぬ・ねこ・かえる

11月のあれこれ

11月である。もはや待ったなし。 「うわーっ、もう年末!? 勘弁して...」という悲鳴があちこちから聞こえてくる季節でもある。 年の暮れって、終末の華やかさのようなものがあってわりと好きなのですが、年齢とともに、わけもなく「あわわ」と思うようにもなりました。寂しいものです。 で、11月になると、これもわけもなく「西向く侍」と思う。 「にしむくさむらい」は、30日以下の小の月、2月4月6月9月11月の語呂合わせですが(語呂合わせと言っていいのかな)、どういうわけだか、t:eehの中では「西向く侍」は、「年の暮れ」に佇む人のイメージなのである。 そして11月に入ると、酔芙蓉はもう...
いぬ・ねこ・かえる

萩は強い

萩は草だと思ってました。 筮竹にしようとメドキハギを育てるときに、 気軽に観賞用ハギの5センチぐらいの苗を植えたのですが、 3年ほどで2メートルになってしまいました。 メドキハギは、筮竹を取るうちに消えていきました。 9月4日の台風第21号で帰宅すると、家にぞうさんがいました。 正確に言えば、暗闇のなか、緑色の巨大な生き物が、長い鼻を 振り回しているのです。ハンニバル軍団の象のようでした。 つまり、2メートルのハギが、家の縦長の排水パイプを まきこんで、ふりまわしていたのです。本当にハギは、 鼻を振り回して荒ぶりました。 仕方なく、深夜に萩...
いぬ・ねこ・かえる

神保町で店番しながら考えたこと

神保町ブックフェスティバルにご来場の皆様、 武蔵野美術大学出版局のワゴンからお買いあげ くださいましたお客様、 まことにありがとうございました。 手際よく商品を並べ、売れればたちまち袋に入れて 領収証をサッと書き、同時に釣銭を正確に渡すのは、 お隣のワゴン、中公美さんのベテラン営業マン。 一方、編集担当のハムコ、そもそも動作が遅いうえ、 どんな方が買ってくださったのか、 しげしげとお客様を見つめてしまうために、 ますます時間がかかってしまい・・・ 500円と100円を間違えてお客様に注意をされたり、 慣れない店番をどうかお許しください。 慣れないながらも、目の...
いぬ・ねこ・かえる

待ち時間は大事

「t:eeh、今日ブーやんけ」という厳かなハムコの声が鳴り響いて我に返った、というより悲鳴を挙げてしまった。朝からお昼までは憶えていた。だけど今この瞬間、すーっかり忘れていた。これが実に危ないのである。 ちなみに、ハムコは生まれも育ちも東京なのだが、ルーツが西のほうにあり、ときどきものすごく年季の入った関西弁を使うのである。 本作りには、いくつかの「待ち」がある。最初に、著者から原稿が入るのを「待つ」段階。これは待つより、しつこくしつこく催促することのほうが多いかもしれない。 次に本文組がデザイナーから届くのを待つ時間。これは本の骨格とか姿形が定まる瞬間で、テキストにデザイナ...
いぬ・ねこ・かえる

遠藤彰子先生のNHK「日曜美術館」

昨日の朝9時、NHK「日曜美術館」は待ちに待った 「巨大な絵画にこめたもの 画家・遠藤彰子の世界」。 まずはアトリエのアップ、そして玄関から遠藤先生が 登場するや、司会の小野正嗣さんが 「あ、妖精の家から妖精が出てきた!」と言ったので 爆笑してしまった。 ホント、見ている人はみんなそう思ったに違いない。 アナウンサーの高橋美鈴さんは、巨大な作品の前に 立って、口をぽかーっとあけて見上げていた。 理知的な彼女が、あんな顔をしているのは珍しい。 けれども、そうなの、そういう顔になっちゃうの。 嘘がないというか、自然体というのか、みんなが 遠藤先生の世界に巻き込まれてゆくのが...
いぬ・ねこ・かえる

朱夏から白秋へ

思わず物干台から竿を外して飛ばないように固定した。それくらい強い風が吹き荒れた台風24号が通り過ぎ、久々に、文字どおりの台風一過となったのが昨日のこと。 10月は秋晴れとともに始まったのである。 青春、朱夏、白秋、玄冬という、五行思想による季節の異名に倣うなら、朱夏から白秋となったわけで、ちなみに北原白秋もここから名前をいただいたらしい。 人の各年代に対応させると、青春は16から30代前半、朱夏は前期後期に分かれて長く30代前半から50代後半まであるんだそうです。白秋は50代後半から60代後半で、玄冬は60代後半から始まるらしい。 ネット検索のみなので、ちゃんと調べれば相当...
いぬ・ねこ・かえる

よいこと続々…ありました

雨が、続きますね… こんな日は… 今週嬉しかったこと ベスト3~!! (ほんとは横アリがいちばん嬉しかった 笑) …「職場で」嬉しかったこと ベスト3~!! ☆第3位~ 凹山人さんの北海道土産。 「マルセイバターサンド」~ 北海道土産の中でいちばん好きです。 ビスケットとクリームの間の生地の、絶妙~な‘しんなり’感のバランス。最高bb バタービスケットとレーズン in クリームの物語は、何通りも、何層にも楽しめます。 私の中ではテッパン!! 北海道の大地に感謝。 ☆第2位~ いつもMAUPで飲んでいるほうじ茶のパッケージがグローバル化~!!...
タイトルとURLをコピーしました