恒例、初夏の手帳交換

3年ほど前のある日、武蔵野大学の職員Dさんから
「手帳のご担当者様とお話がしたい」と突然電話がありました。
同僚にムサビの通信生の方があり
「ムサビの手帳はこんなにおしゃれよ」と見せびらかされたそうで、
ご自身が手帳を企画するにあたって見本として分けて欲しい
という嬉しいリクエストでした。

その後、Dさんはさまざまな工夫をされて、
武蔵野大学オリジナル手帳を完成させ、以後、毎年のように
お送りくださるのでした。今年もそれが届きました。
不思議なモノで、手帳にはその大学のカラーがにじみ出るようです。

手帳は一見、毎年かわりばえがしないかに見えますが、
担当者は少しずつ改良を重ねています。
初夏のこの時期に、お互いの仕事を報告し合うDさんとハムコ。
編集者としての仕事とはまた違った静かな感動があります。
[なんでも編集:ハムコ]

ツイート

コメント / トラックバック1件

  1. ずっち☆ より:

    実は、ムサビの手帳は2種類あります。
    一つは通学生用。一つは通信学生用です。
    多くの違うところは、
    通学生用はカレンダーが4月はじまり、
    通信学生用は3月はじまりですが、
    その他、学生のみなさんの立場によって異なる内容になっています。

    今年はじめて、少部数限定で、
    通学用を販売しましたが、すぐに完売となりました!
    (ご反響いただき、ありがとうございます)
    そんな私も改良モニターの一人として使っていますが、

    ・シンプルなこと。
    ・首都圏路線図の使いやすいこと。
    ・おまけシールのかわいいこと(オリジナルシール付)
    ・美大生には必需品の絵画標準寸法、「紙加工・規格の比例」から紙の規格説明図etc。
    ・そして社会人に必要な、年齢早見表…。

    私も、この手帳をこよなくアイする一人です。
    あくまでも学内向けですが、
    学外の友人知人にも勧め、使ってもらい、
    この手帳の評価をいただいています。

    来年の発売、みな様ご期待下さい。
    待ちきれない方!予約のメールお待ちしています。
    press@musabi.ac.jp
    来年の話は少し早いかな?
    [営業ずっち☆]

コメントをどうぞ